早めに準備することに越したことはないと思う。

お名前寺田 絵美 さん留学期間2012年9月~2013年9月
滞在都市シドニー/オーストラリアインターン先ナーシングホーム

1 看護インターンシップに参加されたきっかけや理由

学生時代にアメリカの病院に短期留学をして、色々なシステムの違いなど、面白い部分が多かったので、他の国の医療も見てみたいと思って参加した。
さらに、英語力を伸ばして海外旅行などに使いたかったので。

2 出発前の英語力はどのくらいでしたか?また現在の英語力はどのくらいですか?

出発前は何とかボディランゲージを使いつつだったのが、今は日常会話はなんとかなるようになってきた気がする。会話のみで意思疎通出来る程度。

3 具体的にどのような仕事をされていますか?

体交、おむつ交換、移乗、保清、食介、バイタル測定、尿測、など。
クリニックや歯医者への付き添い。

4 日本とオーストラリアとで感じられた看護の違いを教えて下さい。

(オーストラリアは)とにかくよくリフターを使っている。看護師が処方できる。
仕事に対するスタンス、時間内で終わることを大切にしている。

5 看護インターンシップで働いた中で印象に残っていることを3つ程度あげてください。

・急変でバタバタしている病棟で何とか働いたあと、職場の方たちに「良くできている」
と言ってもらえた。
・患者さんに「また来てね」と言ってもらえた。
・気難しい患者さんに初めの頃は”Get away”と言われたのが、話していく内に
「礼儀の正しい子だね」と落ち着いて聞いてくれるようになった。
・リフターを壊した。
・遅刻した。

6 実際にどのくらいの頻度・収入で働いていますか?

$20/hr × 8hrs を 4 days/week ほど

7 今後の目標を教えてください。

英語力を上げて、もっと今聞こうとしても流れている部分を理解できるようになる

8 これから飛び出される方へメッセージをお願いします。

オーストラリア(シドニー)は物価が高いので貯金をすること。
早めに準備することに越したことはないと思う。