来てみると、色々な背景のナースや留学生に会えて仲間も増えます。

お名前工藤 麻梨奈 さん留学期間2013年9月~2014年9月
滞在都市シドニー/オーストラリアインターン先ナーシングホーム

1 看護インターンシップに参加されたきっかけや理由

元々海外で仕事をしたかったので、JICA を受けていました。諦めかけた時に、ワーキングホリデーのナースインターンのことを知って(Webのポップアップを見て)、興味を持ちました。ラストチャンスだったこともあり、先にインターンシップをしてみることにしました。

2 出発前の英語力はどのくらいでしたか?また現在の英語力はどのくらいですか?

出発前は、大学後英会話スクールに2、3年通った程度で、日常会話も満足にできませんでしたが、今は周囲の外国人にずいぶん良くなったと言われるので、意思疎通はできるようになっているはずです。たぶん。ペンフレンドにも言われるので、文章も変わっているらしいです。

3 具体的にどのような仕事をされていますか?

食介、シャワー介助、更衣、洗面、口腔ケア、トランスファー(移動介助)、コミュニケーション、見守り、記録の介助

4 日本とオーストラリアとで感じられた看護の違いを教えて下さい。

*AINやロードナースのような資格が日本にはないこと
*リフターを使用する
*給料が時給制、週払いが多い

5 看護インターンシップで働いた中で印象に残っていることを3つ程度あげてください。

*Residentも私もダーリンと呼ばれること
*いろんな国のナースと世間話ができて世界のナース事情を知れること
*Residentから呼び止められて近づくと、投げキスだけの用事だったこと
*リフターの操作が楽しく、便利なこと

6 実際にどのくらいの頻度・収入で働いていますか?

1日6−8時間を週5で、モーニングシフト6:30−15:00が$24/h

7 今後の目標を教えてください。

*シェアハウスの女子会にガツガツ参加する
*テニスでコーチの英語を聞き取れるようになる
*Residentsに気の効いた返答が英語でできるようになる

半年でメルボルン、ゴールドコーストに簡単に旅行することが出来ました。次はパースやケアンズ、フィジー、ニュージーランドに片道2時間前後でどんどん旅行に行くことが目標です。見所が多くて楽しいです。

8 これから飛び出される方へメッセージをお願いします。

日本で仕事を辞めて外国に来ることはとても勇気がいるし、色々大変なこともあると思いますが、経験は買えないし、チャンスはその時自分で掴まないと、人から与えられるものではないので、迷わず、今チャレンジしてみることをオススメします。来てみると、色々な背景のナースや留学生に会えて仲間も増えます。