黒澤 由香 さん

Yuka Kurosawa

留学期間 2012年3月~2013年3月
滞在都市 シドニー/オーストラリア
参加プログラム 看護インターン
インターン先 ナーシングホーム



1.看護インターンシップに参加されたきっかけや理由

きっかけは看護師を退職した時に終末期の患者さんから「あなたに出逢えてよかった。」と言われたことです。元々は普通のワーホリにするつもりで進めていて、新しい事をしようと思っていたけれど、その言葉が嬉しくて、忘れられなくて、「やっぱり人の役に立つ仕事がしたい!」と思い、せっかく外国に行くなら看護師としての経験を積みたいと思うようになり、看護インターンに変更しました。


2.出発前の英語力と現在の英語力について

出発前はほとんどあいさつしか話せなかったし、聞きとることもほとんどできなかったです。
今はまだ英語力は低いけれど、相手が何を話しているのか少しずつわかるようになってきて、話せる言葉も増えてきました。


3.看護インターンシップでは、どのような仕事を担当していますか?(またはしましたか?)

・シャワー介助
・ベッドメイキング
・排泄介助
・食事介助
・麻薬のダブルチェック(RNと一緒に)


4.日本とオーストラリアの看護でどういった点が大きく違うと感じましたか?

看護師の腰痛予防のために、看護を受ける側の安全はもちろんスタンドアップリフター、スリングを使用する。そのため日本で看護師をしていた時よりも腰に負担が少ない。なんで日本にないのかが不思議!!!


5.看護インターンシップで働いた中で印象に残っていることを3つ程度あげてください。

・今現在ナーシングホームで働かせていただいている中で感じたことは、AINがADL介助をする。RNはほとんどと言っていいほど行わない。そのためRNは患者・利用者さんの看護に集中できる。無駄な仕事が少ない。
・忙しくてもブレイクタイムが10分ぐらいある。
・リフター(4番参照)
・身仕度(ドレスアップ+くちべに)
・患者さんへの声掛け(Darling、Sweetheart、good girlなど)


6.看護インターンシップでどの程度お給料をもらっていますか?(週何時間働いて、いくらなど)

平均3-5日/週
$300-650/週


7.これからの自分の目標などについて

患者(利用者)さんの話している事が理解できないことも多々・・・
もっと英語を話せれば、してあげられること、共感してあげられることも多いはずと日々思いながら働いています。もう少し英語を勉強して、助けを必要としている人の役に立ちたい。


8.これから出発される方、または現在検討されている方にアドバイスをお願いします。

私自身、行くと決めたものの出発する日が近づくにつれ、不安が絶えなかった(家族の事やオーストラリアで生活できるのか、英語など)。特に出発1週間前は本当に行くのか自分でも信じられなかったけど、到着したら同じ目標を持った仲間と出逢えて、持っていた不安は期待に変わりました。
毎日遊びに出掛けて、本当に毎日楽しくて、「来て良かったー!!!」と心から思っています。
来ちゃえばなんとかなる!ちょっと一歩足を踏み出せば素敵な世界が待っています!
とにかく海がきれい!!! エメラルド色☆☆
海でまったり時間を過ごす最高のひとときです ^^
だからすごく魅力のあるオーストラリアに是非来て下さーい ♥♥

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。