大学入学コース

高校を卒業して看護師を目指す方、キャリアチェンジをして看護師を目指したい方は現地のオーストラリア人と同じように進路を進んで頂く必要があります。 日本の高校卒業は、オーストラリアでの高校卒業よりも1年早いため、日本人は現地にて大学進学コース・もしくは専門学校に1年以上通った後、大学にて3年の課程を修了することが必要となります。

登録までのフローチャート

Flowchart

対象

  • 高校卒業以上の学歴があり、看護師としての経験がない方
  • 心身ともに健康で、学生ビザ申請の条件に適応する方
  • 日本ですでに看護師資格を取得しているが、看護専門学校もしくは大学の看護学部卒業後、長期間経過している場合、3年の課程を修了しなければならない場合もあります。

予算

  • 語学学校:$8,000/半年、$15,000/年 (左記は参考費用。学校・就学期間により大幅に異なります)
  • 専門学校・大学準備コース:$8,000~1,5000 (1年。学校により異なります)
  • 大学:$50,000~$68,000 (3年。学校により異なります)
  • 学生ビザ申請:$535 (2012年2月現在)
  • 学生ビザ保険:$30/月 (ビザ申請期間分必要です)
  • 永住権申請・相談料:$3,000~$6,000(移民法コンサルタントにより異なります)
  • 生活費:$800~1,500/月 (生活水準により大きく異なります)
  • 海外留学保険:1万円/月
  • 渡航費用(飛行機代):片道3万円~ (時期・航空会社により大幅に異なります)

※上記予算はすべて目安です。学校、期間などにより異なります。 ※1オーストラリアドル=85円(2012年2月現在)

メリット

英語判定試験結果提出の免除
2009年10月現在、大学に2年以上通うことで、英語力が免除されるのはNSW州とSA州です。従ってこの2州で大学進学をされるインターナショナルの看護師は少なくないです。
しかし大学を卒業して、英語力を免除してもらい、看護師として登録することができても、看護師として患者とコミュニケーションがとれなければ、看護師としての職務を全うすることはできません。現場で必要な英語力を大学で養いつつ、英語力免除はあくまでも英語力判定試験が取れなかったときの「メリット」として検討されることが看護師として成功される秘訣です。

オーストラリアで正看護師として実際に働くための時間と準備が可能。
また2010年7月1日をもってオーストラリアの看護協会が統一され、今までコンバージョンコースを修了するとNSW州とSA州では英語力判定試験結果が免除されておりましたが、大学を卒業しても、IELTS7.0またはOET ’B’以上のスコア提出がどの州でも義務付けられました。 しかしスコア取得の為には英語判定試験対策のみに時間を費やしたとしても2年程の時間を費やすことが多い為、学士と英語力、またその中でオーストラリアの看護を十分に学ぶことが出来るコースのメリットは多いと言えるでしょう。

デメリット

費用負担が多い
「就学期間が長くなる=費用が増える」という図式は変えられません。既に日本で正看護師になっている人に比べれば費用は増えてしまいますが、できるだけ追加費用が発生しないように、準備期間中に条件をクリアできるようにしましょう!

LINE@はじめました!!友だちになってね!

友だち追加数
気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。