看護留学は日本にいてはできないことができるいいチャンス

お名前小池 舞さん留学期間2016年4月~2017年3月
滞在都市シドニー/オーストラリアインターン先ナーシングホーム

1 看護インターンシップに参加されたきっかけや理由

アシスタントナース有給インターンシップに参加した理由は国際看護に興味があったので参加しようと思った。

2 出発前の英語力はどのくらいでしたか?また現在の英語力はどのくらいですか?

出発前は、全く勉強していなかったです。
現在は、なんとか仕事で話せる程度です。

3 具体的にどのような仕事をされていますか?

食事介助、シャワー介助、オムツ交換、トイレ介助など

4 日本とオーストラリアとで感じられた看護の違いを教えて下さい。

・患者を動かす際に、機材を使用すること。
・終了時間になったら定時で帰宅できること。
・ティーブレイク時間が多いこと。

5 看護インターンシップで働いた中で印象に残っていることを3つ程度あげてください。

・疲れていたときに、レジデント(利用者)の方から、優しい言葉をかけていただいたこと。
・自分が介助についたレジデント(利用者)の方から、一緒にいてくれてありがとうと声をかけていただいたこと。
・慣れない英語環境での職場勤務の際、スタッフが丁寧に対応してくれたこと。

6 実際にどのくらいの頻度・収入で働いていますか?

週4~5日程度、うち1回は夜勤があったり、なかったりで、$600~700/週です。

7 今後の目標を教えてください。

語学力の向上(レジデント(利用者)の話をもっと理解できるようになりたい)

8 これから飛び出される方へメッセージをお願いします。

オーストラリアにきて一番大きかったことは、なんでも相談できる友達ができたことです。
とっても支えになっているし、日本にいてはできないことができるいいチャンスとして考えていいと思います。