患者さんがキスやハグでありがとうと伝えてくる

お名前渡辺愛さん留学期間2014年9月~2015年9月
滞在都市シドニー/オーストラリアインターン先ナーシングホーム

1 看護インターンシップに参加されたきっかけや理由

ワーキングホリデーに参加できる最後の年だった。自分の職業を活かして、ワーキングホリデーに参加したかった。友人がワールドアベニューでワーキングホリデーに参加していたことが、アシスタントナース有給インターンシップに参加したきっかけでした。

2 出発前の英語力はどのくらいでしたか?また現在の英語力はどのくらいですか?

出発前:まったく話すことができず、中学英語もままならない状態。
現在:まだまだ伝えられないことが伝えられなかったり、言われていることが聞き取れなかったりしますが、生活や仕事はできるレベルです。

3 具体的にどのような仕事をされていますか?

生活の介助(食事介助、トイレ介助、移乗、入浴介助)、状態の悪い方のつきそい、いすや部屋の掃除、レクリエーションの参加、ベッドメイキング

4 日本とオーストラリアとで感じられた看護の違いを教えて下さい。

・看護師が行う範囲(オーストラリアの看護師は、薬やドレッシングなどを行い、トイレ介助や、その他日本の看護師が行っていることはしていない)
・リフターや設備など、看護する側もされる側も安楽にできるようにととのえられている。
・残業がない。

5 看護インターンシップで働いた中で印象に残っていることを3つ程度あげてください。

患者さんがキスやハグでありがとうと伝えてくるときは、働けてよかったと思える。スタッフの人に、日本人はとても礼儀正しくて、働き者で好きよと言ってもらえた時。日本人でよかったと思えるし、そう言ってもらえるように働きたいと思う。

6 実際にどのくらいの頻度・収入で働いていますか?

週5日($600-700/週)

7 今後の目標を教えてください。

英語の勉強を続けながら、自分のやりたいこと、行きたいところに行き、オーストラリアにいる時間を楽しむこと。

8 これから飛び出される方へメッセージをお願いします。

楽しいことばかりではありませんが、こないと出来ないことばかりです。私は、もし着ていなかったら、きっと後悔していたと思います。踏み出すまでが勇気のいる一歩ですが、踏み出した先にはもっと大きな一歩を自分の未来に残すことができます。