看護学部紹介
‐ 西シドニー大学【2020年度】

オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の北西部に位置する西シドニー大学は、全校生徒数約48,000名が在籍する大規模な総合大学です。全校生徒の内15%にあたる6,700名ほどの留学生が、世界170各国から集まる国際色豊かなところが特徴的です。
タイムズ・ハイヤー・エデュケーションの世界大学ランキングで上位2%にランクインするだけでなく、看護分野ではTOP100位内に入る大学です。また、サウジアラビアの世界大学ランキングセンター(Center for World University Ranking**)が評価するランキングでは、看護の分野で世界第4位・オーストラリア第1位という高い評価を得ています。
総合大学として、西シドニーエリアのBankstown・Campbelltown・Blacktown・Hawkesbury・Penrith・Liverpool・Sydney Olympic Park・Parramatta・Lithgowにキャンパスを設けており、内Campbelltown・Hawkesbury・Parramatta・Lithgow・Liverpoolの5キャンパスにて看護コースを受講することが可能です。

西シドニー大学基本情報

オーストラリア
都市 シドニー
キャンパス Bankstown、Campbelltown、Hawkesbury、Lithgow、Liverpool City、Nirimba、Parramatta City、Parramatta South、Penrith (Kingswood)、Sydney City、Sydney Olympic Park(英語コース)
※すべてのキャンパスで看護学部が開校されているわけではありません。
看護学部ホームページ https://www.westernsydney.edu.au/future/study/courses/nursing-and-midwifery-courses.html

西シドニー大学 (Parramatta Southキャンパス)

注目キャンパス

Parramatta South Campus

Parramatta South Campusはシドニー中心地から電車で3~4駅、プラス大学のシャトルバスまたは公共交通機関 (バス)を利用して10分程度のところに位置するキャンパスです。
シャトルバスも公共バスもParramattaの駅から5~10分間隔で出ているため、アクセスに困ることはありません。

キャンパスの詳細は西シドニー大学の公式ホームページ参照


Liverpool Campus

最も新しいキャンパスで、定員がすぐに埋まってしまいがちな大人気の看護学部希望者にとっては特にねらい目のキャンパスです。
新しいキャンパスのため、設備はすべて最新。しかも大学近郊にリバプール病院があり、実習やアルバイトなども可能です。日本人を含むアジア人は少ない地域という点も魅力です。

看護学部の種類

西シドニー大学の看護学部には2つのコースがあります。
各コースの特徴についてご紹介します。

日本の看護師免許有り、専門・短大卒以上 → 2年間のコース:Bachelor of Nursing (Graduate Entry)

日本の看護師免許なし、高校卒業以上 → 3年間のコース:Bachelor of Nursing

Bachelor of Nursing

画像:WesternSydneyUniversity official Facebook-2016 Openday

日本で高校卒業直後にオーストラリアで正看護師資格取得を目指される方、また日本では別の職業に就いており、キャリアチェンジとしてオーストラリアで正看護師として働くことを希望される方など、日本で正看護師資格を有していない方を対象としたコースです。

西シドニー大学の看護学部では、1年目から実習が行われるほど、実務経験に力を入れています。実習を行う前には、大学内に設営されている病院の病棟さながらの施設(通称:CPU)での実践訓練を行います。大学内に設備があることで、実習前に現場を想定した訓練を日々の授業内で行い、緊急時に柔軟に対応できる知識・スキルを身につけることができます。実習は、専門機関(介護施設・障害者施設・保健所など)で、各機関の正看護師が担う業務内容や対応の仕方の違いなどを実践的に学び、実務経験を積みます。

クラスの半分以上をネイティブスピーカー達が占め、その他フィリピンやインド、中国からの留学生が多く在籍し、日本人は非常に少ない環境で学習できる為、必然とネイティブや他国からの留学生と関わり合う機会が増え、さらなる英語力・異文化理解力向上に繋がります。

コース概要

英語力 IELTS: 7.0(各バンド7.0以上)
TOEFL iBT: 94(Speaking 23, Listening 24, Reading 24, Writing 27)
PTE: 65(各バンド)
Occupational English Test (OET): B(各バンドB 以上)
英語力の規定に関しては随時予告なく変更となる可能性がございます。
最新の情報は西シドニー大学の公式ホームページをご参照くださいませ。
入学資格 日本の高等学校卒業以上
入学時期 1月、3月、9月
コース期間 3年間
コース費用 年間AUD$30,480 (2020年度)
費用は毎年度更新されます。最新の情報は西シドニー大学 公式ホームページをご確認ください。

Bachelor of Nursing (Graduate Entry)

画像:WesternSydneyUniversity official Facebook-2016 Openday

日本で専門・短大を卒業し、正看護師の資格を有している方がオーストラリアで正看護師を目指す為のコースです。オーストラリアで正看護師になるためには、看護学士を有している必要がある為、日本の専門・短大卒の方は、大学へ編入し学士を取得します。
現在、編入コースを設けている大学は少ない為、非常に人気が高く、早い段階で定員に達し入学制限がかかる可能性も高いです。
編入コースは、多くの時間を実習にあて実務経験を積むことに重点をおいたカリキュラムとなっており、3年間のコースと同様、講義を受けたのちに大学内の施設(CPU)で実技の指導を受け、専門機関(介護施設・障害者施設・保健所など)での実習を行います。
オーストラリアには1年間の編入コースを設けている大学もありますが、2年間の編入コースを卒業することにより、2年間の卒業ビザを申請・取得できるだけでなく、独立技術移民ビザを申請する際の永住権ポイントにも繋がる為、資格取得をしてオーストラリアでの就労を検討されている方にはおすすめのコースです。

ただし、西シドニー大学の編入コースは他大学とは異なり、入学時期を1月と定めている為、語学研修からスタートされる方はご渡航時期に注意しましょう。

コース概要

英語力 IELTS: IELTS: 7.0(各バンド7.0以上)
TOEFL iBT: 94(Speaking 23, Listening 24, Reading 24, Writing 27)
PTE: 65(各バンド)
Occupational English Test (OET): B(各バンドB 以上)
英語力の規定に関しては随時予告なく変更となる可能性がございます。
最新の情報は西シドニー大学の公式ホームページをご参照くださいませ。
入学資格 ・入学時期から起算してさかのぼって10年以内に日本の専門・短大を卒業し、正看護師資格を有している
・入学時期から起算してさかのぼって10年以内に看護準学士、看護学士、看護修士を取得している
・入学時期から起算してさかのぼって10年以内に高等教育機関で生物学、保険衛生学、行動科学を学習している
入学時期 1月
コース期間 2年間
コース費用 初年度 AUD$30,480 (2020年度)
費用は毎年度更新されます。最新の情報は西シドニー大学 公式ホームページをご確認ください。

西シドニー大学の
留学生サポート体制

留学生数の多い西シドニー大学では、学習サポートも徹底して行っています。

図書館での英語学習サポート

講義を受けたり、エッセイを書いたりするための英語力が土台として必要となります。もちろん、大学入学レベルの英語力を身につけてから講義を受けていますが、持ち合わせている単語数や言い回しなどはネイティブと比べると圧倒的に少ないのが実状です。
サンシャインコースト大学では、留学生がスムーズに講義受講やプレゼンテーション・ディスカッションができるよう留学生向けに英会話クラブを開催しています。開催日程は、大学のホームページにUPされるため、随時チェックをし、予定をあわせて参加することが可能です。
また、看護実習前には実習スケジュールにあわせて、臨床で使用する会話を想定した英会話クラブも開催しています。日常会話や講義での英語とは異なり、患者や医療従事者たちと看護・医療英語を交えた会話をする必要があるため、それに備え事前に会話の訓練を行うことが可能です。


学習サポートチームによるワークショップ

Professional Communication Academic Literacy Support(以下、PCAL)という学習サポートチームがあり、学部の課題スケジュールに合わせて無料でワークショップを開催している為、「課題が出たけれど訳がわからない・・・」と置いてきぼりになることなく、ワークショップに参加をして課題を行う為に必要な知識を得ることができます。PCALでは、オンラインでのワークショップも開催しており、生配信となる為その場で質問をして疑問を解決することが可能です。配信タイミングで視聴ができなかったとしても、録画された動画がWEB上に残っている為、あとからでも視聴することができます。


生徒専用ページでの学習サポート

生徒番号とパスワードでログインができる生徒専用ページがあり、生徒が学習する上で必要な情報を提供しています。例えば、実践形式での講義が多いオーストラリアの大学では、予習をするのは当たり前となっている為、生徒専用ページでは講義前に必要な箇所を予習できるよう、予習内容を掲載しています。また、論文を書く上では様々なルールが存在し、英語での論文を書き慣れていない留学生にとって論文1つ作成するだけでも至難の業ですが、注意すべき点やルールも掲載してある為、ルールを逸脱することなく論文を作成することが可能です。

西シドニー大学への
進学に際しおすすめの語学学校

西シドニー大学附属語学学校(Western Sydney University The College)

西シドニー大学附属語学学校は、シドニーシティーから公共交通機関を利用して20~30分のところにあるシドニーオリンピック・パークキャンパスにあります。キャンパスは、オリンピック・パーク駅から徒歩圏内のところに位置しており、バスターミナルも近い為、渡航直後のまだ生活に慣れていない時期に通学する語学学校としては安心できる立地です。周囲には、カフェやレストランをはじめ、医療施設や銀行等、生活する上で必要なものは揃っている為、不便なくオーストラリア生活をスタートしていただくことができます。こちらのキャンパスは、英語コースを受講する学生のみを対象にしております。

看護学部への進学を目指す方におすすめのコースが、Bachelor of Nursing Direct English Entry Program(2020年9月開校予定)です。
BNDEEPは現在キャンペーンを実施しており、通常の約半額(2,850ドル)が奨学金として大学から支給されます。

Bachelor of Nursing Direct English Entry Program – (BNDEEP)を経由して看護学部に進学する場合、看護学部入学時にIELTSなどの公式スコアを提出しなければならないことにかわりはありません※が、当英語コースであれば語学研修から大学卒業までのビザを一度に申請することができます。1回のビザ申請で卒業までのビザが取得できれば、オーストラリアでビザ延長費用を支払い、延長手続きをする手間を省くことができます。

※西シドニー大学の看護学部へ入学するには、IELTS7.0相当の英語力の証明が必要です。
残念ながらThe Nursing and Midwifery Board of Australiaからの発表により残念ながらIELTSなど公式スコアの証明なしに、看護学部に入学することができなくなりました。たとえ附属語学学校であってもEAPなど各英語コースからIELTSなどの公式スコアの証明なしに入学することはできません。

ワールドアベニューの
おすすめポイント

西シドニー大学は自国で正看護師資格を有している方を対象に開講している編入コースを持つ数少ない大学の内の1つです。西シドニー大学の入学時期から起算し10年以内に日本の専門・短大を卒業されている看護師であれば、2年で卒業することができます。1年次から入学して時間と費用とかけるより、1年でも短く正看護師資格取得までたどり着けることに越したことはないでしょう。また、他大学と比較し「費用負担が少ない」という点も魅力です。西シドニー大学野看護学部は世界上位100位内にランクされるほど高い教育水準なのにも関わらず、都心部にメインキャンパスを構える大学と比較すると安価であり卒業までの学費負担を減らすことができます。

西シドニー大学スタッフの声/
体験者の声

西シドニー大学スタッフの声

※動画内で看護学部の学費が約28,000ドルとコメントありますが、正しくは、1年目が34,550ドル、2年目が約28,000ドルとなります(2018年度現在)。詳しくはお問合せください。


現役看護学生 Tomokoさんから大学紹介動画をいただきました!