オーストラリア看護留学にかかる費用

オーストラリアの正看護師資格取得を目指すオーストラリア看護留学プログラム。日本での正看護師資格有無や最終学歴によってオーストラリアの正看護師資格を取得する留学プログラムが変わるため、看護留学にかかる費用も大きく異なります。
オーストラリアの看護留学にかかる費用をご紹介致します。

日本の大学卒業資格と正看護師資格から
オーストラリア正看護師を
目指す看護留学の費用

日本の大学卒業資格(看護学)と正看護師資格をお持ちの方は、オーストラリアの正看護師資格申請にあたり、オーストラリアの大学に通う必要がなく大学費用とトータルの留学期間を短くすることが可能です。留学費用のうち大部分がオーストラリア正看護師の認定基準の一つである英語力を身につける語学学校に支払う費用となります。そのため日本で可能な限り英語力を伸ばした上で留学にチャレンジすることで留学費用の節約が可能となります。しかし、オーストラリアの正看護師協会が指定する英語力の認定基準は高く、IELTS7.0またはOET Bスコアなどオーストラリアの大学院に進学できるレベルの高い語学力が必要になります。日本で就労しながらライティングやスピーキングなどのアウトプットが必要な英語力を伸ばすには、オーストラリアに留学し英語の勉強に集中することも大切となります。正看護師として登録をする前にオーストラリアに長期間滞在して自分が将来永住する環境として適しているのかを語学留学中に判断するのも重要でしょう。英語力基準を満たした後は、EPICと呼ばれるオーストラリアの正看護師登録に必要なコースを履修しなければなりません。なぜならば、オーストラリアの正看護師協会が指定する教育基準に日本の教育システムがそのまま当てはまらないためです。約3ヶ月のEPICコースでオーストラリアの正看護師として働くための知識と実習をこなす必要があります。EPICコースの費用も看護留学費用として考えておく必要があります。

日本の大学卒業資格と正看護師資格を利用した看護留学費用

期間 費用
① 英語研修 1.5年間 約350万円
② 看護師登録ブリッジングプログラム (EPIC) 8~12週間 約120万~約200万円
③ 看護師資格取得
合計 約2年間 約470万~550万円

※費用には、学費、生活費、航空券、保険、ビザ申請諸費用などを含みます。

オーストラリアの看護大学編入で
資格を取るための看護留学費用

日本での最終学歴が専門・短大卒の場合や、永住権取得の可能性を高めたい方が挑戦するのがオーストラリアの大学(看護学部)への編入となります。留学費用は、まず大学が指定する英語基準を超えるための語学学習費用、次に大学の学費(1年〜2年)が必要となります。オーストラリアの大学に入学する場合は、看護師登録のブリッジングコース(EPIC)に通う必要がないため、ブリッジングコース費用はかかりません。オーストラリアの大学入学にあたり、大学提携の語学学校から直接大学に編入するコースが提供されています。大学の入学時期は年1回または2回しか設定がないため、IELTSなどのテストを受け大学に入学する予定を組むよりは、あらかじめ提携の語学学校から大学入学に必要な就学期間を算定してもらい留学する方法が一般的となります。オーストラリアの大学入学基準はIELTS6.5から7.0必要となりますので、約1年間は語学学校に通うことを目安としましょう。

看護大学編入からオーストラリア正看護師資格を取るための看護留学費用

期間 費用
① 英語研修 1年間 約300万円
② オーストラリアの大学(看護学部)費用 1~2年間 約300万円~500万円
③ 看護師資格取得
合計 約2年間~3年間 約600万円~800万円

※費用には、学費、生活費、航空券、保険、ビザ申請諸費用などを含みます。

未経験・未資格からの
オーストラリア看護留学費用

日本で正看護師資格をお持ちでない方や、10年以上前に看護師免許を取得された方は、オーストラリアの大学(看護学部)に1年次から入学する必要があります。オーストラリアの大学卒業にかかる3年分の学費が必要となります。※日本で看護学位以外を取得され卒業された場合は、大学によって1年分の単位が認められ2年に縮まる可能性もあります。オーストラリアの大学は3年制であり、日本大学で導入されている一般教養課程は高校3年生で行われています。そのため日本の高校を卒業されたばかりの方は、オーストラリアの大学に入学するために、ファンデーションコースに入学しなければならない可能性があり、ファンデーションコースの費用が別途必要となります。日本の短大や専門学校、大学をご卒業されている方はファンデーションコースに行く必要はありません。留学費用は、大学入学までにかかる語学学校費用と大学卒業するまでの学費(3年分)が必要となります。

未経験・未資格からのオーストラリア看護留学費用

期間 費用
① 英語研修 1年間 約300万円
② オーストラリアの大学(看護学部)費用 2~3年間 約500万円~800万円
③ 看護師資格取得
合計 約3年間~4年間 約800万円~1,100万円

※費用には、学費、生活費、航空券、保険、ビザ申請諸費用などを含みます。

看護師資格を最大限有効活用!
アシスタントナース有給インターンシップ

アシスタントナース有給インターンシップは、今までの看護師資格取得を目的とした看護留学と異なり、オーストラリアの病院や介護施設にて看護助手として働き、海外の医療現場を体感したり、医療現場で使う英語力を磨いたり、しっかり稼いで海外生活を謳歌したりすることを目的とした看護留学です。
中には、先述している看護師資格取得の足掛かりとする方もいらっしゃいます。

看護助手での月収平均は30万円程度のため、なかにはアシスタントナースとして働きながらお金をため、看護師資格取得にチャレンジする方もいらっしゃいます。大学在学中も看護助手として生活費を稼ぎながら生活することができれば、渡航前までに貯めなければならない費用も抑えられます。

看護師資格を最大限有効活用!アシスタントナース有給インターンシップの流れと費用

期間 費用
① 英語研修 11週間
② 看護専門コース(Certificate 3) 6~8週間
③ 看護助手として働く 最長6ヵ月
合計 1年~2年間 250万円
(ただし、看護助手としての総収入をプラスすると150万円程度)

※ワーキングホリデー制度を利用したプログラムのため、途中で季節労働を行い、セカンドワーホリを取得することもできます。その場合は、③ファーム ④看護助手として働く の流れになります。
※費用には、学費、生活費、航空券、保険、ビザ申請諸費用などを含みます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。上記の費用はあくまで、英語力初中級からスタートした場合の費用となります。よって、現在の英語力によってはより長い期間、また高い費用が必要となるケースもあります。逆に、すでに一定の英語力をお持ちの方の場合、留学期間はより短く、費用はより安く、目的を達成することもあります。
上記はあくまで一般的なケースを基とした概算となりますので、看護留学の費用についてより詳しく知りたいという方は留学カウンセリングをご利用くださいね。