性格を明るく前向きに変えてくれた看護留学

お名前角野 せいらさん留学期間2017年9月~現在
滞在都市シドニー/オーストラリアインターン先ナーシングホーム/私立病院

高校生の頃から海外生活に憧れ、英語を話せるようになりたいと思っていたせいらさん。
自分の人生と向き合って考えたとき、「海外に行くチャンスは今しかない!」と思い、海外留学を決意されました。
現在、仕事もプライベートも充実させながら楽しい海外生活を送っているせいらさんに、これまでの約1年2ヶ月を振り返っていただきました。
続けてきた仕事に踏ん切りをつけ飛び出した海外は、1年間だけでは物足りないと思えるくらい魅力的で、性格も明るく前向きに変えてくれる世界だったようです。

1思い切ってチャレンジした夢の海外生活

「よし、行くか!」
そう決めたのは、出発から半年前のことでした。

高校生の頃から英語が好きで、いつか話せるようになりたいと思っていた私は、高校卒業後の進路選択に迫られたとき、英語を勉強する道と看護の道で迷いました。就職氷河期に突入し始めていたこともあり、将来の安定を考えて、最終的には看護師になる道を選んだのですが、どこかで「英語を話せるようになりたい」という気持ちは残っていたのだと思います。
臨床もある程度積み、結婚も考えていた時期に、付き合っていた彼とお別れすることになったのですが、「あれ?もしかして、私いま一人?一人なら何でもチャレンジできるんじゃない?」となぜか前向きに捉えることができて(笑)、以前から興味のあった海外留学について調べるようになりました。調べるうちに、海外で勉強も仕事もできるワーキングホリデーという制度には年齢制限があることを知り、「ラストチャンスだ。行くなら今だ。よし、行くか!」とかなり思い切って海外留学を決めました(笑)。

海外看護有給インターンシッププログラムに決めた理由は、2つです。
1,今までの看護経験を留学中に活かすことができる
2,沢山の経験を1年間の中に全て詰め込むことができる

一生懸命勉強して取得した正看護師資格や臨床経験というものがあるので、普通のワーキングホリデーでは、その経験が活かせずもったいないのではないかと思いました。折角であれば、経験を活かし、帰国後にも繋がる留学をしたいと考え、インターンシッププログラムを選びました。
また、欲張りな私は、海外生活中にやりたいことを全て詰め込みたいと思っていた(笑)ので、勉強も仕事も看護も旅行も趣味も全てが楽しめるインターンシップなら「おいしいじゃん!!」と思い、決めました(笑)。

留学を決めてから出発までの半年間はあっという間でなかなか勉強もできず・・・(笑)。英語を最後にちゃんと勉強したのは大学受験のとき、という英語力初級状態で出発しました。

2気になることはとことん調べて知識を吸収した学習期間

インターンシッププログラムの流れ

語学研修>Certificate3コース>英語力判断テスト>派遣会社登録>看護助手として就労

語学学校JET English College

渡航後に受けたTOEIC模試の結果は520点だったので、文法やリーディングは少しできたのかもしれませんが、スピーキングはあまりできず、JET English Collegeのカランメソッドコースでビシバシと鍛えてもらいました(笑)。カランメソッドコースを受けて特に良かったと思う点は、ひたすらリピートをすることと徹底的な発音矯正、の2点です。日常的にも使うフレーズをひたすらリピートして覚えていくので、学校を卒業する頃には多くのフレーズを吸収することができました。また、発音矯正が徹底されており、日本人が苦手な“R”と“L”の発音を何度も何度も直してもらい、最初の頃より発音が良くなったと思います。
私は、カランメソッドコースとは別に個人レッスンを受講していたのですが、これがとても良かったです!基本的には、自分の希望を尊重してくれるので、「今日は会話をしたい」と言えば先生はひたすら会話の練習に付き合ってくれ、「文法を勉強したい」言えばテキストで勉強しながらわからないところは先生が教えてくれました。カランメソッドコースの授業中に学んだことをマンツーマンでアウトプットできる機会があったことで、英語力はより伸びたと思います。

Certificate 3コース

Certificate3コースでは、様々な看護知識を学びました。気になるところはとことん突き詰めたい性格の私は、テキストに書いてあることを一つ一つ、理解できるまで調べていました。他の人より勉強する時間は要しましたが、表面的に知識を得るのではなく、「なぜこうなっているのか」など意味を落とし込んで理解することができていたため、思っていたほど苦労はしませんでした。
また、クラゲに刺されたときの対処法や蛇に噛まれたときの対処法(笑)、アボリジニの患者さん・利用者さんへの対応方法など、オーストラリアならではのことも学び、看護師として新しい知識を得ることができました。特に印象的だったのは、「宗教の尊重」という考え方です。日本では、あまり気にされない点かもしれませんが、移民が多く、様々な宗教背景があるオーストラリアでは、人とコミュニケーションを取る上でとても重要な知識となるため、Certificate3コースの中で学ぶことができて良かったです。

私が渡航した時期のプログラムスケジュール上、語学研修とCertificate3コースの間が少し空いていたので、ケアンズに旅行をしました!スカイダイビングやシュノーケル、ラフティングなど、オーストラリアの空も海も川も満喫してきました。ケアンズの海は、とても綺麗でした。

勉強もイベントも旅行も満喫!

H2_JEC1
H2_Trip1
H2_Trip3
H2_Trip11
H2_Trip2

31年間では足りないと思い、急遽決めたセカンドビザ取得

渡航前は、「1年間は長い」と思っていましたが、毎日が充実して成長を感じられていれば、あっという間に時間は過ぎ、やりたいことも増え、「1年間では物足りない!!」と感じるようになったため、セカンドビザの取得を決意してしまいました(笑)。決意したが吉日、すぐにクイーンズランド州サンシャインコーストのストロベリーファームへ移動し、セカンドビザ取得のために働き始めました。時期的に、摘み取りや梱包ではなく畑を耕して苗を植えていく作業をしていたのですが、繁忙期ではなかったものの腰を痛めました(笑)。ただ、日本ではなかなかできない経験だったので、面白かったです。

大自然を満喫!

H3_farm
H3_Trip4
H3_Farm2
H3_Trip8
H3_Trip5
H3_Trip7

4プライベートも仕事も充実!ON・OFFがハッキリしている海外の働き方

私が登録している派遣会社は、ナーシングホームだけでなく私立病院も派遣先として持っているので、どちらにも派遣してもらいながら働いています。主に、日常生活のケアを行っており、病院ではバイタルサイン測定も看護助手が行います。日本の看護助手は、バイタルサイン測定や血糖測定を行わないので、オーストラリアの看護助手は少し正看護師に近い仕事内容も行っているんだなと思いました。
仕事は働く時期や派遣先の需要によって収入に差はありますが、はじめはなるべく電話を断らず、働けるときに働くことをおすすめします。私は、稼げるときにがっつり稼いで、3ヶ月間で50万円貯めました!英語の勉強をしながら、貯金もできるっていいですね(笑)。

日本とは異なる環境で働いていると、大変なことも嬉しいこともどちらもあります。
1番大変なのは、英語です。患者さんや利用者さんが話す英語を一度で聞き取ってあげることができず、申し訳ない気持ちになったりすることもあります。だからこそ、「英語力をもっと伸ばさないと」と思えるし、引き続き勉強を頑張ることもできているので、英語力を伸ばす上で良い環境で働けていると思います。また、オーストラリアは、日本より少しケアが雑だなと感じることがあります(笑)。文化背景や働き方、考え方の違いから、ケアの仕方や患者さん・利用者さんへの対応も変わると思うので、最初は「なんで!!?」と驚くこともありますが、その「なんで」を掘り下げて考えていけば、理由がわかるときもあります。ただ、もう少し清潔感を保ってほしいと思っています(笑)。一方、日本の看護師はケアが丁寧で、感染予防なども徹底されていることを改めて感じ、オーストラリアで働いてみたことで日本の看護師という自分の職業により誇りが持てたかもしれません。

働いていて嬉しかったことは、患者さん・利用者さんがフレンドリーで感謝の意をはっきりと表現してくれることです。DarlingやSweet heartなどと愛情をこめて呼んでくれるので、私もケアをしていて心があたたかくなります。また、残業が一切なく、定時を少しでも過ぎていると、「どうしたの!?何かあったの?早く帰りな!」と言われます(笑)。日本では考えられないですよね(笑)。

5今後の目標

できるだけ働いて、できるだけお金を貯めて、行けるところは全て旅行をします(笑)。
ウルルやメルボルン、ニュージーランドなど、行きたいところが沢山あるので、本当に2年間で時間が足りるか心配しているところです(笑)。
まだオーストラリア生活は残っているので、帰国後のことはこれから考えていこうかなと思っています。

6留学を考えている方へのメッセージ

急遽決めた留学だけど、後悔していることは何ひとつありません。
オーストラリアにきてから、性格も明るく前向きになったし、本当に来て良かったと思っています。
世の中には沢山の人がいて、それぞれの価値観や考え方・人生観があり、色々な人たちと出逢って、その人達の話を聞いていると、「みんな違って、みんないい」と素直に思えるようになりました。

もし、迷っているなら、チャレンジしないで諦めるより、チャレンジした方が絶対に良いです。
チャレンジをして、人生が悪い方向にいくことはないと思います。

人生、楽しんだもん勝ちですよ!!