AUSで働くことで、日本の看護について考えなおすきっかけにもなりました。

お名前甲斐 由美香 さん留学期間2012年9月~2013年9月
滞在都市シドニー/オーストラリアインターン先ナーシングホーム

1 看護インターンシップに参加されたきっかけや理由

海外旅行が大好きで、英語にも興味を持っていました。
看護師の資格を活かしたことを海外でも・・・と思い、今回このインターンシップに参加しました。

2 出発前の英語力はどのくらいでしたか?また現在の英語力はどのくらいですか?

出発前は、自分の名前を言うだけでやっとでした。
今でも英語日はとても苦労していますが、ちょっとした日常会話は話せるようになったと思います。
レストランで注文ができるようになった。
友達と話していて、なかなか伝えたいことが伝えられず、悔しい思いもしています。

3 具体的にどのような仕事をされていますか?

・食事介助
・トイレ介助
・シャワー介助
・着替えの介助
・シェービング(ヒゲそり)
・ベッドメイキング
・バイタルサイン測定
・血糖測定
・Ptの見守り
・ナースコール当番

4 日本とオーストラリアとで感じられた看護の違いを教えて下さい。

・日本の看護師はオーストラリアの看護師に比べ、仕事量がとても多く、負担が大きいと感じた。
・多国籍のスタッフと一緒に働くことができる。

5 看護インターンシップで働いた中で印象に残っていることを3つ程度あげてください。

・患者さんやスタッフにアダ名で呼ばれ、アットホームに仕事をすることが出来たこと。
・英語でのコミュニケーションにとても苦戦(苦労)しました。
※時には、患者さんにABCD…の発音を15分間教わったことも…。→とても貴重な思い出です☆
・日本の看護がとても丁寧だと改めて感じた。

6 実際にどのくらいの頻度・収入で働いていますか?

モーニングシフト、アフタヌーンシフト、ナイトシフトで時給が異なります。
4-5/週働いて、$500~$700/週ぐらいです。

7 今後の目標を教えてください。

帰国してからも英語に携わる環境(病院やクリニック)で働きたいです。

8 これから飛び出される方へメッセージをお願いします。

看護インターンシップに決めるまで、日本での仕事や家族のことなどでたくさん悩みました。お金もたくさんかかるし…。
けれど、AUSに来て、たくさんの出会いと今まで経験したことのないことがたくさん出来ました。AUSで働くことで、日本の看護について考えなおすきっかけにもなりました。
行動することの大切さ、今しか出来ないことはたくさんあります。
私はここに来て、本当に良かったと感じています。