自分が日本人ということに誇りを持てるようになりました

お名前仲内 麻希 さん留学期間2013年9月~2015年9月
滞在都市シドニー/オーストラリアインターン先ナーシングホーム

1 看護インターンシップに参加されたきっかけや理由

海外旅行に行く度に、一度海外に長期で住みたいとずっと思っていた。日本での仕事も職場環境も好きだったが、生活環境を変えたいと思い、オーストラリアなら日本の臨床経験を生かせると思ったので、アシスタントナース有給インターンシップに参加することに決めました。

2 出発前の英語力はどのくらいでしたか?また現在の英語力はどのくらいですか?

出発前は勉強もほとんどしていなかったので、とてもゆっくり話してもらったりしないと言っていることも理解できませんでした。メールも辞書がないと全然できませんでした。
今は、レストランやお店での買い物などは、普通(一応)にできるようになりました。でも、それぞれのお国なまりの英語はまだ理解に苦しむことも多いです。

3 具体的にどのような仕事をされていますか?

患者さんや利用者さんの日常埼葛援助、病院の場合は検温も行っています。日本で行っていた全身状態の管理や与薬は行っていません。

4 日本とオーストラリアとで感じられた看護の違いを教えて下さい。

スタッフの身体的負担を考えており、移乗には必ずリフターを使用します。その他にも歩行介助の時にも何でもやらなきゃいけないわけではない。

5 看護インターンシップで働いた中で印象に残っていることを3つ程度あげてください。

– どの患者さんや利用者さんも何回もお礼を言ってくれる。
– モーニングやアフタヌーンでティタイムが何回もある。
– 施設や病院でお酒が出てくる(患者さん、利用者さんに)

6 実際にどのくらいの頻度・収入で働いていますか?

– 月~金 モーニング$24、アフタヌーン$27
– 土 月~金以上
– 日 土以上
– 週に30時間以上ちょいで$900程いきます

7 今後の目標を教えてください。

もっと英語力を伸ばして、英語が話せると胸を張れる様になりたい

8 これから飛び出される方へメッセージをお願いします。

日本を出ることはとても勇気のいることですが、一度出てしまえばまた新しい生活が始まり、出会いもたくさんあります。そして、自分が日本人ということに誇りを持てるようになりました。日本には飛行機に乗ればいつでも帰れます。でも海外で生活できるチャンスはそんなにたくさんあるわけではないので、短期間でも思い切って飛び出してみると、良い経験ができると思います。頑張ってください。