Kayoko のすべての投稿

Kayoko

Kayoko

オーストラリア看護大学卒

日本で5年の臨床経験後、2011年にシドニーにWHで渡豪。シドニーで看護インターンをしながら2年を過ごし、2014年にウーロンゴン大学の看護科に進学、2015年12月に卒業。現在は就職活動&新たな目標に向け充実した毎日を過ごし中。

イタリア語‐オーストラリアの正看護師が教える語学学習方法


こんにちは。ご存知の方もいると思いますが6月にイタリア人のパートナーと結婚し新婚生活ただいま4か月。ただ今、来年に予定しているイタリア旅行に向けて勉強を始めました。そこで私が実践している勉強方法を紹介しようと思います。今回スピーキングにポイントをしぼりました。英語の勉強方法に悩んでいる人英語力は伸びなくて悩んている人ぜひ参考にしてください。
続きを読む イタリア語‐オーストラリアの正看護師が教える語学学習方法

キャンピングカー、ヨーロッパ1周の旅

image-02b3ef027b6c721f8ba84894c32c4c6accfd0c94d220e32c11b804f0d7f8b0e0-V
日本ではあまり見かけることのないキャンピングカー、ところがヨーロッパでは本当によく見かけます。実は、キャンピングカーでの旅は私の「BUKET LIST (バケット・リスト)死ぬまでにしたいことリスト」に入っていました。それは今回無事に叶ったというわけです!! 続きを読む キャンピングカー、ヨーロッパ1周の旅

祝☆オーストラリアの看護師資格取得!!!

IMG_0922-2jpg
お久しぶりのかよこです。この度無事に看護師免許登録が済んだのでご報告します☆
大学卒業して一安心と思いきや免許申請もなかなか手こずりました…

まず日本の厚生労働省に看護師免許の英文訳を直接AHPRAに送ってもらわないといけないのですがホームページで申請方法が見つからず国際電話するはめに…

申請用紙に記入して返信封筒を同封して厚生労働省に送るのですが私は日本にいないので封筒が買えない…

結局、母に郵便局に行ってもらい、海外速達用の封筒を買ってもらい、私がメールで送った英語バージョンのAHPRAの住所を書いてもらい、申し込み用紙と一緒に送ってもらいました。英語の苦手な母にはきっと一苦労だった事でしょう。感謝です。

そして私の方は免許申請用の申し込み用紙を記入して必要書類のコピーを揃えてAHPRA(Australia Health Practitioner Regulation Agency)のオフィスに直接提出に行きました、そこでもう一苦労… 続きを読む 祝☆オーストラリアの看護師資格取得!!!

海外留学5年の私が、イタリア人彼氏と日本に帰って気づいた日本と海外の違い5選

12696938_946150192141224_691993230202215664_o
お久しぶりです。嘉代子です。
今回1か月ほど日本に帰国しました。そのうち2週間は彼氏(イタリア人)と一緒に日本で過ごしました。大阪・京都・名古屋・静岡・東京・広島を旅行しその中で私や彼氏が感じた日本と海外との違いを少し紹介したいと思います。

日本人はしゃべりすぎ?!

レジで支払い中「袋はご入用でしょうか?」「暖かいものと冷たいものは別々の袋にいれますか?」「以上でよろしいでしょうか?」「〇〇円のお返しになります。」などなど挨拶のほかに確認事項が多くあります。海外では「Hi、How are you?」で始まり「Thank you」で終わる間の確認事項はほとんどありません。私の彼氏は「日本人はシャイなはずなのに店員さんはよくしゃべるんだね。」と感心していました。私はそれに慣れていたのでなんの違和感もありませんでしたが彼にとってはとても新鮮だったようです。 続きを読む 海外留学5年の私が、イタリア人彼氏と日本に帰って気づいた日本と海外の違い5選

あと試験2日分で海外看護学士の課程が終わるので、海外の大学生活を振り返ってみた。

お久しぶりです!!オーストラリア大学看護科卒業間近のかよこです!! 2年間、、、あっという間だったなぁ。。。先日大学生活最後の授業が終わり、あと2日(試験1日と実技テスト1日)で遂に終了です!! そこで今日は改めて大学生活を振り返りたいと思います。
Kayoko2 続きを読む あと試験2日分で海外看護学士の課程が終わるので、海外の大学生活を振り返ってみた。

採血するために資格取っちゃいました。

20150930_154800日本で看護師として働いていたときは毎朝の採血件数に一喜一憂していた事を覚えています。日本とオーストラリアの看護師の業務内容の大きな違いのひとつとして、必ず挙がることといえば、「オーストラリアでは看護師は採血をしません」ということです。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、オーストラリアでは業務が完全分業制になっています。具体的な例を挙げるならば、AIN(アシスタントナース)は清拭・バイタルサインのチェック・ベッドメイキングをして、Ward Man(力持ちの男性)は患者さんを検査に連れて行ったり、体位変換を手伝ってくれたりします。採血や検体採取は「病理検査アシスタント」の役割となり、各病棟を徘徊して行います。逆に言えば、たとえ看護師で採血がしたくても採血のCertificate(資格)がなければ採血はできないのです!たとえば、夜勤中でDrが採血のオーダーを出すと、病理検査アシスタントに連絡して来てもらう(いつ来るか分からない…)か、certificateを保持した看護師をみつけてお願いしなければなりません。「採血ができなければ看護師ではない!!(持論)」って事で、大学の冬休みを利用してその採血のCertificate (Certificate III in Pathology)を取りに行きました!今回はそのときの様子を紹介したいと思います。 続きを読む 採血するために資格取っちゃいました。

オーストラリアと日本での看護実習の違い

^CA37E184DC9EBF1EDF14EBAD69D99018B90B50753F29D6A3EC^pimgpsh_fullsize_distr初めまして。かよこです。ただ今、大学生活最後の看護実習中です。
オーストラリアでの看護実習はカリキュラム上で800時間と決まっていて、大学就学中のうち、約5ヶ月を実習時間に費やします。日本の看護実習は約1年なので、日本と比べると半分ぐらいで終わっちゃいます。実習内容も様々で、私は急性期、慢性期、老年看護、精神看護、訪問看護を経て、今はICUでの実習中です。
外国での実習経験を重ねたことで、オーストラリアと日本での看護実習の制度ややり方の違いを目の当たりにしました。特に私が感じた違いの部分を紹介したいと思います。 続きを読む オーストラリアと日本での看護実習の違い

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。