年間300人の看護師が参加する海外看護有給インターン

看護師限定の留学

海外で資格と経験を活かして
「有給」で働きながら英語力をUP‼

年間300人の看護師が参加!

無料

海外看護インターンシップ
プログラム説明会

看護師が選ぶ留学会社 顧客満足度 NO.1

2019年秋 各都市にて開催

  • 9月28日(土)

    札幌
  • 10月20日(日)

    名古屋
  • 10月27日(日)

    福岡
  • 11月9日(土)

    仙台
  • 11月23日(土)

    大阪

英語も仕事も恋愛も!
看護師限定の特別な留学

「海外看護有給インターンシップ・プログラム」とは、年間300名もの看護師が参加する看護師限定の海外留学プログラムです。日本での正看護師資格と臨床経験(1年以上)を活かし、海外の看護の現場でお給料をもらいながら働くことができます。

海外看護有給インターン最大の魅力は、海外の看護の現場で実践的な英語力を身に付けつつ、収入を得ながら留学生活を満喫いただけること!!

看護インターン中の平均月収は30万円*と高額なため、留学中の生活はもちろん、プラスアルファの旅行や勉強など、1度の留学でさまざまなことにチャレンジしていただけます。しかも、英語研修が盛り込まれた留学プログラムのため、英語初心者の方でも参加可能!

近年多くの看護師さんからご応募をいただく海外看護有給インターンシップは、出発1年前に満席となってしまうことも多く、せっかくお問合せいただいても、ご希望の渡航月へお申込みいただけない……ということもありました。

そこで!2020年10月出発枠が決定したこの時期に、海外看護有給インターンシップの存在をぜひ知っていただきたく、2019年9月・10月・11月、札幌・名古屋・福岡・仙台・大阪にて説明会開催が決定しました!

海外看護有給インターンシップ・プログラムと
プログラム説明会について

海外看護有給インターンシップ・プログラム 特長
稼げる!学べる!世界が広がる!

看護師だけが見れる世界がある!
海外看護有給インターンではこんなことができる!

平均月収30~40万円!*
しっかり稼げるからこそ留学生活を堪能できる!

海外看護有給インターンは、オーストラリアのワーキングホリデー制度を利用した留学プログラムです。

通常のワーキングホリデーの場合、日本食レストランや居酒屋などでのアルバイトが多く、月収も10万円~15万円程度です。10~15万円程度の収入では、日々の食費や家賃などの支払いで終わってしまい、外食や旅行、習い事などに使えるお金は残りません。

しかし、看護インターンの場合、平均月収は30~40万円*と高額なため、家賃や食費などの生活費を差し引いても十分の残るお金があるため、残ったお金で、外食や旅行、趣味などさまざまなことに挑戦、楽しむことができます。

* ワールドアベニュー調べ。月収を保証するプログラムではありません。

看護インターンシップ参加者 給与明細
実際の給与明細をチェック!

時給$25~45(2,250円~4,050円)
×週40時間(1日8時間×5日間)
×4週間
×85%(税金が15%あるため)
平均 $3,400~(約30万円~)/月

短期集中で英語力をUP!
身に付けた英語は実践の場でさらに向上!

一般社団法人 日本医師会(平成27年発表)によると、「外国人患者を受け入れたことあるか」という質問に受け入れたことが「ある」と回答した病院が78.6%に達するなど、外国人観光客や労働者が増えるなか、病院や施設を訪れる外国人患者数も年々増加しています。
日々の業務のなかで英語の必要性を感じている看護師さんも多いのではないでしょか。しかし、日々多忙を極める看護師の皆さんにとって、集中して英語を学ぶのは至難の業です。

海外看護有給インターンでは、プログラムの前半約3ヵ月間を英語学習期間にあてており、短期集中で英語を学ぶことができます。短期間ではあるものの、日本人が特に苦手とするスピーキング、リスニング、そして発音矯正に注力した特殊な英語学習方法で1日6レッスン(1レッスン45分)、集中的に学ぶことで、初心者の方でも、看護インターンに参加できるレベルに達することができます。

さらに、英語研修後のCertificate Ⅲ Course(アシスタントナースとして働くために必要な資格を取得するためのコース)参加や病院や施設での実際の就労のなかで、実践的な看護の現場で活きる英語力を身に付けることができます。

看護インターンシップ参加者 参加当初英語力

英語力初級者45%

ワールドアベニュー調べ。参加者の英語力チェック集計結果

仕事や生活を介して世界中に友達が!
運命の出会いも!?

海外看護有給インターンシップ・プログラムの舞台となるオーストラリア シドニーは世界140ヵ国以上の人々が集う世界有数の国際都市です。

普通のワーキングホリデーの場合、収入も少なく、英語環境で働ける方も少ないため、日本人同士のコミュニティで終始しがちです。
しかし、看護インターンでは、短期集中で英語力を伸ばした後、ネイティブと共に肩を並べて働くことができ、さらに英語力を伸ばすことができると共に、しっかりと収入もあるため、積極的に外出したり旅行したり、プラスアルファの趣味や勉強など、世界を広げることができます。

結果、国際都市シドニーでの豊かな生活を通じて、アジアやヨーロッパ、南米、北米と世界中から訪れる人々と出会い、つながり、共に暮らしたり、働いたりすることで、世界各国に友達ができたり、なかには国際結婚にいたる方もいらっしゃいます。


海外での正看護師資格取得や国際協力活動
新たなキャリアに繋がった!

海外の看護師は日本の看護師と比べ、ポジションも給与も高く、さらに分業制が進んでいることから本来の看護師業務に集中できる、つまり、より専門性高く働くことができるといわれています。

さらに、年20日間程度の有給休暇に加え、家族ケアや病欠などの場合、有休とは別で休暇取得できるなど、超勤、残業が当たり前……という日本の看護師にとって、非常に働きやすい環境が整っています。

これらさまざまな理由から「海外で看護師として働いてみたい!」と思う方も多い一方、海外で働くために必要な英語力や学歴は非常に高く、足踏みしてしまう方が多いのが実状です。

看護インターンでは、看護師として働くために必要な英語力を伸ばすことができると共に、海外の看護の現場を体感することができ、実際に正看護師がどのように働いているのか?なども知ることができます。

看護インターンシップでは、オーストラリアの病院見学や正看護師との交流会を開催するなど、海外で看護師として働くうえで、判断基準となるような貴重な経験ができると共に、重要な情報を得る機会にあふれています。

また、看護インターンでの経験をステップに、JICAや国境なき医師団など、国際協力活動に参加される方も多くいらっしゃいます。

看護インターンは、国際協力活動参加時に求められる実践的且つ実用的な医療英語コミュニケーション力や、さまざまなバックグランドを持つ医療従事者との交流を経て、異文化理解能力を得ることができるためです。

海外看護有給インターンシップ・プログラム
参加条件・出発月

参加条件

海外看護有給インターンはオーストラリアのワーキングホリデー制度を利用した留学プログラムであり、日本で正看護師資格と1年以上の臨床経験を有している方を対象としています。過去15年以上に渡り、素晴らしい参加者の方々の功績により、現地看護派遣会社や医療機関からの信頼もあり成り立っている留学プログラムのため、パーソナリティやスキルなどを証明するための書類提出なども必要です。なお英語力に下限は設けておりませんのでご安心くださいね!

海外看護有給インターンシップ・プログラム 参加条件

  • ・ 日本の正看護師資格を有していること。
  • ・ 正看護師としての臨床経験 (フルタイム)が1年以上あること。
  • ・ 現在22歳〜30歳までの方。(渡航時31歳になるのは問題ありません)
  • ・ オーストラリアのワーキングホリデービザを初めて取得する方
  • ・ ワールドアベニュー指定のプログラム参加書類を揃えることが可能な方
注意:参加条件を満たさない方の場合、説明会へのご参加はお断りさせていただくことがございます。ご了承くださいませ。

募集受付中の出発予定月

看護インターンシップはプログラムの性質上、出発月と各出発月の定員人数が定められています。

退職しやすい年度末後、毎年春 (4月~6月頃)とボーナス支給後の夏 (8月~ 9月頃)の出発は非常に人気の出発月となっており、毎年、募集開始直後、満席となってしまうほどです。

ぜひ当説明会にご参加いただき、渡航のタイミングを逃さないようにしましょう!

現在募集受付中の出発予定月

2020年1月募集中
2020年4月満席
2020年5月満席
2020年6月募集中
2020年8月募集中
2020年10月募集開始

説明会参加者限定特典

看護インターン参加者の生の声を聞ける!

各都市、看護インターン経験者が参加予定です。
実際に看護インターンを経験した看護師さんから、留学しようと思ったきっかけや、留学前の英語力、海外での生活情報、具体的な仕事の内容や収入のお話など、ネットにはない「リアルな情報」を聞いていただける貴重な機会です。


説明会限定 割引あり!

説明会参加者限定で、留学代金一部割引あり!
以前から興味があった…という方はぜひ、積極的に参加、ご利用ください!


説明会限定
看護留学情報冊子 無料配布!

説明会では普段の資料請求でご案内している看護留学デジタルパンフレットとは別に、説明会限定で最新の体験談やその他情報を盛り込んだ【特別版】看護留学冊子を配布予定です。

説明会詳細
会場・日時・スケジュール

看護インターンシップは、当社限定の留学プログラムです。インターネットで看護留学を検索しても、「仕事紹介までやります」と明確に言い切っているのは当社のみ!!

皆様からいただくさまざまなご質問
  • ・どうやって、短期間で海外の医療現場で働けるレベルの英語力を身に付けるの?
  • ・海外の医療現場で働くために必要な「資格」も取れるって本当?
  • ・「仕事紹介」までサポートできるのはなぜ?
  • ・なぜワールドアベニューでしかできないの?
  • ・月々手取り30~40万円って本当?! 

など、看護インターンシップの不思議と魅力にとことん迫り、ワールドアベニューでしか参加できない看護インターンシップ・プログラムの全容を完全公開します。

説明会のスケジュール

1.5時間プログラム説明
ゲストとのトークセッション
見積・書類説明
1-2時間留学カウンセラー、ゲストスピーカーとのフリートークセッション

札幌開催

日付:
9月28日(土)
開催時間:
14時~17時
会場:
TKP札幌駅南口カンファレンスセンター ミーティングルーム3A
住所:
〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西3丁目1番地 札幌駅前合同ビル
アクセス方法:
札幌市営南北線 さっぽろ駅 地下直結 徒歩0分
詳細:https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-sapporoeki-minamiguchi/access/

名古屋開催

日付:
10月20日(日)
開催時間:
14時~17時
会場:
ウインク愛知 1205
住所:
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
アクセス方法:
JR名古屋駅桜通口から徒歩5分 詳細:https://www.winc-aichi.jp/access/

福岡開催

日付:
10月27日(日)
開催時間:
14時~17時
会場:
エルガーラホール会議室2
住所:
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1丁目4番地2号
アクセス方法:
西鉄福岡(天神)駅から徒歩3分 詳細:http://www.elgalahall.co.jp/access/

仙台開催

日付:
11月9日(土)
開催時間:
14時~17時
会場:
仙台駅前貸会議室 9F Cホール
住所:
〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央1丁目10番1号
アクセス方法:
JR仙台駅から徒歩1分 詳細:https://www.sendai-kaigishitsu.net/access/

大阪開催

日付:
11月23日(土)
開催時間:
14時~17時
会場:
梅田阪急ビルオフィスタワー26階2号室・3号室
住所:
〒530-0017 大阪市北区角田町8番1号
アクセス方法:
JR大阪駅(御堂筋南口)より徒歩約5分 詳細:https://www.hhbm.hankyu-hanshin.co.jp/meeting/umeda-hankyu/access.html

体験談

チャレンジすることに意味があると思わせてくれた看護留学

私はいま、ナーシングホームで働いており、主な仕事内容は施設の利用者さんの日常生活ケアです。10月~11月の時期は仕事も多く、ほぼ毎日派遣会社から電話があります。最初の1ヶ月間は、オンコールの仕事に慣れるのが大変でしたが、今はそれにも慣れ、入ってくる仕事は基本的に全部取っています!先日は、1週間で70時間働いて、手取りで約18万円もらいました。普通に働いていても、週9~10万円はもらっているので、働きはじめてからの約2ヶ月間で80万円ほど貯まりました!

ただ、働いていると大変なこともあり…利用者さんの英語を聞き取れず対応できなかったときは申し訳ない気持ちになるし、認知症で英語を忘れて母国語で話す方もいらっしゃるので要望を読み取るのに必死です。その反面、嬉しいこともあります。日本人はケアが丁寧で礼儀正しくしっかりと働くので、利用者さんにも一緒に働く医療従事者にも気に入られることが多く、「また一緒に働けるのを楽しみにしているね!」などと言われると、「認めてもらえている!」と嬉しくなります。また、利用者さんも感謝の気持ちをきちんと表現してくれ、キスやハグをしてくれたり、”nice girl”と声かけてくれたりするので、「この仕事をしていて良かった」と素直に思えます。

実際に働いている中で感じたオーストラリアと日本の違いはいくつかありますが、全体を通して言えるのは「ルールに従うだけの働き方・ケアはしない」という点です。オーストラリアでは、利用者さんの気持ちや生活スタイルを尊重する考え方を持っているため、消灯の時間や食事の時間なども個々人に合わせて調整しています。日本のように、「22時になったら消灯!夕飯は19時!」など、ルールには縛られていません。食事に関しても、日本ではできるだけヘルシーな食事を提供していますが、オーストラリアではグレイビーソースのかかったこってりした食事も提供されています。ルーティンワークではなく楽しみながら食事をするための工夫がされているのだなと思いました。なぜ、このように利用者さんの気持ちを尊重し「ルールに従うだけの働き方・ケアはしない」ということが徹底されているのかというと、オーストラリアでは自分の家を売却してナーシングホームに移り住んでいる方が多いからだと思います。ナーシングホームが自分の家なので、各々の部屋や生活スタイルにこだわりを持つのは当たり前であり、それに従ってケアをしてほしいという思いは汲み取る必要があります。皆さんも、急に自分の家に知らないひとが入ってきて、勝手にアレコレされて、家のルールを壊されるのは嫌ですよね?それと同じです。訪問看護をしているようなものだと思っていただけたら良いと思います。

留学を決める前は色々な壁が立ちはだかっていましたが、今はとても幸せです。

私は、看護留学をしたことで視野が大きく広がりました。 チャレンジをして失敗したら学びもあるし後悔もしないけれど、チャレンジをしなかったら学びもないし後悔もすると思います。
自分の人生の後悔は、誰もカバーしてくれません。迷っているなら1歩踏み出して、まずは挑戦してほしいです。 行ってだめなら帰ってきたらいい。一度きりの人生を、是非大切にしてください。