【お知らせ】アシスタントナース有給インターンシップ・プログラム 2018年9月出発開催決定しました!


待望の2018年9月出発 開催決定のお知らせからわずか3週間。定員枠がゾクゾクと埋まってきています!
2018年9月出発開催の決定が公開されたことを知らなかった!!という方から本日、「もっと派手に公開したことの告知をお願いします!!」とお声をいただきましたので、あらためて、お知らせします。

2018年度 待望の9月出発、開催決定しましたーー!!

▼現在応募中の出発月

アシスタントナース有給インターンシップは通常、1月、4月、5月、7月、9月、11月を出発月として設けています。各出発月には定員枠が設けられ、定員が埋まり次第、募集を終了させていただいております。ご了承ください。

注意:上記はあくまで過去の出発月を参考といたしております。2018年11月以降の出発月は現時点で発表されておらず、プログラム開催有無はわかりかねます。アシスタントナース有給インターンシップでのご渡航をお考えの方は、2018年9月までのご出発にてお考えいただくことを強くお勧めします。

看護師の皆さんの多くは、年度末退職が一般的ですよね。すると、退職後直近の出発月である4月、5月の出発は、相当な人気で、毎年渡航1年前には満席になってしまうほどです。実は今回も2018年4月、5月は2017年5月13日に開催した海外看護有給インターンシップ説明会にて、お蔭様をもちまして満席。受付を終了いたしておりました。

今月、2018年9月出発開催の決定が発表されるまで、2018年の出発は1月と7月のみとなっており、この2つの出発月でご出発が難しい方は、なんとももどかしい思いでいらっしゃったと思います。ようやく開催が決定されましたので「待ってました!!」という方は、お早目にご連絡ください!

さて、今回は改めて9月出発の魅力を説明したいと思います。

アシスタントナース有給インターンシップ 9月出発の魅力

1.1年プランでも2年プランでも最高の時間を過ごすことができる!
2.帰国後、就活にもよい。

1.1年プランでも2年プランでも最高の時間を過ごすことができる!

アシスタントナース有給インターンシップの出発月は4月、5月が不動の人気を誇ります。しかし、先述したように看護留学カウンセラーとしてお勧めの渡航時期は、別の月だったりするんです!!

お勧め度No.1は、1月出発です。
そのお勧め度合は、1月出発されたお客様から「1月出発ごり押ししてください!」と熱いメッセージをいただくほどです。

アシスタントナース有給インターンシップには、出発月が年に何度かあります。
3月末が最も退職しやすい時期だからか、4月、5月の出発者が最も多いと聞きます。が、私は、1月出発がダントツお勧めです!!

オーストラリアは南半球にあるので、日本と季節が逆です。
アシスタントナースの仕事は冬の時期にかけて求人数が増えるのですが、1月出発で行くと、真夏のとてもいい時期にオーストラリアを楽しみながら、英語を勉強できます。そして、語学研修とCertificateが修了する秋から冬にかけて(5月、6月頃からの6ヵ月間)仕事をします。旅行を楽しんで帰国する時期は11月から1月でまた真夏のシーズンなので、もう最高です。
参照:120%楽しんだ看護留学|須貝 友紀さん

そして、お勧め度No.2が、今回開催発表された9月です。
アシスタントナース有給インターンシップはオーストラリアのワーキングホリデー制度を利用した留学プログラムです。したがって、多くの方が3つの渡航期間を考えます。
① 1年間で帰国する
② 2年間、渡航する
③ ひとまず1年で渡航して、2年滞在するかどうかは行ってみて考える

9月の出発は、上記すべてのパターンでも柔軟かつスムーズに対応できます。

▼9月出発した場合の1年プラン

オーストラリアは南半球のため、季節は日本と真逆です。
アシスタントナースの求人は、真夏の時期に少なく冬の時期に最も多くなります。9月にご出発いただいた場合、ちょうど春に到着しアシスタントナースの仕事が少ない夏の時期はシドニーを楽しみながら勉強に勤しみ、仕事が増えてくる秋から冬にかけてしっかりと働き、再度訪れる春、また北半球の夏から秋にかけてを旅行で楽しみ帰国することができます。

▼9月出発した場合の2年プラン

9月出発はセカンドワーキングホリデーを利用し、2年間渡航する場合も、お勧めです。
アシスタントナースの仕事が少ない時期は、農場(ファーム)での仕事が増える時期です。且つ、真冬や真夏は農作業がより過酷になります。したがってファームのお勧め時期は、春と秋。9月出発の場合、ファームの仕事をまさに秋のベストシーズンに迎え撃つことができるのです。
ファームを終えてシドニーに戻る冬は求人数も少しずつ増え、しっかり稼いでお金も貯まってくる時期に仕事の少ない夏が到来。アシスタントナースの仕事が少ない夏はホリデーを取って旅行を楽しんだら、秋はシドニーに戻って仕事。あとはのんびり働きながら好きなことを過ごして、やり残したことがないようにやりたいことをやりつくし、日本に帰国することができます。

2.帰国後、就活にもよい。

9月出発の方は、翌年、または翌々年の9月~10月に帰国します。
新年度間際で帰国すると、就活は切羽詰まった状態ですることになってしまいますが、4月の新年度までちょうど約半年間ある状態で帰国できると就活にも余裕を持てます。

アシスタントナース有給インターンを介して、視野も広がり、英語力も身に付き、病棟勤務以外の仕事にも興味関心を持たれる方は多く、余裕を持った就活で自らのキャリアを見直していただくことができるでしょう。

9月出発された方々の体験談
いつも誰かが支えてくれた。貴重な経験と出会い溢れる看護留学だった|体験談-高橋 侑子さん

将来は、看護師として国際協力活動に挑戦したい|都田 将さん

人生の思い出に残る看護留学でした。|斉藤 季枝さん

ゾクゾクと定員が埋まる9月出発を含め、2018年度出発者対象の海外有給看護インターンシップ・プログラム説明会、11月4日(日曜)東京 秋葉原のUDXにて開催予定です。説明会は二部制となっておりますが、すでに午前の部は満席状態。午後の部ならまだ空席があるので、ご興味をお持ちの方はお気軽にご参加くださいね!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
当説明会は11月4日を持ちまして終了いたしました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました!

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。