アシスタントナース有給インターンシップのデメリット


英語力初級からでも参加でき短期間で英語力を伸ばせて、オーストラリアの医療や看護の現場で「有給」で働くことができるアシスタントナース有給インターンシップは、看護師限定のワーキングホリデーとしてワールドアベニューでも大人気です。デメリットは?と聞かれると困ってしまうくらい、メリットの多い留学プランではありますが、今回はあえて挙げるとするとどんなデメリットがあるのか考えてみました。

アシスタントナース有給インターンシップのデメリット

アシスタントナース有給インターンシップのデメリットは、大きく2つかと思います。
1.頑張らなければいけない
2.普通のワーキングホリデーよりも事前投資がやや高め

1.頑張らなければいけない

アシスタントナース有給インターンシップ・プログラムには語学研修が組み込まれ、インターンシップ開始までに現地の病院や施設で働くために必要な英語力を伸ばすことができます。しかしアシスタントナース有給インターンシップ・プログラム参加者の約8割が参加当初の英語力は初中級レベルです。よって、渡航後の4~5ヵ月間は、英語力の向上、そしてオーストラリアで看護助手として働くために必要な資格取得コースを修了するため、頑張って勉強しなければいけません。

厳しい学生生活時代を乗り越え、周囲の大学生が遊んでいるときに一生懸命国家試験の勉強に勤しみ、やっと国家資格を取得したと思ったら、諸先輩方から日々の厳しい指導……。残業超勤当たり前、激動の1年目を過ごして……。そんな風に頑張ってこられた看護師の方のなかには、「頑張るの疲れた――――」という方もいらっしゃると思います。

リフレッシュを第一の目標・目的としている方にとって、「頑張らなければいけない」留学プログラムアシスタントナース有給インターンシップのプログラムは、もしかすると頑張った先に得るものの大きさはわかっているものの、一つのデメリットなのかもしれません。

2.普通のワーキングホリデーよりも事前投資がやや高め

ワーキングホリデーは自由に海外生活を体験できる制度です。
例えば、アシスタントナース有給インターンシップが開催されているオーストラリアの場合、最長4ヵ月間、語学研修ができ、1雇用主のもとで最長6ヵ月間(雇用主を変えれば、再度6ヵ月間)働くことができます。勉強することも働くことも、必須ではなく、何をしていても「自由」なんです。
従って極端な例えですが、ワーキングホリデービザだけとって、何も決めずに、航空券だけ握りしめ、オーストラリアにとび、行き当たりばったりのバッパー生活を送り、語学学校にも通わず、日本食レストランでのキッチンバイトを始めてなんとか生計を立て、1年過ごす…… なんてこともできてしまいます。このワーキングホリデープランに要する費用は切りつめれば30万円ですむ可能性もあります。(もちろん、こんなワーホリして何になるんだ…と考えると、得るものは何もないように思うので、おすすめはしませんが…)

上記は極端な例ですが、1~2ヵ月語学学校に通い留学生の友達を作り日本食レストランでアルバイト…という1年間であれば、渡航後の2~3ヵ月分の生活費用を見ても100~150万円程度あればなんとかなるでしょう。
対して、アシスタントナース有給インターンシップの場合、語学研修費用やアシスタントナースとして働くために必要な資格取得などにかかる費用が150~160万円程度かかります。航空券や保険、ビザ申請諸費用、渡航後数ヶ月間分の生活費を含めると、合計250万円程度の予算をみておいていただくことをおすすめしています。
普通のワーキングホリデープラス100万円の事前投資をデメリットと感じる方はいらっしゃるかもしれません。

ちょっと待って!それって本当にデメリット?


さて、お話してきたアシスタントナース有給インターンシップのデメリット2点ですが、これは本当にデメリットなのでしょうか。

1.頑張らなければいけない

留学したい!と思われたからには何かしらの理由や目標、目的があると思います。
もちろん、忙殺的な日本での生活を離れ、リフレッシュしたいという思いやのんびりしたいという気持ちを持っている方もいらっしゃると思います。ただ、リフレッシュだけが目的であれば、留学ではなく旅行でよいのではないでしょうか。

留学とは異国の地で言語や専門的な知識や技術を学ぶための制度です。したがって、本来の留学の目的を考えると、アシスタントナース有給インターンシップ・プログラムに関わらず、語学留学でもワーキングホリデーでも、「頑張らなければいけない」瞬間があるのは、変わりません。

どうせ頑張るなら、その先の「得るもの」が多い方がよいと思いませんか?
ワーキングホリデーでも、語学留学でも、頑張って英語力を伸ばすことができれば、その国の文化や習慣を体感したり、他国の人々と交流を持ち、さまざまな価値観に触れたりすることはできます。しかし、普通の語学留学やワーキングホリデーでは、看護師の資格や経験を活かした経験を積むことはなかなかできません。また日本での看護師としてのキャリアを活かしてお金を稼ぎながら、海外生活を謳歌することもできません。

普通のワーホリの場合、収入は、月10~15万円程度です。なんとか生活はできますが、少し贅沢したり旅行したりとなると、現地で得られる収入だけでは賄いきれず、貯金を崩すか、我慢する以外方法がありません。
しかし、海外看護有給インターンシップなら、月々の手取りは平均30万円と高額です。これだけあれば、普通に生活しながら、ちょっとした外食などの贅沢や旅行などを楽しむこともできるでしょう。

留学する以上「頑張る」瞬間は必ずあります。せっかく頑張るなら、頑張った先に得られるものが多い方がいい!そう考えると、語学研修や看護助手として働くために必要な資格取得コースでの勉強も、頑張らないといけいないものの、決してデメリットではないかもしれないですね。

2.普通のワーキングホリデーよりも事前投資がやや高め

前述したように、アシスタントナース有給インターンシップ・プログラムの場合、英語の勉強や看護助手として働くために必要な資格取得に必要な専門コースにかかる費用など、普通のワーキングホリデーと比べて学費や渡航直後の生活費などやや余裕をもって見ていただく必要があります。

しかし、投資した分、その後得られる経験も収入も普通のワーキングホリデーとは大きく異なります。
例えば、オーストラリアの飲食店でアルバイトした場合、最低基本時給は18ドル程度です。
フルタイムで働いても、税金を差し引かれると、手取り10~15万円程度です。
家賃、ネット代、携帯代、食費など生活費を差し引くと、手元にはわずかなお小遣いしか残りません。
対して、アシスタントナースの場合、最低でも時給は20ドル以上で、土日・祝日や夜の勤務となると、50ドル、60ドルと高額な時給で働くことができます。結果、週2~3回程度の就労でも手取り20万円程度、稼ぐことができますし、フルタイムで働けば、月30~40万円程度稼ぐこともできます。

生活費を差しひいたとしても十分に生活を楽しむだけの余裕があります。
中には半年間働いて100万円以上貯めたという方もいらっしゃるくらいです。

100万円といえば、普通のワーホリで渡航した場合とアシスタントナース有給インターンシップのプログラムで渡航した場合の先行投資の差額ですよね?
事前投資は普通のワーホリよりもやや高めではあるものの、海外で看護関係の経験もできて、且つ収入も得られるとなると、デメリットなのかは難しいところですね。

捉え方は人それぞれだと思います。
ただ、せっかく貴重な時間とお金を使って踏み出す留学なのであれば実りのある留学にしたい!そう考えている方にとっては、有意義な留学なのでは?と思います。

皆さんは、どう思われますか?
詳しいプログラムのスケジュールや費用などは、お気軽にお問合せくださいね。

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。