看護インターンシップ ここがすごい!

留学には語学留学や、ワーキングホリデーなどさまざまな種類があります。渡航期間やかかる費用、そこで伸びる英語力も、できる経験も大きく異なります。看護師限定のアシスタントナース有給インターンシップ・プログラムは、看護師に絶大な人気を誇る留学ですが、なぜそこまで人気の留学プランなのか、他の留学と比べてみました。

看護インターン人気の秘訣はココにあり!
看護インターンがすごい理由 No.3

No.1 語学留学よりも、実践的な英語力が伸びる!

堂々 1位は、看護インターンシップ!!

第2位 語学留学
第3位 ワーキングホリデー

看護インターンシップなら普通の留学では伸ばしきれない
「実践的なコミュニケーション力」を習得できる!!

概要:
看護インターンシップ
※1 看護インターンシップは、通常の学習方法スピードの4倍で伸びると言われる英語学習法を1週間で30レッスンうけることで短期間でも専門コース(Certificate)受講可能レベルに達します。

※2 専門コースでは看護助手として働くために必要な知識や技術を英語で学ぶことにより、英語力はさらに伸ばします。

※3 そしてその後、オーストラリアの病院や介護施設でネイティブとともに働くため、帰国後の看護の現場でも生かせる実践的な英語力を飛躍的に向上させることができます。

語学留学
※4 語学留学は日々コツコツ勉強することによって、着実に英語力を伸ばすことはできますがネイティブ環境で働くなかで実践的なコミュニケーション力を伸ばすことのできるインターンと比較すると飛躍的な向上は見られません。

ワーキングホリデー
※5 最後にワーキングホリデーは、4ヶ月間のなかでネイティブ環境で働けるレベルまで伸ばせなければ、日本食レストランなど英語を使わないアルバイトなどで終わってしまい、英語力の飛躍的な向上は相当努力しないかぎり難しいのが現状です。

No.2 ワーキングホリデーよりもしっかり稼げて、いろんなことにチャレンジできる!

看護インターンシップなら収入は月々30万円!
遊びや旅行、+αの勉強にも投資できる!

看護インターンシップの月々の収入:約30万円

看護インターンシップ収入例
$25~40/時(※) ×40時間(1日8時間×5日間)/週×4週間×70%(所得税が約30%あるため)=平均 $3,360~/月

日本円に換算すると月収 約30万円~

実際の給与明細
yamada-pay
時給例(1ドル=100円計算)
・平均 25ドル(2,500円)
・準夜 25~29ドル(2,500~2,900円)
・土曜日 37ドル(3,700円)
・日曜日 44ドル(4,400円)
・祝日/日曜夜勤 52ドル(5,200円)
・祝日夜勤 62ドル(6,200円)

左記の給与明細を受け取った方の場合、
1週間の手取り額がなんと 1207.8ドル(約12万円)!
つまり、月の手取りは単純計算で、4831.2ドル(約48万円)!!

※参照記事:
今回の看護留学セミナーin名古屋は、なんだか内容が濃い濃い感じでした!
体験談:山田 翔太さん

月30万円以上の収入があったら・・・

10万円は日々の生活費

シドニーでの生活費(出費例):
$1,200/月

生活費の内訳
・家賃 $150~200/週×4週間=$ 600~$ 800
・食費 $300/月
・携帯代 $50~100
・交通費 $50~100
ーーーーーーーーーー
合計 $1,200

収入の3分の1で、日々の生活は問題なく送っていただくことができます。

10万円は日々の楽しみに!

★ おしゃれなカフェでランチを楽しみたい!
★ 友達の誕生日をクルーザーパーティーでお祝いしたい!
★ ドレスアップしてディナーを楽しみたい!
★ ネイルやアロマセラピーなど趣味や習い事にもチャレンジしたい! など・・・

10万円あれば、買い物や外食、プラスアルファの趣味や習い事なども十分に楽しんでいただけます。

10万円は今後のために貯金

日常の生活を楽しみつつも、余った10万円はしっかり貯金!!セカンドワーホリ制度を利用して最長2年間滞在した場合、約1年間は看護助手として働くことができます。

従って、10万円×12ヵ月間=120万円は貯金できる!!

貯めたお金は最後の旅行今後の勉強帰国後の生活費などに充てられます。


ワーキングホリデーで
日本食レストランのアルバイトでは生活費を稼ぐので精一杯。

ワーキングホリデー 月々の収入:約15万円

ワーキングホリデー収入例
$15~/時×40時間(1日8時間×5日間)/週×4週間×70%(所得税が約30%あるため)=平均 $1,680~/月

実は、最低基本時給すらもらうことができないこともあるワーキングホリデー……
オーストラリアの最低基本時給は約17ドルです。きちんと最低基本時給でお給料をもらうことができれば、日々の生活と多少の外食などは可能です。しかし、残念ながら、外国人労働者を雇う上で、最低基本時給を守らないお店も多く存在します。
英語力さえあれば、そんなお店で働く必要はありませんが、仕事をするに伴って十分な英語力が伴わなければ、上記のようなお店で働くこともやむを得ない状況になってしまうことも多々あるのが実情です。

「安く海外生活が楽しめる!」と言われるワーキングホリデーですが、月々の収入が手取り15万円程度では日々の生活で精一杯で外食や娯楽、旅行などを楽しむ余裕はありません。
ワーキングホリデーで渡航する場合は、十分な英語力と生活費をしっかりと準備して渡航することをおすすめします。

No.3 高いと思われがちな看護留学。実は最もコストパフォーマンスがいい!

英語力もしっかり身に付き、海外の看護や福祉の現場を体感できて、お給料ももらえるなんて、コスパ最高な看護インターンシップ!

1.海外の医療現場で就労経験を積める
2.英語力を伸ばせる環境が充実している
3.ブランクにならない
4.ネイティブと同水準のお給料が貰える
5.国際協力活動や海外正看護師資格取得への参加のステップとなる

沢山のメリットはあるものの、看護インターンって高いんじゃないの??

ワーキングホリデー、語学留学、看護インターン
それぞれ最終的にどのくらいの費用がひつようなのかチェックしてみよう!

ワーキングホリデー
就学期間が限られているため、全体的な費用は、長期で渡航できる留学のなかでも比較的安めです。
しかし、限られた語学研修期間内で英語力を伸ばしきれなければ、日本人環境でのアルバイトしか経験できず、収入も少なく、且つ英語力も伸びません……。日々の生活費やちょっとした外食、最後に旅行して帰ろう!と考えると、総額はそこまで安くないかもしれません。


  • 航空券代金
    約10~15万円

  • 海外留学生保険
    約18万円

  • ビザ申請費用
    約4万円

  • 学費4ヵ月分
    50~60万円

  • 生活費12ヵ月分
    120~150万円

  • 旅費・交際費
    20~40万円

  • アルバイト収入
    50~80万円
  • 平均 150~200万円
語学留学
しっかりと勉強することができるため、英語力は着実に身に付くものの、フルタイムで勉強しているため、収入面はあまり期待できません。予算面ではやはり最も高額になります。


  • 航空券代金
    約10~15万円

  • 海外留学生保険
    約18万円

  • ビザ申請費用
    約10万円

  • 学費1年分
    120~180万円

  • 生活費12ヵ月分
    120~150万円

  • 旅費・交際費
    20~40万円

  • アルバイト収入
    50~80万円
  • 平均 250~300万円
看護インターンシップ
短い期間の中でも密度濃く勉強するため、出費は多めですが、やはり得られる収入が他の留学プログラムとは大きく異なります。日々の生活にプラスアルファの楽しみを持たせつつ旅行などを楽しんだとしても普通のワーホリと変わらない!!


  • 航空券代金
    約10~15万円

  • 海外留学生保険
    約18万円

  • ビザ申請費用
    約4万円

  • プログラム代金
    120~140万円

  • 生活費12ヵ月分
    120~150万円

  • 旅費・交際費
    20~40万円

  • アルバイト収入
    180~250万円
  • コスパNo1
    平均 120~180万円

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。