看護学部紹介
‐ グリフィス大学【2018年度】

オーストラリア・クイーンズランド州の主要都市ブリスベンとゴールドコーストにゴールドコースト、ネイサン、マウント・グラヴァット、サウスバンク、ローガンと5つのキャンパスを持つグリフィス大学は、全校生徒数約50,000名の内、17%にあたる8,500名ほどの留学生が世界約130ヶ国以上から集まる総合大学です。
看護学部は、ゴールドコースト、ネイサン、ローガンの3キャンパスで受講することができます。

2018年のTimes Higher Education (THE)*では、250~300位内にランクインしており、旧帝大の九州大学と同順位、名古屋大学や北海道大学よりは上位、医療系だと東京医科歯科大学よりも上位にランクインしている優秀な大学です。また、QS世界大学ランキング**2018年度、分野別ランキングにおいて、グリフィス大学の看護学部は、世界41位にランクインしています。

*Times Higher Education (THE)
https://www.timeshighereducation.com/world-university-rankings

**QS世界大学ランキング2018年度
https://www.topuniversities.com/university-rankings/university-subject-rankings/2018/nursing

グリフィス大学基本情報

オーストラリア
都市 ブリスベン、ゴールドコースト
キャンパス ゴールドコースト、ネイサン、ローガン
看護学部ホームページ https://www.griffith.edu.au/study/health/nursing

グリフィス大学キャンパス

GU101
サンシャインステート(太陽の州)と呼ばれるクイーンズランド州の州都ブリスベンは、シドニー・メルボルンに次ぐ第三の都市であり、商業施設や美術館など様々な施設が整っており、生活に困ることはありません。また、気候も温暖で過ごしやすいことで人気があります。年間280日ほどが晴れという晴天率を誇り、冬でも20度を超える日が多い為、半袖で過ごしている方も多いです。

サーファーの聖地と呼ばれるゴールドコーストは、ビーチリゾートでも有名な場所であり、様々なマリンスポーツを楽しむことができます。また、非常に気候が良く、年間平均気温は21.2度と高く、年間300日以上晴れると言われています。暖かい場所でオーストラリアならではの生活を送りながら勉強をしたいという方にはぴったりの場所です。

ゴールドコーストキャンパス

ゴールドコーストキャンパスは、メインビーチから車で約20分のところに位置する、海が好きな人にとってはピッタリのキャンパスです。約18,500名の生徒が在籍しており、5人に1人が留学生となっています。近年改装された図書館、プールや研究施設も建設されており、充実した施設の中で学生生活を送ることができます。英語コースと専門コースも開講されている為、進学準備から学部受講まで同じキャンパスで行うことが可能です。

ゴールドコースト キャンパス内の施設・設備については、公式ホームページをご覧ください。

ネイサンキャンパス

ブリスベン中心部から車で約15分のところに位置するネイサンキャンパスには、約13,000名の生徒が在籍しています。ゴールドコーストキャンパス同様、図書館が改装されただけでなく、オーストラリア国内初のソーラーシステムを導入した研究・教育施設を設立。また、3Dアニメーションや身体を動かして音を作り出すシステム、砂で山や川を作り雨が降った時の水の流れを観察することのできる小さなサンドボックス、など様々な最新設備を利用した体験ができるRed zoneはグリフィス大学の大きな目玉となっています。

Red zoneの詳細は、公式ホームページをご覧ください。

ローガンキャンパス

ゴールドコーストとブリスベンの間に位置し、グリフィス大学のキャンパスの内最も小さな規模のローガンキャンパスでは、約2,500名の生徒が在籍をしています。看護、ソーシャルワーク、教育学、商業やビジネスなど、当該地域への貢献を目的とした学部のみが開講されています。ゴールドコーストやブリスベンほどの都市感はないですが、アットホームな環境で落ち着いて勉強をしたい方にはおすすめのキャンパスです。

マウント・グラヴァットキャンパス

マウント・グラヴァットキャンパスは、ネイサンキャンパスに隣接されており、約3,000名の生徒が在籍しています。看護コースの受講はできませんが、大学進学に必要な英語コースと専門コースの受講が可能です。ネイサンキャンパスの看護コースを受講したい方は、こちらのキャンパスで英語・専門の勉強をしてから進学する流れとなります。

看護学部の種類 (コース)

グリフィス大学の看護学部の種類(コース)は1つ、Bachelor of Nursing(3年間)のコースのみです。
ただし、日本で看護師資格を有している方の場合、条件によっては最短2年間で卒業できる場合もあります。

日本の看護師免許有り、専門・短大卒以上(卒業後5年以内) → 2年間のコース: Bachelor of Nursing

日本の看護師免許なし、高校卒業以上 → 3年間のコース:Bachelor of Nursing

Bachelor of Nursing

日本で高校卒業直後にオーストラリアで正看護師資格取得を目指される方、また日本では別の職業に就いており、キャリアチェンジとしてオーストラリアで正看護師として働くことを希望される方など、日本で正看護師資格を有していない方を対象としたコースです。

3年コース概要

英語力 IELTS:オーバーオール7.0以上(各技能6.5以上取得の必要あり)
TOEFL iBT: 94点以上 (各技能、右記のスコア以上取得する必要あり。ライティング 27点以上、スピーキング 23点以上、その他24点以上位)
PTE:オーバーオール65以上(各技能58以上取得の必要あり)
入学規定は予告なく変更となる可能性がございます。最新の情報はグリフィス大学の公式ホームページを必ずご確認ください。
入学資格 日本の高等学校卒業以上
入学時期 Trimester 1(1月)/Trimester 2(6月)***
コース期間 3年間
コース費用 30,000豪ドル
費用は毎年度変更となる可能性がございます。最新の情報はグリフィス大学の公式ホームページを必ずご確認ください。

2年コース概要

英語力 IELTS:オーバーオール7.0以上(各技能6.5以上取得の必要あり)
TOEFL iBT: 94点以上 (各技能、右記のスコア以上取得する必要あり。ライティング 27点以上、スピーキング 23点以上、その他24点以上位)
PTE:オーバーオール65以上(各技能58以上取得の必要あり)
入学規定は予告なく変更となる可能性がございます。最新の情報はグリフィス大学の公式ホームページを必ずご確認ください。
入学資格 ・正看護師資格あり
・専門学校、短期大学以上を卒業
・グリフィス大学入学時、専門・短大卒業後5年以内(ブランクなし)である
入学時期 Trimester 1(1月)/Trimester 2(6月)***
コース期間 2年間
コース費用 30,000豪ドル
費用は毎年度変更となる可能性がございます。最新の情報はグリフィス大学の公式ホームページを必ずご確認ください。

***Trimester 2(6月)から入学できるのは、Diploma of Health Care (from Griffith College)を修了した学生、または自国で正看護師資格を有する方のみとなります


グリフィス大学の看護学部の特徴は、大きく3つあります。

1 併設された病院とのコネクション
2 正看護師資格保持者は2年次編入が可能
3 自分に合ったキャンパスを選択

1 併設された病院とのコネクション

ゴールドコーストキャンパスの近辺には、ゴールドコースト大学病院とゴールドコースト私立病院が設立されており、医学部ではゴールドコースト大学と共同の最先端研究が行われています。コネクションの強い病院があるということは、実習先の確保や就労の機会(在学中のアルバイトや卒業後の就職)にも大きく貢献することでしょう。

2 正看護師資格保持者は2年次編入が可能

ゴールドコーストキャンパスの近辺には、ゴールドコースト大学病院とゴールドコースト私立病院が設立されており、医学部ではゴールドコースト大学と共同の最先端研究が行われています。コネクションの強い病院があるということは、実習先の確保や就労の機会(在学中のアルバイトや卒業後の就職)にも大きく貢献することでしょう。

3 自分に合ったキャンパスを選択

グリフィス大学では、ゴールドコースト、ネイサン、ローガンの3キャンパスで看護コースの受講ができます。海の近くに位置しオーストラリアならではの生活を味わいながらキャンパスライフを送ることができるゴールドコースト、オーストラリア第三の都市ブリスベンで最新設備に囲まれて学習することができるネイサンキャンパス、都会的誘惑が少なく生徒数の少ないアットホームな環境で勉強に集中することができるローガンキャンパス。どのキャンパスも色が違い、自分自身がどのようなキャンパスライフを送りたいかによって、好きなキャンパスを選んで学生生活を過ごすことが可能です。

グリフィス大学の
留学生サポート体制

ネイティブや他の留学生の中に混じって生活を送るという憧れのキャンパスライフは、楽しみ半分・不安半分という方も多いと思います。グリフィス大学では、学習面のサポートだけでなく、生徒の生活面においても十分なサポート体制を設けています。

英語学習サポート

グリフィス大学では、英語を母国語としない留学生に向けて、発音矯正や講義や課題をこなす為に必要な文法や語彙の学習、論文を書くための英語力など、様々な分野のワークショップを開催しています。教師陣は、グリフィス大学附属語学学校(GELI)で勤務している経験豊富な教師のため、質の高い英語学習サポートを受けることが可能です。
英語力が大きな壁となる留学生にとって、英語学習サポート体制が整っていることは、安心材料の一つといえるでしょう。


アカデミックサポート


▲分野別の説明動画(例:スピーキングスキル)

論文・エッセイを書く上で必要な文法(句読点やスペル、語彙、前置詞、時制、等)や学術的スキル(リーティング、スピーキングスキル、引用の記載方法、等)など、試験・課題・論文作成を乗り越えるためのスキルを各分野別に説明動画も挙げており、WEBサイト上で閲覧することが可能です。自宅や図書館、カフェなどで勉強することの多い大学生達にとって、学校へ行くことなくWEB上で受けられるアカデミックサポートは、勉強の大きな手助けとなるでしょう。


グリフィスメイト

ネイティブと留学生からなる学生のための”学生団体”です。様々な国からきた留学生達も在籍しているため、46以上の言語によるサポートをうけることが可能です。この団体では、様々なイベントの開催やボランティア機会の提供、学習面のサポートなどを行い、学生たちがより充実した大学生活を送れるよう取り組んでいます。また、先輩が1対1で学生生活をサポートしてくれるバディ制度も提供しているため、不慣れな海外大学での生活に不安な留学生達も安心して学業に集中することができます。

グリフィス大学看護学部への
進学方法

グリフィス大学の看護学部へ入学するには、IELTS7.0相当の英語力が必要となります。
ただ、グリフィス大学付属カレッジ、Griffith CollegeのDiploma of Health Careからであれば、Diploma of Health CareにはIELTS6.5相当から入学でき、大学2年次編入の際には、IELTS公式スコアなしでグリフィス大学の看護学部2年次にダイレクトエントリーが可能です。詳しく進学方法をみていきましょう。

1. 大学直入学
2. 付属カレッジ経由
3. 大学2年次編入

大学直入学

– 進学ルート –

STEP1.グリフィス大学附属語学学校(GELI) 英語コース
STEP2.リフィス大学看護学部1年次進学
対象
・日本の正看護師資格なし、最終学歴高校以上で、高校3年生の成績がGPA4.0以上(5段階)の方

グリフィス附属語学学校(GELI)にて、一般英語・進学英語コースを受講し、IELTS7.0相当まで英語力を伸ばしたのちに、IELTSなどの公式スコアなしで看護学部に進学する方法です。ファウンデーションコースなしで大学進学する進学ルートのため、高校3年生の成績がよいことが条件となります。


付属カレッジ経由

– 進学ルート –

STEP1.グリフィス大学附属語学学校(GELI) 英語コース
STEP2.Griffith College Diploma of Health Care
STEP3.グリフィス大学看護学部2年次入学
対象
・日本の正看護師資格なし、最終学歴高校以上で、高校3年生の成績がGPA4.0以上(5段階)の方
・日本の正看護師資格あり、専門・短大卒業後5年以上経過している方

グリフィス大学附属語学学校(GELI)にて、一般英語・進学英語コースを受講し、IELTS6.5相当まで英語力を伸ばしたのちに、Griffith CollegeのDiploma of Health Careを経て大学2年次に編入する方法です。
日本で正看護師資格を有しておらず、日本での最終学歴が高校卒業以上、高校3年生での成績が評定平均4.0未満の方の場合、他大学の場合だと、一般的にはファウンデーションコースを経由し、看護学部1年次からスタートしなければならないのに対し、カレッジを経由し、合計3年間で卒業できるのは魅力です。

さらに、グリフィスカレッジのDiploma of Health Careへの入学規定(英語)は、IELTS6.5と看護学部に直入学するよりも低い英語力で入学できる点も利点と言えます。
ただし、IELTS6.5相当の英語力でDiploma of Health Careへ入学する場合した、英語力を補うためにEnglish Language and Communication for Health(ヘルスヘア関連の英語コミュニケーション力を伸ばす選択授業)を受講する必要があります。もし、IELTS7.0相当の英語力をもって入学した場合、English Language and Communication for Healthを選択することもでいますが、もう一つの選択科目、看護スキル面を磨くことができるAcademic and Professional Skills Developmentを受講することもできます。


大学2年次編入

– 進学ルート –

STEP1.グリフィス大学附属語学学校(GELI) 英語コース
STEP2.グリフィス大学看護学部2年次入学
対象
・日本の正看護師資格あり、グリフィス大学入学時からさかのぼって5年以内に専門・短大以上の学位を取得しており、且つ正看護師としてブランクなく働いている方

大学入学時から起算し、さかのぼって5年以内に日本の専門・短大を卒業し正看護師資格を持っている、かつブランクなく就業されている方にとって、最短で看護学部卒業を目指すことができる進学ルートです。ただし、大学入学時から起算し、さかのぼって5年以内となると、臨床経験3年前後と比較的早いタイミングでの決断が必要となるため注意しましょう。


グリフィス大学附属語学学校(Griffith English Language Institute)

グリフィス大学附属語学学校(Griffith English Language Institute=GELI)の各コースは、ゴールドコーストとマウント・グラヴァットの2キャンパスで受講が可能です。年間1,000名の留学生が約50ヶ国から集まり、英語学習をおこなっています。
看護学部進学に受講必要な、一般英語・進学英語開講しています。ここでIELTS6.5相当まで英語力を伸ばすと、Griffith CollegeのDiplomaコースへ公式スコアなしで入学することが可能です。


グリフィス カレッジ

グリフィスカレッジは、附属語学学校同様、ゴールドコーストとマウント・グラヴァットの2キャンパスで受講が可能です。進学に必要なファウンデーションコースや専門コース(Diploma)を開講しており、専門コースは11種類にも及びます。
最終学歴が高校の場合は、グリフィスカレッジでファウンデーションコースを受講したのちに学部へ入学する流れとなります。また、先述した通り、Diploma of Health Careを修了することにより、グリフィス大学の看護学部2年次に編入することが可能です。

ワールドアベニューの
おすすめポイント

グリフィス大学には、Diploma of Health Careから看護学部の2年次に編入できる制度があるため、正看護師資格取得までの期間を短くし、費用も抑えることができるのは、他の大学にも例の少ない大きなポイントです。また、大学入学時から起算してさかのぼって5年以内に日本の専門・短大を卒業かつブランクなく就業している方であれば、看護学部の2年次に編入することができるので、すでに日本の資格を保持している方にはおすすめです。