年間300人の看護師が参加する海外看護有給インターン

看護師限定の留学

海外で資格と経験を活かして
「有給」で働きながら英語力をUP‼

年間300人の看護師が参加!

無料

海外看護インターンシップ
プログラム説明会

看護師が選ぶ留学会社 顧客満足度 NO.1

2020年5月~7月 開催決定

  • 週に1回オンラインで開催!
  • オンライン説明会は
    全国から参加可能!
【お知らせ】新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う日本政府の方針発表をうけ7月末までの説明会は
スマートフォンやパソコンを介してご参加いただけるオンライン説明会へと変更いたしております。

英語も仕事も恋愛も!
看護師限定の特別な留学

「海外看護有給インターンシップ・プログラム」とは、年間300名もの看護師が参加する看護師限定の海外留学プログラムです。日本での正看護師資格と臨床経験(1年以上)を活かし、海外の看護の現場でお給料をもらいながら働くことができます。

海外看護有給インターン最大の魅力は、海外の看護の現場で実践的な英語力を身に付けつつ、収入を得ながら留学生活を満喫いただけること!!

看護インターン中の平均時給は$20以上*と、通常のワーホリで働くレストランバイトよりも高額なため、留学中の生活はもちろん、プラスアルファの旅行や勉強など、1度の留学でさまざまなことにチャレンジしていただけます。しかも、英語研修が盛り込まれた留学プログラムのため、英語初心者の方でも参加可能!

近年多くの看護師さんからご応募をいただく海外看護有給インターンシップは、出発1年前に満席となってしまうことも多く、せっかくお問合せいただいても、ご希望の渡航月へお申込みいただけない……ということもありました。

そこで!海外看護有給インターンシップの存在をぜひ知っていただきたく、2020年5月~7月は週に1回オンラインにて説明会を開催することが決定いたしました!

海外看護有給インターンシップ・プログラムと
プログラム説明会について

海外看護有給インターンシップ・
プログラム 特長

稼げる!学べる!世界が広がる!

看護師だけが見れる世界がある!
海外看護有給インターンではこんなことができる!

平均月収25~30万円!*
しっかり稼げるからこそ留学生活を
堪能できる!

海外看護有給インターンは、オーストラリアのワーキングホリデー制度を利用した留学プログラムです。

通常のワーキングホリデーの場合、日本食レストランや居酒屋などでのアルバイトが多く、月収も10万円~15万円程度です。10~15万円程度の収入では、日々の食費や家賃などの支払いで終わってしまい、外食や旅行、習い事などに使えるお金は残りません。

しかし、看護インターンの場合、平均月収は25~30万円*と高額なため、家賃や食費などの生活費を差し引いても十分の残るお金があるため、残ったお金で、外食や旅行、趣味などさまざまなことに挑戦、楽しむことができます。

* ワールドアベニュー調べ。月収を保証するプログラムではありません。

梶 亜紀子さん 2017年7月~2019年7月

働きながら貯金もできるので、貯めたお金で旅行も楽しみました!クリスマスクルーズでバヌアツ島やニューカレドニア、ウルル、ゴールドコースト、パース、ニュージーランドなども旅行しました。また、日本に一時帰国したついでに、上海とジャカルタにも足を延ばして観光してきました。

矢島美佳さん 2018年4月~2020年2月

週4~5日働き、土日は基本的に休む、というゆったりとした働き方をしていました。それでも、時給は$30と高かったため、1週間で6万円ほどは手取りでもらっていました。シェアハウスの家賃を含めても、月$1,300~1,400(約12~13万円)で生活できていたので、残りは貯金にまわし、旅行をするために使っていたりしました。

伊藤沙紀さん 2018年4月~2020年3月

1週間で4日間ほど働いているのですが、時給が高いので、手取り額は週7~8万円くらいかと思います。もちろん、残業はありません!シェアハウスに住みながら、自炊もしているので、1ヶ月間の生活費は10万円ほどで済みます。それ以外のお金は貯金をすることもできています。

短期集中で英語力をUP!
身に付けた英語は実践の場で
さらに向上!

一般社団法人 日本医師会(平成27年発表)によると、「外国人患者を受け入れたことあるか」という質問に受け入れたことが「ある」と回答した病院が78.6%に!オリンピックを迎える今年は160万人もの訪日客や労働者が病院に押しよせる可能性があるといわれています。実際に日々の業務のなかで英語の必要性を感じている看護師さんも多いのではないでしょか。

しかし、日々多忙を極める看護師の皆さんにとって、集中して英語を学ぶのは至難の業です。英語力不足が、日々の業務や今後のキャリア、留学への一歩の足かせになってはいませんか?

海外看護有給インターンでは、英語力初級の方でもご参加いただけるよう、日本人の看護師さんに向けて、日本人の特性に合わせた独自の英語学習カリキュラムを前半約3ヶ月間で受講いただきます。独自のカリキュラムを受講することで、英語力の初級の方でも、海外でアシスタントナースとして働けるレベルに短期間で達することができます。

さらに、英語研修後のCertificate Ⅲ Course(アシスタントナースとして働くために必要な資格を取得するためのコース)や実際の就労経験を通じて、看護の現場で活きる実践的な英語力を身に付けることができます。

看護インターンシップ参加者 参加当初英語力

英語力初級者45%

ワールドアベニュー調べ。参加者の英語力チェック集計結果

仕事や生活を介して世界中に
友達が!
運命の出会いも!?

海外看護有給インターンシップ・プログラムの舞台となるオーストラリア シドニーは世界140ヵ国以上の人々が集う世界有数の国際都市です。

普通のワーキングホリデーの場合、収入も少なく、英語環境で働ける方も少ないため、日本人同士のコミュニティで終始しがちです。
しかし、看護インターンでは、短期集中で英語力を伸ばした後、ネイティブと共に肩を並べて働くことができ、さらに英語力を伸ばすことができると共に、しっかりと収入もあるため、積極的に外出したり旅行したり、プラスアルファの趣味や勉強など、世界を広げることができます。

結果、国際都市シドニーでの豊かな生活を通じて、アジアやヨーロッパ、南米、北米と世界中から訪れる人々と出会い、つながり、共に暮らしたり、働いたりすることで、世界各国に友達ができたり、なかには国際結婚にいたる方もいらっしゃいます。


海外での正看護師資格取得や
国際協力活動
新たなキャリアに繋がった!

海外の看護師は日本の看護師と比べ、ポジションも給与も高く、さらに分業制が進んでいることから本来の看護師業務に集中できる、つまり、より専門性高く働くことができるといわれています。

さらに、年20日間程度の有給休暇に加え、家族ケアや病欠などの場合、有休とは別で休暇取得できるなど、超勤、残業が当たり前……という日本の看護師にとって、非常に働きやすい環境が整っています。

これらさまざまな理由から「海外で看護師として働いてみたい!」と思う方も多い一方、海外で働くために必要な英語力や学歴は非常に高く、足踏みしてしまう方が多いのが実状です。

看護インターンでは、看護師として働くために必要な英語力を伸ばすことができると共に、海外の看護の現場を体感することができ、実際に正看護師がどのように働いているのか?なども知ることができます。

看護インターンシップでは、オーストラリアの病院見学や正看護師との交流会を開催するなど、海外で看護師として働くうえで、判断基準となるような貴重な経験ができると共に、重要な情報を得る機会にあふれています。

また、看護インターンでの経験をステップに、JICAや国境なき医師団など、国際協力活動に参加される方も多くいらっしゃいます。

看護インターンは、国際協力活動参加時に求められる実践的且つ実用的な医療英語コミュニケーション力や、さまざまなバックグランドを持つ医療従事者との交流を経て、異文化理解能力を得ることができるためです。

海外看護有給インターンシップ・
プログラム

参加条件・出発月

参加条件

海外看護有給インターンはオーストラリアのワーキングホリデー制度を利用した留学プログラムであり、日本で正看護師資格と1年以上の臨床経験を有している方を対象としています。過去15年以上に渡り、素晴らしい参加者の方々の功績により、現地看護派遣会社や医療機関からの信頼もあり成り立っている留学プログラムのため、パーソナリティやスキルなどを証明するための書類提出なども必要です。なお英語力に下限は設けておりませんのでご安心くださいね!

海外看護有給インターンシップ・プログラム 参加条件

  • ・ 日本の正看護師資格を有していること。
  • ・ 正看護師としての臨床経験 (フルタイム)が1年以上あること。
  • ・ 現在22歳〜30歳までの方。(渡航時31歳になるのは問題ありません)
  • ・ オーストラリアのワーキングホリデービザを初めて取得する方
  • ・ ワールドアベニュー指定のプログラム参加書類を揃えることが可能な方
注意:参加条件を満たさない方の場合、説明会へのご参加はお断りさせていただくことがございます。ご了承くださいませ。

募集受付中の出発予定月

看護インターンシップはプログラムの性質上、出発月と各出発月の定員人数が定められています。

退職しやすい年度末後、毎年春 (4月~6月頃)とボーナス支給後の夏 (8月~ 9月頃)の出発は非常に人気の出発月となっており、毎年、募集開始直後、満席となってしまうほどです。

ぜひ当説明会にご参加いただき、渡航のタイミングを逃さないようにしましょう!

現在募集受付中の出発予定月

2020年8月募集中
2020年10月募集中
2021年1月募集中
2021年4月募集中
2021年6月募集中

説明会参加者限定特典

看護インターン参加者の
生の声を聞ける!

各回、看護インターン経験者が参加予定です。
実際に看護インターンを経験した看護師さんから、留学しようと思ったきっかけや、留学前の英語力、海外での生活情報、具体的な仕事の内容や収入のお話など、ネットにはない「リアルな情報」を聞いていただける貴重な機会です。


説明会詳細
会場・日時・スケジュール

看護インターンシップは、当社限定の留学プログラムです。インターネットで看護留学を検索しても、渡航前の書類作成から仕事紹介まで、トータルサポートを行っており、長年に渡る実績があるのは当社のみ!!

皆様からいただくさまざまなご質問
  • ・どうやって、短期間で海外の医療現場で働けるレベルの英語力を身に付けるの?
  • ・海外の医療現場で働くために必要な「資格」も取れるって本当?
  • ・「仕事紹介」までサポートできるのはなぜ?
  • ・なぜワールドアベニューでしかできないの?
  • ・どのくらいのお給料がもらえるの!?

など、看護インターンシップの不思議と魅力にとことん迫り、ワールドアベニューでしか参加できない看護インターンシップ・プログラムの全容を完全公開します。

説明会のスケジュール

開催時間:
4月・5月 14時~16時
6月・7月 15時~17時
参加方法:
オンライン(参加方法はご予約確定時にご案内いたします)
内容:
2時間プログラム説明
ゲストとのトークセッション
参加条件・出発月説明
説明会開催日:
オンライン開催の説明会は日本全国どちらにお住いの方でもご参加いただけます。
 

体験談

僕自身、「こんな良いプログラムはない」と思っています。

『看護 留学』で検索をかけて、調べていたところ、ワールドアベニューの看護留学を見つけ、「現場で働けるなら、英語力を伸ばせる!よし、参加しよう!」と思い、すぐに個別相談会の予約をしました。まず、担当カウンセラーが、明るく話しやすく、ウェルカムな感じであったため、雰囲気の良い会社だなと思いました。また、個別相談会で、直接プログラム内容を聞けたことやプログラムに参加中の方から話を聞く機会があったことで、より自分の留学に対するイメージが明確になり、すぐにプログラム参加することを決めました。

プログラムに参加することを決めて、すぐに始まるのが書類準備です。正直、かなり大変だったし、面倒でした(笑)。ワールドアベニューでは、必要書類を一つ一つしっかりチェックしてくれるので、「抜けがあるのでは…」という心配もなく、安心して書類原本を現地へ持参することができました。

僕が登録した派遣会社は、派遣先としてナーシングホームとプライベートホスピタルの両方を持っており、どちらも体験させてもらうことができました。驚いたのは、アシスタントナースの仕事内容です。病院で働くアシスタントナースは、入院案内・同意書をとる作業・バイタルチェック・血圧測定・体温測定・血糖測定なども行います。日本では、正看護師が行う仕事内容なので、びっくりしました。

働く場所は、日々異なりますが、病院は3~4箇所経験できました。
「日々、働く場所が異なるのは、大変」と、たまに聞きますが、僕はそう思いません。派遣される施設・病院によって、やり方や働いている人のバックグラウンドは異なり、患者さんの重症度も違うため、とにかく学びが多いです!固定シフトだと身動きが取りづらいですが、オンコールで仕事をもらうカジュアル契約だと、休みも融通がききやすいので、旅行もしやすかったです。

仕事は、週3~4日入っており、給与は、手取りで週600~700ドルほどもらっていました。僕が働いていた時期は、オンコールはほぼ毎日きていましたが、僕は調整をしながら働いていました。働いている人は、週で1,000ドルとかもらっていると思います。
仕事が減る時期があったり、電話がこない日もあったりすると思いますが、そういう時は、遊びに行ったらいいし、勉強したらいいと思います。時間の使い方は自分次第なので、「電話がなかった…今日どうしよう…」ではなく、「よし!出かけよう!勉強しよう!」と切り替えた方がいいです。

オーストラリアに来て、ダラダラ過ごすのも良くないので、一つでも目標を持ってきた方が、充実した留学生活を送れると思います。
僕は、看護インターンシップというプログラムに参加し、目標を持ってきて良かったです。バックグラウンドの違う看護師さん達との繋がりが持てて、色々な話を聞けたことも、プログラム参加して良かった点の1つです。

長い人生の1~2年位、自分のやりたいことに使った方がいい。
考えていても始まらないし、百聞は一見にしかず!!
まずは、やってみてください。