「行きたい」と思ったら来た方がいい!|菊地 美宏さん

みひろさん

留学期間 2015年9月~2016年9月
滞在都市 シドニー/オーストラリア
参加プログラム 看護インターン
インターン先 ナーシングホーム

1.看護インターンシップに参加されたきっかけや理由

アシスタントナース有給インターンシップに参加した理由は、看護の経験を活かして働くことができ、給料が普通のワーキングホリデーよりも高いと聞き、参加しました。


2. 出発前の英語力はどのくらいでしたか?また現在の英語力はどのくらいですか?

出発前は名前が言える程度で、全然話すことができませんでした。
現在は、相手がいっていることはある程度理解でき、少しなら会話ができるようになりました。


3. 具体的にどのような仕事をされていますか?

アシスタントナース(看護助手)では利用者のシャワー介助、食事介助、ベッドメイキングなど基本的な生活介助を行っています。


4. 日本とオーストラリアとで感じられた看護の違いを教えて下さい。

・オーストラリアでは患者や利用者の移乗の際などにリフターを使う。
・残業がない。
・モーニングティーやアフタヌーンティーがある。
・休憩がしっかりとれる
などが日本とは違うと感じました。


5. 看護インターンシップで働いた中で印象に残っていることを3つ程度あげてください。

・利用者に「あなたが担当でよかった」とか「明日も来るの?」とか聞かれたときはすごくうれしかった。
・一緒に働くスタッフが名前を覚えてくれて仲良くなったり、また働こうといってもらえたりしたこと。
・一番最初のアフタヌーンの仕事のときに、認知症の方の介助になり、トイレ誘導にすごく時間がかかっていたら、一緒に働いていたパートナーに仕事が遅いとか早くしてと言われ、すごく嫌だと思うこともあった。

6. 実際にどのくらいの頻度・収入で働いていますか?

だいたい、週30時間前後働いて、800~900ドル/週もらっています。


7. 今後の目標を教えてください。

・英語力をもっと伸ばしていきたいのと共に、他の国にもたくさん行きたいと思います。

8. これから飛び出される方へメッセージをお願いします。

オーストラリアはすごく自然豊かで他国籍の人も多く、みんなフレンドリーでとても楽しいです。仕事も慣れてくると楽しくなるので、ぜひ、「行きたい」と思ったら来た方がよいです。
あと、英語力は本当に必要なので、少しでも時間を作って、英語の勉強はした方がよいです!!

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。