考えたら、即行動!!

お名前上村 三徳 さん留学期間2012年1月~2013年1月
滞在都市シドニー/オーストラリアインターン先ナーシングホーム & プライベートホスピタル

1 看護インターンシップに参加されたきっかけや理由

初めは英語を学ぶために海外に行こうと決めていたのですが、ネットを調べる中で、ワールドアベニューの看護インターンシップがあることを知りました、そこでただ単に語学学校に通うだけでなく、ローカルなところで、しかも病院やナーシングホームで働ける経験ができるならと思い、参加を決意しました。

2 出発前の英語力はどのくらいでしたか?また現在の英語力はどのくらいですか?

出発前にそれなりに勉強はしていたつもりでしたが、到着当日からトラブル発生。英語もしゃべれず、聞きとりもできずで大変でした。でも今は、完璧ではないですが、日常会話をするレベルにはなったと思います。

3 具体的にどのような仕事をされていますか?

ナーシングホームでは入浴介助、食介、ドレッシング、ベッドメイキングなど。
プライベートホスピタルではベッドメイキング、バイタルチェック、入浴介助など。

4 日本とオーストラリアとで感じられた看護の違いを教えて下さい。

AIN(アシスタントナース:看護助手)として働いていますが、看護師、アシスタントナースの仕事内容がはっきりしている。看護師の仕事内容は、正直日本より負担は大きくないと思った。

5 看護インターンシップで働いた中で印象に残っていることを3つ程度あげてください。

・オーストラリア人だけでなく、インドの方、フィリピンの方など、いろんな国の人たちが働いている。
・「No Lift Policy」といって、働く人たちの身体への気遣いがされている。
・心あたたまる「ピアノの話」↓

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ある日の素敵な出来事。

ナーシングホームに入所しているおばあちゃんの旦那さんがお見舞いに来ていました。
そしたらおばあちゃんがピアノを弾きだし、となりに座っていた旦那が歌いだし・・・

その光景がなんとも愛おしい事!!

日本では見たことのないあまりのかわいらしい光景に涙がでそうになりました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

6 実際にどのくらいの頻度・収入で働いていますか?

週30時間で手取り約$700
※平均約$25ぐらい。

7 今後の目標を教えてください。

帰国後に臨床に戻ってカンを取り戻しつつ、英語も勉強して、海外のボランティアに行く!(行きたい・・・。)

8 これから出発される方、または現在検討されている方にアドバイスをお願いします。

考えたら、即行動!!