【男性看護師 海外ブログ第1弾】男性看護師が海外看護大学進学にいたった経緯

IMG_0823
はじめまして、鳥取亮仁と申します。オーストラリアで現在看護師取得を目指して奮闘中の男性看護師です。今日からこの場をお借りして、オーストラリアの大学生活を含め、オーストラリアの現地看護資格取得までブログを書くことになりました。海外の看護大学進学を考えている方やインターシップへの参加を少しでも考えている方の力になれればと思います。

今回はそんなわたしが海外看護大学進学にいたった経緯を簡単に紹介させていただきます。海外での看護、大学進学に興味のある方ははぜひご一読ください!

 

留学するまでの経緯

もともと、異文化に興味があり、いろいろな国に一人旅したり、海外のドラマなどをよくみていました。また、人種のるつぼのオーストラリアでは、異文化を持つそれぞれの患者さんにどのように看護を展開しているのか、すごく興味をもっていました。日本では、日本人の患者さんへの看護しか経験なかったので。そんなとき、ワールドアベニューのアシスタントナース有給インターシップ(通称、看護インターンシップ)を知り、自分にピッタリだと思い参加しました。2013年にワールドアベニューの看護インターシップの制度を利用し、渡豪しました。

IMG_0689

 

海外看護大学進学を考えはじめた経緯

留学前の英語力は、海外旅行に慣れてはいましたが、旅行英会話程度だったと思います。渡豪してからは、ワールドアベニューに紹介していただいた語学学校と専門学校に4ヵ月、そのあと6ヵ月間アシスタントナースとして働きました。このアシスタントナース有給インターンシップで予想以上に稼ぐことができ、経済的に大学進学も可能になったため、現実的に大学進学を考えはじめました。当初は、日本で働くか、オーストラリアで大学に行くか、本当に悩みました。なぜなら、こちらで働いてから、日本人看護師としての誇りやアイデンティティーが一層強まって、「日本人として日本の看護に貢献したいな」という気持ちが強くなったからです。しかし、当初オーストラリアに来る動機にもなった初心である「異文化の中での看護を学びたい」という気持ちを思い出し、その結果「一度だけの人生悔いなく進もう」と思うに至り、オーストラリアの看護大学に挑戦することにしました。※「きっと海外大学での経験は今後日本に帰った時も役に立つ」等、自分を後押しする気持ちもありました。
 

海外看護大学進学を決意した後

その後、ワールドアベニューのスタッフのみなさんと入念に大学進学までの計画や手続きを一緒に行っていきました。この時点で、オーストラリア滞在歴は約1年になっていましたが、まだまだ海外大学に入学できるほどの英語力は身についていなかったので、語学学校に入学し、6カ月間の大学進学準備コースを受講しました。語学学校での生活は、本当に大変でした。今まで使っていた、一般英語ではなく、アカデミックな英語を習得しなければならなかったからです。エッセイの書き方、プレゼンテーションの仕方、ディベート(討論)の仕方、など多岐にわたり、途中で何度もくじけそうになりながらも、何とか最終試験で、大学進学に必要な英語力を習得することができました。語学学校の先生やワールドアベニューのスタッフの方々には、本当に心配をかけ、またたくさん相談にものっていただき、本当に感謝しています。
 

最後に

今はオーストラリアで正看護師の資格取得のため、シドニーから電車で2時間ほど南のところにあるウーロンゴン大学で学生をしています。2015年3月に編入し、現在最終学年にいて、2016年末に卒業予定です。次回からは大学の生活のことや、オーストラリアの看護師事情などを皆さんに発信できたらなと考えています。特に、自分は男性なので、オーストラリアの男性看護師事情についても紹介できたらなと考えています。

IMG_0807
それではまた続編であいましょう。

…つづく

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。