看護学部紹介
‐ フリンダース大学【2017年度】

オーストラリア・南オーストラリア州アデレードにある国立大学フリンダース。特にオーストラリア以外で正看護師免許を保有し、オーストラリアの看護師資格切り替えに必要な看護大学学位取得を検討しているナースにとって有名なオーストラリアの看護学部を持つ総合大学の一つです。学生サポートに注力しており、2016年のInternational Student Barometerでオーストラリアで一位の輝いています。オーストラリアの正看護師資格取得に強いワールドアベニューオーストラリアスタッフが、2017年にフリンダース大学を訪問し、最新情報を収集してまいりました。

フリンダース大学基本情報

オーストラリア
都市 アデレード
キャンパス ベッドフォード
看護学部ホームページ https://www.flinders.edu.au/study/nursing-midwifery

フリンダース大学キャンパス

Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image...

看護学部への編入パターン

フリンダース大学の看護学部には、これまでの卒業資格に応じて3パターンのバリエーションがあります。それぞれのコースの特徴とメリット・デメリットについてご紹介します。

日本の看護師免許有り・大学卒業または専門卒 → 約1年のコース:Bachelor of Nursing(ポストレジストレーション)

日本の看護師免許有り・大学卒業または専門卒 → 2年間のコース:Bachelor of Nursing(プレレジストレーション)

日本の看護師免許無し・看護学部以外の大学を卒業 → 3年間のコース:Bachelor of Nursing(グラデュエートエントリー)

Bachelor of Nursing (ポストレジストレーション)

オーストラリア国内の大学で1年の看護学部編入コースを持つのはフリンダース大学だけです。1年のコース期間とされていますが、学生ビザの期間が1年から1.25年に延長されており、病院実習などを見越して翌年4月までの履修となります。メリットとしては短期間でオーストラリアの看護師免許に必要とされる看護学士の資格を取れることがあげられます。短期間のコースであるため通算の留学費用(生活費を含む)が節約できるのも嬉しいポイントです。しかし、就学期間が1.25年となるためオーストラリアの大学卒業後ピザの申請基準を満たせないために、卒業後の仕事探しや永住ビザ申請までに必要なスキルアセスメント期間のビザを他のビザでまかなわなければオーストラリアに滞在することができません。また、他のコースよりも若干費用が高くカリキュラムもハードなため留年した場合、他のコースよりも費用がかかってしまう可能性があります。既に高い英語力を保持し卒業後のビザに心配が要らない人にとってはおすすめのコースとなります。インターナショナルの比率が多く、フィリピンついで香港からの留学生(看護師)が多いそうです。

入学基準

英語力 IELTSオーバーオール6.5以上(スピーキング及びライティング6.5以上、リーディング・リスニング6.0以上)
TOEFL iBT 80点以上(スピーキング及びライティング22点以上、リーディング・リスニング18点以上)
入学資格 母国での看護学位または看護専門卒
コース期間 1年(1.25年の学生ビザ)
コース費用 30,400豪ドル(2018年度)
2019年入学 締切
2020年入学 締切

Bachelor of Nursing (プレレジストレーション)

オーストラリアの看護協会認定の編入コースで最も一般的なのが2年間の看護学部編入コースです。1年のポストレジストレーションとは全く別のカリキュラムが用意されており、しっかりとオーストラリアの看護制度・実習経験を積みたい方におすすめのコースです。メリットとしては、卒業後に大学卒業ビザ申請の基準を満たすコースであるため、大学卒業後に永住ビザ申請までの期間をつなぐビザを取れる可能性があることです。(※その他の卒業ビザの申請基準を満たす必要がございます。)卒業まで2年あるため、看護免許申請に必要な英語基準を満たすための勉強時間もポストレジストレーションよりゆっくり取れるのが安心のポイントです。デメリットとしては2年のコースとなるため、1年あたりの学費はポストレジストレーションより安いものの総留学費用が高くなってしまうことです。

入学基準

英語力 IELTSオーバーオール6.5以上(すべて6.0以上)
TOEFL iBT 80点以上(すべて18点以上)
入学資格 母国での看護学位または看護専門卒
コース期間 2年間
コース費用 約58,200豪ドル(2018年度:29,100豪ドル/年)
2019年入学 願書受付中
2020年入学 願書受付中

Bachelor of Nursing (グラデュエートエントリー)

看護学部以外の大学学士を卒業している方が入学できるのがこのグラデュエートエントリーのコース。永住ビザのポイント制約上、日本での正看護師資格と就労経験を持っていないことは不利に働きますが、卒業後ビザを取得して就労経験を積むことができれば永住ビザ取得にもつながる可能性があります。あまり一般的ではありませんが、大幅なキャリアチェンジを考えていらっしゃる方専用のプログラムとなります。

入学基準

英語力 IELTSオーバーオール6.5以上(すべて6.0以上)
TOEFL iBT 80点以上(すべて18点以上)
入学資格 大学卒業学位(看護以外)
コース期間 2年間
コース費用 約58,200豪ドル(2018年度:29,100豪ドル/年)
2019年入学 締切
2020年入学 願書受付中

フリンダース大学への
ダイレクトエントリーを持つ語学学校

フリンダース大学の看護コース入学にはIELTS6.5相当の英語力が必要となり、高い英語力が必要です。しかし、フリンダース大学の看護学部は2月入学しか受付をしていないためIELTSやTOEFLのスコアが間に合わない場合は、1年間入学をずらす必要が出てしまいます。そこで、大学入学をより確実にするために、フリンダース大学が認定した語学学校の英語コースを修了することにより、IELTS6.5相当とみなされ英語スコアの提出が免除されます。オーストラリアの看護大学入学にあたっては、多くの人がIELTSやTOEFLスコアの提出ではなく、ダイレクトエントリーを持つ語学学校のコースを修了させて入学しています。

SACE Australia アデレード校


アデレードで歴史がある語学学校SACEは、オーストラリア国内に4キャンパスを持つ語学学校グループの本校です。フリンダース大学が認定する語学コースを持つ数少ない語学学校の一つとして進学を真剣に検討する留学生が通学しています。アデレードの市街地の中心にあり、シェアハウスやホームステイからのアクセスが抜群です。これまでに何人もの学生をフリンダース大学へ送り出した大学準備コース(The English for Tertiary Studies)は学生の信頼が厚い語学コースです。フリンダース大学の看護学部入学にはETSコースの最終レベルであるETS3を修了が必要です。

ワールドアベニューの
おすすめポイント

1年のコースが魅力的なフリンダース大学のポストレジストレーションコース。費用を抑えて留学するならばフリンダース大学で間違いないでしょう。一方で、大学の入学基準が厳しく、また入学タイミングが年1回しかないため、しっかりとした留学計画を立てなければ大幅なスケジュール変更が必要となってしまう可能性もあります。また、現在の英語力によっては2年のコースを選択した方が良い可能性もあります。オーストラリアの正看護師資格に興味がある方は、ワールドアベニューの看護留学専任カウンセラーに是非ご相談下さい!

本記事は2018年9月14日現在の情報を基に編集いたしております。