看護留学セミナー[10月16日開催]

今回のセミナーは、シドニー×東京×大阪の3都市を中継する国際派セミナーとなりました。

シドニーにはOETの講師でもある、現役オーストラリアのナースSarah、東京には現役看護師でワールドアベニュー看護留学プログラム卒業生の佐々木さんを迎え、オーストラリアの看護事情や日本との違い等、様々なお話を聞くことができました。

1

*日本オフィス*

前回のセミナーにもご参加頂いたオーストラリアの現役看護師でワールドアベニュー看護プログラム卒業生の佐々木 理恵さんが、今回はなんと日本のオフィスへ直接来店!ご家族に会われる為、有給を5週間取られての帰国だとか。もうその話だけで、ご来店頂いたお客様からは「えぇぇぇ!!?」と驚きの声が飛び交いました。

ワールドアベニュー看護留学プログラム卒業生 佐々木さんのへインタビュー≪一部抜粋≫

Staff(以下S):看護留学のきっかけは?

理恵さん(以下R):緩和ケアを日本で行っていたときに、患者さん皆さんに、「今と思った時が人生のタイミングだから」と背中を押されて…

本当に思ったら考えるよりまず行動!という理恵さんは、見つけた瞬間に「これだ!行こう!」と決められたとか。

S:英語力や金銭面など不安だったことは?

R:あんまりありませんでした!!

S:え…でも、英語力とかやってできなかったりしたら、とか…。

R:やってやれないことなんてないから!!!(笑顔で強く一言)私はあまり深く考えないし、やってやれないことなんて何もないから!!ひとまず一歩踏み出してみることですよ!

と力強いお言葉が返ってきました。

そうはいうものの現地では大学へ通いながらアルバイト三昧の日々、お腹がすいて階段が上がれなかった時があったとか…。本当に頑張られたことが、今の理恵さんの魅力となっているのでしょうね。

S:ずっとオーストラリアで看護師を続けていかれますか?

R:日本ではもう働こうとは思わない、看護師として働くのであれば絶対オーストラリアですね!!

2

S:そんなにはっきりオーストラリアって言いきれるのはどんなところが魅力なんですか?

R:有休や、お給料の体系も恵まれていますが、英語力のない私を笑顔で受け入れてくれるくらいだから人の良さですかね!(笑)先日なんて私が休憩を取らずに働いていたら、「僕たちはチームで動いているのだから、そういうときは言いなさい!!」と師長が患者さんをシャワーしてくれたんですよ!

日本ではありえない!!とセミナー参加の方全員、オージーの人のよさに感動!そして看護師としてのやりがいも多く見出しているという理恵さん。

オーストラリアでの看護師の地位は非常に高く、看護師の意思で様々な判断や医師との意見交換ができるといいます。その分勉強しなくてはいけないことも、その責任も重くなるけれども、やりがいを感じて働いていると。

最後に理恵さんからのメッセージ

「大切なのは笑顔と積極性!」

「皆さんとオーストラリアでお会いできるのを楽しみにお待ちしております!」

ということで、日本到着1日目で、お疲れのところどうもありがとうございました。

34

*おまけ*

現地シドニーでも、看護師資格取得を目指している皆さんと、OETの講師でもあり、現役オーストラリア看護師のSarahをゲストに迎え、オーストラリアの看護事情などについて楽しいお話が聞けました。

セミナー修了後は恒例の懇親会を開き、Sarahへの質問、頑張っている皆さん同士も互いに情報交換などを行い、時間の過ぎるのも忘れ、夜の10時近くまでワイワイ・ガヤガヤとみなさん盛り上がっていました!

ワールドアベニュー次回の看護セミナーはこちら

ワールドアベニュー看護留学無料資料請求はこちらから

ワールドアベニュー無料カウンセリングのご予約はこちらから

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。