ワールドアベニュー限定の看護留学プログラム 海外看護インターンシップ(アシスタントナース有給インターンシップ

海外看護
インターンシップとは?

日本での正看護師資格と経験を活かし、オーストラリアで看護助手 (アシスタントナース)として介護施設や病院にて有給で働くことができる看護師限定のワーキングホリデープログラムです。海外医療現場で働くために必要な英語力を身につけるための英語研修とオーストラリアの看護助手資格を取得する専門資格取得研修 (学科・実習あり)が海外看護インターンシップ・プログラムに含まれています。

ワールドアベニューでは10年以上にわたり、海外看護インターンシップ (海外アシスタントナース有給インターンシップ)を当社限定で手配させていただいているため、プログラムにご参加いただいた方にはシドニーでのお仕事紹介もさせていただいています。現在では年間約300名を超える日本人看護師の皆様にご参加いただく大人気海外看護留学プログラムです。

海外看護インターンシップ
のポイント


▲ 参加時の英語力

英語力初級者 45%

※ワールドアベニュー調べ、
参加者の英語力チェック集計結果

平均月収
30万 〜 40万

※ワールドアベニュー調べ、年間平均。
 月収を保証するプログラムではありません。

  •  資格と経験を活かせる
  •  稼ぎながら海外生活を堪能できる
  •  海外の医療や看護の現場を見れる
  •  国際協力活動や海外就職のきっかけにつながる
  •  実践的な英語力を身につけられる
海外で医療福祉機関での就労機会を獲得することはけして容易ではありません。しかし、ワールドアベニューでは長年培ってきた看護留学のサポート実績、また医療・福祉機関、教育機関とのネットワークを最大限生かし、実現不可と言われた看護インターンシップを実現させました。
語学研修や専門コースを受講するところまでではなく、その後の就職サポートまで盛り込まれた安心の看護留学であり、年間300名以上の方が渡航されています。オーストラリアの資格を保有した医療従事者であるため、通常の日本人が働く日本食レストランなどでのアルバイトと比較すると、1.5倍~2倍以上の時給で働くことができるやりがいと実益を兼ねた看護留学です。また、海外の正看護師資格取得留学は少なくとも2年以上の期間が必要となるため、1年間という期間の中で英語力と海外医療現場の経験を積みたい、医療にかかわりながら海外生活を送ってみたいという方に人気のプログラムです。