看護インターンを実現できている理由

実現困難と言われ続けてきた「有給」での看護インターンシップを実現できたのには、大きく3つの理由があります。

下記の3つの事項をクリアしなければ、実現ほぼ不可な看護インターンシップ。

「当社でもできるよ」、「渡航すればなんとかなる」などの甘い誘惑には注意が必要です。
また同時に「絶対にできない」という会社にも注意!年間300名以上の参加者とインターン成功率98%以上 (2018年1月現在 当社調べ) の実績を誇るワールドアベニューの看護インターンの説明をきちんと聞いて、正しい判断をしていきましょう。

理由1
英語力初級でも参加できる日本人看護師向けに作られた特別カリキュラム

英語力の伸び

■ 200点以上UP
■ 150点以上UP
■ 100点以上UP

参加者10名に、到着時から定期的にTOEICを受けていただいた結果、リスニングセクションで平均119点、リーディングセクションでは平均69点の合計188点のスコアップという結果が出ました。
内4人(40%)はなんと200点以上向上したという結果も出ており、素晴らしい学習効果がわかります。

「せっかく看護の資格と経験があるなら、看護留学をしたいけれど、英語力が不安…」と、多くの看護師さんからご相談をいただきます。
ワールドアベニューでは、英語力初級の方でもご参加いただけるよう、長年の経験をもとに、
日本人の看護師さんに向けて、日本人の特性に合わせた独自のカリキュラムを開発し、提供しています。
通常、語学学校では、どの国の留学生でも、まんべんなく英語力を伸ばしていただけるカリキュラムの提供を行っています。しかし、国により、教育課程や国民性、留学当初に身についている英語力も異なります。フィリピンや中国、ネパールなどの人は、語学学校が通常提供しているカリキュラムで、英語力を伸ばすことができるかもしれませんが、日本人の特性上、通常のカリキュラムでは、ローカルの現場で働くレベルの英語力まで伸ばすことが、難しいです。
 
看護留学サポート実績15年以上を誇るワールドアベニューだからこそ、これまでの経験をもとに、より充実した留学にできるよう、日本人の看護師さん限定のカリキュラムを提供することができます。

看護インターンシップが実現できる理由は、大きく3つ。
この3つのポイントが揃わなければ、看護助手として働くのは、まず無理だと心得よ!

1、看護インターン参加者向けに作られた特別カリキュラム
実際の統計結果でも、たった11週間で参加者のうち40%がTOEIC200点UP。
伸びない方でも100点は伸びている。ここからさらに看護助手として働くために必要な技術や知識を英語で勉強するCertificateを受講するため、Certificate修了後には、現場で働ける力が身につく。

2、オーストラリアの派遣会社(病院・施設)との実績あるネットワーク
看護インターン開催校だからこそ、看護インターンができるだけの実践的な英語力を習得できるという信頼があり、派遣会社への登録がスムーズに実現している。

3、準備サポートの充実度
実績・経験があるからこそ、働くために必要な英語力のチェックテストや派遣会社へ提出するための履歴書作成アドバイスなどを適切に行うことができる。

 

理由2
絶対必須のCertificate Ⅲ Course
通常6ヵ月間かかるコースの短縮化に成功!鍵はワールドアベニューの送客実績にあった。

ワールドアベニューの看護インターンシップの場合

年間300名以上のご参加をいただいているため、各出発日程毎、Certificate Ⅲ Course開講に必要な人数でご出発いただくことが可能。
ワールドアベニュー限定(クローズドクラス)だからこそ定期的なコース開催を実施することができ、たったⅠ年間のワーホリ制度のなかでも、十分に働く時間を確保することができます。
※州・看護協会などの規定の変更に伴い、開講スケジュールは変更になる可能性もございます。

 

他社の看護インターンシップの場合

開講人数が足りない・・・
となると、短期間のコースを開校することはできないため、

・いつまでもコース受講ができない状態が続きワーホリを修了してしまう可能性
・受講者の1人あたりの授業料が高額になり当初の予算をオーバーしてしまう

などの問題が発生することが予測されます。

理由3
煩雑な書類準備から、渡航後の仕事の紹介まで完全サポート。
国内/現地共に有料エージェントだからこそのサポートはなくてはならない存在。

– 日本の正看護師を看護助手として病院や施設に派遣するための条件

  • 一定水準以上の英語力を有していること
  • Certificate Ⅲ を修了していること
  • 日本で一定期間以上フルタイムで正看護師として就労経験があると証明できること
  • パーソナリティ、スキルに問題がないこと
  • 健康面に問題がないこと(特に感染症関係)
  • 一定期間以上フルタイムで働くことができること(ワーキングホリデービザ限定)
  • 上記項目を正式な書面をもって証明できること

ワールドアベニューでは、上記を満たすために、渡航前から渡航後、インターン期間中も総合的にサポートいたしております。海外の医療や福祉の機関で働くために必要な書類準備や渡航後の英語力向上期間中のバックアップ、派遣会社への登録手続きなどはインターン実現に伴い、なくてはならないサポートであり、国内だけの会社や現地だけの会社、ましてや1~2人でサポートしている小規模な留学会社にはかなり困難なサポートといえます。
 

他社とワールドアベニューの違い