2012年2月第一回看護留学セミナー

みなさん、こんにちは!

今月はバレンタインですね!渡そうと思っている方、もらおうと思っている方それぞれだと思います。日本では「バレンタイン」=「女性が男性にプレゼントする日」ですが、海外ではその逆です。女性の方は是非楽しみにしていて下さいね。男性の方は…是非頑張りましょう!(笑)

看護留学セミナー 東京オフィス

さて、そんなバレンタインを目前に控えた2月11日、本日の看護留学セミナーを開催。今回は珍しく、月に2回の開催!しかも土曜日の開催ということで普段はなかなかお越し頂くことが難しいOPE室の方などにも、お越し頂きました。

本日のゲストは、高杉洋子さん(以下、Y)と、高橋亜紀(以下、A)さん。

看護留学セミナー シドニーオフィス

お二人は、看護インターンシップにて、留学期間2011年4月より渡航。州公立病院と、ナーシングホーム勤務経験をお持ちです。先日は、お仕事の求人数が少し少ないシーズンを利用して、世界で一番ピュアな島と言われるタスマニアと、テニス全豪オープンが開催されたメルボルンをご旅行されるなど、インターンシップ以外にも様々なご経験をされていらっしゃいます。

まずは、自己紹介からして頂きました!

A:私は、日本で助産師をしていました。臨床を5年ほど積んだときに、仕事に一区切り!という節目と、病院がカトリック系の病院で、時々外国の方なども来られることもあり、英語力を伸ばしたいという思いで海外に行ってみたいという思いが、重なったことを受け、ワーキングホリデーを検討するようになったことがきっかけで、ワールドアベニューの看護インターンシップに参加しました。

Y:実は、高校時代から、ずっと行きたい!と考えていて、当時は大学進学を海外に…と考えたことがあったくらいでした。しかし両親の心配もあり、当時は踏み出すに至りませんでしたが、就職して3年、お金を貯め、本当は看護師資格取得にチャレンジしたかったのですが、貯金が追いつかず、まずはインターンで渡航することに決めました。

洋子さんの体験談はこちらから

亜紀さんの体験談はこちらから

続く・・・

▼バレンタイン使用の看護留学セミナー資料❤

看護留学セミナー資料

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。