看護学部紹介
‐ サンシャインコースト大学【2018年度】

サンシャインコースト大学は、オーストラリア・クイーンズランド州の州都ブリスベンから車で約1時間のところにある総合大学です。サンシャインコースト大学では、全校生徒数約11,500名、そのうち10%にあたる1,150名ほどが世界70ヶ国以上から集まる留学生です。キャンパスは、クイーンズランド州内にサンシャインコースト・フレイザーコースト・ギンピー・カブルチャー・サウスバンク・モートンベイの6つ、シドニーとメルボルンにもキャンパスを構えています。看護学部は、サンシャインコースト・フレイザーコースト・ギンピー・カブルチャーの4キャンパスで開講されています。

サンシャインコーストは、クイーンズランド州の州都ブリスベンから1時間程度のところにあります。
オーストラリアのクイーンズランド州南部に位置し、ヌーサ・ヘッヅ、アレクサンドラなどオーストラリアでも有名なビーチリゾートやサーフスポットが多く、内陸には農村地帯が広がる自然豊かな地域です。北へ行けば、世界遺産に登録されている砂の島・フレーザー島やオーストラリア固有動物のコアラやカンガルーが生息するヌーサ国立公園などがあり、オーストラリアならではのスローライフを味わうことができます。

サンシャインコースト大学基本情報

オーストラリア
都市 サンシャインコースト
看護学部開講キャンパス サンシャインコースト・フレイザーコースト・ギンピー・カブルチャー
看護学部ホームページ https://www.usc.edu.au/learn/courses-and-programs/bachelor-degrees-undergraduate-programs/bachelor-of-nursing-science

サンシャインコースト大学キャンパス

USC1
USC2
USC2
USC2
USC2
USC2
USC2
USC2

▼バーチャルツアーでキャンパスの雰囲気や施設をCHECK

看護学部の種類

サンシャインコースト大学の看護学部には2つのコースがあります。
各コースの特徴についてご紹介します。

日本の看護師免許有り、専門・短大卒以上 → 2.3年間のコース:Bachelor of Nursing Science (Graduate Entry)

日本の看護師免許なし、高校卒業以上 → 3年間のコース:Bachelor of Nursing Science

Bachelor of Nursing Science

日本で高校卒業直後にオーストラリアで正看護師資格取得を目指される方、また日本では別の職業に就いており、キャリアチェンジとしてオーストラリアで正看護師として働くことを希望される方など、日本で正看護師資格を有していない方を対象としたコースです。

コース概要

英語力 IELTS: オーバーオール7.0以上(各技能6.5以上取得の必要あり)
TOEFL iBT: 96点以上 (各技能、右記のスコア以上取得する必要あり。ライティング 24点以上、その他技能 23点以上)
TOEFL PBT: 600点以上(エッセイで5点以上のスコアを取得する必要あり)
OET: オーバーオールB以上(各技能B以上取得の必要あり)
入学規定は予告なく変更となる可能性がございます。最新の情報はサンシャインコースト大学の公式ホームページを必ずご確認ください。
入学資格 日本の高等学校卒業以上
入学時期 2月/7月
コース期間 2月スタートの場合3年間、7月スタートの場合3.3年間
開講キャンパス Sippy Downs、Fraser Coast、Gympie、Caboolture
コース費用 25,000豪ドル
費用は毎年度変更となる可能性がございます。最新の情報はサンシャインコースト大学の公式ホームページを必ずご確認ください。

サンシャインコースト大学の看護学部の特徴は大きく分けて2つあります。

1 最新設備の整った病院が併設されている
2 看護学部の授業料がリーズナブル

1 最新設備の整った病院が併設されている

2017年4月にサンシャインコースト大学病院が設立され、現在450床を設けており、2021年までに738床まで増やしていく計画となっています。
サンシャインコースト大学病院は、救急・外科・産科・リハビリ科・精神科・小児科など幅広い分野の病棟を設けており、多くの症例を受け入れています。看護学部の実習先は原則、空き状況と生徒の滞在先によって決められますが、生徒の大半がサンシャインコースト大学病院で実習を受けます。最新設備の病院で実習を受けることにより、オーストラリア最先端の看護・医療を見て学ぶことが可能となります。
また、今後、床の数を増やし、規模を大きくしていくことを計画している病院なので、就労の機会も得られる可能性があります。例えば、在学中の看護助手としてのアルバイト機会や卒業後の正看護師としての就労機会です。オーストラリアの規定上、看護学部の2年次以降より看護助手として働くことが可能となりますが、病院が併設されていることにより、他大学に比べて看護助手として就労する機会を得やすい環境と言えるでしょう。加えて、実習中にコネクションを作ることにより、卒業後の就職機会も得られる可能性も高まります。

2 看護学部の授業料がリーズナブル

他大学の看護学部が、年間28,000ドル~34,000ドルという料金設定をしている中、サンシャインコースト大学の看護学部の授業料は年間25,000ドルとリーズナブルです。正看護師資格を取得するには、英語学習から大学卒業まで大きなお金はかかるものです。少しでも費用を抑えたいという留学生にとって、サンシャインコースト大学は穴場的存在かもしれません。


Bachelor of Nursing Science (Graduate Entry)

看護学部以外の学士を持ち、オーストラリアで正看護師へのキャリアチェンジをされたい方が対象のコースです。

オーストラリアで正看護師になるためには、看護学士が必要となりますが、看護学部以外の学士を持っている方は、2.3年間のBachelor of Nursing Science (Graduate Entry)を修了すれば看護学士を取得することができます。

オーストラリアの看護師は、職業として安定しているだけでなく、日本と比較し、給与はさらに高く、産休育休制度などを含む福利厚生面が整っているなど、日本で看護師として働くよりもワークライフバランスの取れた人生を歩むことができるといわれています。
日本で看護学部以外を卒業し、就業をされている方で、近年キャリアチェンジのために看護学校に通われる方が多くいらっしゃいます。看護師へ転身される理由として多く挙げられるのが、現場で不足している職業であり就職に困らないという点や、比較的給与が高いという点など「安定」していることが挙げられます。「安定」を目的に看護師への転身をお考えの方にとって、オーストラリアでの看護師資格取得は一つの選択肢ではないでしょうか。

コース概要

英語力 IELTS: オーバーオール7.0以上(各技能6.5以上取得の必要あり)
TOEFL iBT: 96点以上 (各技能、下記のスコア以上取得する必要あり。ライティング 24点以上、その他技能 23点以上)
TOEFL PBT: 600点以上(エッセイで5点以上のスコアを取得する必要あり)
OET: オーバーオールB以上(各技能B以上取得の必要あり)
入学規定は予告なく変更となる可能性がございます。最新の情報はサンシャインコースト大学の公式ホームページを必ずご確認ください。
入学資格 大卒以上
入学時期 2月/7月(ただし、2月入学の場合、パートタイム3年間となるため、原則7月のみ)
コース期間 2月スタートの場合3年間(パートタイム)、7月スタートの場合2.3年間
開講キャンパス Sippy Downs、Caboolture
コース費用 25,000豪ドル
費用は毎年度変更となる可能性がございます。最新の情報はサンシャインコースト大学の公式ホームページを必ずご確認ください。

サンシャインコースト大学の
留学生サポート体制

留学生が海外の大学で講義を受け、課題をこなし、試験を突破していくには、相当量の勉強と努力が必要です。しかし、英語を母国語としない留学生は授業についていくのがやっとであり、ときには授業にも追いつけず途方にくれそうになることもあるかと思います。そんな留学生のために、サンシャインコースト大学では徹底したサポートを行っております。

英語学習サポート

講義を受けたり、エッセイを書いたりするための英語力が土台として必要となります。もちろん、大学入学レベルの英語力を身につけてから講義を受けていますが、持ち合わせている単語数や言い回しなどはネイティブと比べると圧倒的に少ないのが実状です。
サンシャインコースト大学では、留学生がスムーズに講義受講やプレゼンテーション・ディスカッションができるよう留学生向けに英会話クラブを開催しています。開催日程は、大学のホームページにUPされるため、随時チェックをし、予定をあわせて参加することが可能です。
また、看護実習前には実習スケジュールにあわせて、臨床で使用する会話を想定した英会話クラブも開催しています。日常会話や講義での英語とは異なり、患者や医療従事者たちと看護・医療英語を交えた会話をする必要があるため、それに備え事前に会話の訓練を行うことが可能です。


アカデミックサポート

海外大学は日本の大学に比べ、履修する科目は少ないものの、課題やプレゼンテーションなどが非常に多く、慣れていない留学生は苦戦を強いられます。特に、エッセイや論文は、「,」と「.」を間違えただけでも減点されてしまうなど、作成をする上で注意しなくてはいけない点が多いため慎重に書き進めていかなくてはなりません。
アカデミックサポートでは、ノートのとり方やプレゼンテーションの仕方、課題スケジュールに合わせたタイムマネジメント方法、エッセイ・論文の書き方等をサポートしています。生徒専用ページでアポイントをとり、専門知識を持ったアカデミックサポーターが個別で30分間相談に乗ってくれるシステムとなっており、留学生も課題やエッセイなどでつまずいた時には安心して相談することができます。


オンラインサポート

日曜日~金曜日の15時から0時まで、土曜日の12時から0時まで、学習面においての質問をオンライン上で行い、回答を得ることができるサービスです。英語や数学、科学やビジネス等、各分野に関する質問はもちろんのこと、課題をアップロードすると24時間以内に添削とフィードバックをしてもらうことも可能です。
自宅や学校外で勉強をしていることも多い大学生にとって、非常に便利なシステムとなっています。

サンシャインコースト大学への
ダイレクトエントリーを持つ語学学校

サンシャインコースト大学の看護学部へ入学するには、IELTS7.0相当の英語力が必要となり、英語力を身につけるために就学する語学学校の種類は大きく2つあります。

1. サンシャインコースト大学附属語学学校
2. 私立語学学校

各機関で英語学習を行い、指定の英語テスト(IELTSやTOEFL等)で公式スコアを取得するか、大学側が認定した英語コースを修了していただき、公式スコアの提出を要せず大学へ入学します。

サンシャインコースト大学附属語学学校

サンシャインコースト大学の英語コースは、サンシャインコーストキャンパスとサウスバンクキャンパスで開講しています。コースは、進学英語コースのみで、一般英語コースは開講していません。
進学英語コースは、EAP1>EAP2>EAP3とレベル分けがされており、入学にはIELTS5.0相当の英語力が必要となる、下記いずれかの条件を満たす必要があります。
EAP3を修了すると、IELTS7.0相当の英語力があるとみなされ、看護学部へ入学することが可能です。

■ 公式の英語試験でスコアを取得する
例>IELTSオーバーオール5.0以上(各技能5.0以上取得する必要あり)or TOEFL PBTで500点以上(エッセイのスコアを3点以上取得する必要あり)or TOEFL iBTで40点以上(ライティングのスコアを15点取得以上取得する必要あり)or Pearson Test of English (PTE) で36点以上(コミュニケーションのスコアを36点以上取得する必要あり)

■ 提携している私立語学学校の進学英語コースで、英語力を伸ばしたのちにダイレクトエントリーをする


私立語学学校

今回紹介する学校はMEGA(Macquarie Education Group Australia)です。
サンシャインコースト大学の附属語学学校は、一般英語コースを設けていない為、進学英語コースの入学英語レベルに達していない方は、私立語学学校で英語力を伸ばしたのちに附属語学学校へ入学する必要があります。

MEGA(Macquarie Education Group Australia)


MEGAは、シドニーシティーのセントラル駅から徒歩5分のところに位置する、語学学校と専門学校2種類の学校を持つ教育グループです。

様々な高校・専門学校・大学と提携を持ち、高校進学準備コースや専門・大学進学準備コースを開講しています。提携を多く持つことは、語学学校の教育の質を提携機関が認めていることとなる為、非常に高い質の授業を提供していることがわかります。
MEGAの専門・大学進学準備コースは、EAP1>EAP2>EAP3とレベル分けされており、EAP3を修了するとIELTS6.5相当の英語力があるとみなされ、サンシャインコースト大学附属語学学校の進学英語コースEAP3に入学することができます。

MEGAの詳細は「MEGA-MACQUARIE EDUCATION GROUP AUSTRALIA」をご参照ください。

ワールドアベニューの
おすすめポイント

サンシャインコースト大学を卒業すると、永住権申請をする際の「地方もしくは人口が減少している都市部で勉強をしていた」という項目のポイントを得ることができるため、永住権申請に1歩近づくことが可能です。
また、他の大学と比較して授業料がリーズナブルであることから、金銭面で渡航を迷っている方にとっておすすめの大学となります。

上記は2018年7月時点の情報を元に作成しており、移民法上のアドバイスを目的に作成されたものではありません。ビザの情報は必ずオーストラリア移民局のホームページより最新の情報をご確認ください。また、ビザ制度のみのご質問について弊社では承れませんのでご了承下さいませ。