田中 祥子 さん

Sachiko Tanaka

留学期間 2010年4月~2011年4月
滞在都市 シドニー/オーストラリア
参加プログラム 看護インターン
インターン先 NSW州公立病院&ナーシングホーム

1.看護インターンシップに参加されたきっかけや理由

人生の中で一回は海外で生活をしてみたいと思っていた時、日本での看護師の資格を活かせる「看護インターンシップ」があることを知ったので参加しました。


2.出発前の英語力と現在の英語力について

出発前に全く英語の勉強をしていなかったので、オーストラリアに来たときは全く話せませんでした。現在もあまり話せませんが来たときよりは、少しは成長したと思います。


3.看護インターンシップでは、どのような仕事を担当していますか?(またはしましたか?)

AIN。レジデントの日常の生活のお手伝い(食事介助、入浴介助など)


4.日本とオーストラリアの看護でどういった点が大きく違うと感じましたか?

日本では看護師が食事介助や体拭きをしていましたが、オーストラリアではAINが行っています。施設によって異なるとは思いますが、私は日本の方が細やかなケアがされている気がします。


5.看護インターンシップで働いた中で印象に残っていることを3つ程度あげてください。

1.給料が良い!

2.オーストラリアの人は体格がデカイ(老人なのによく食べる)

3.私の英語力がつたない為、コミュニケーションが上手くとれないことが多々ありますが、時々、入居者のおじいちゃん、おばあちゃんが「もっとリラックスしなさい」と優しくハグしてくれます。そんな時、うれしくて涙が出そうになります。


6.看護インターンシップでどの程度のお給料をもらっていますか?(週何時間働いて、いくらなど)

時給$20前後。土日、祝日はもっと高いです。


7.これからの自分の目標などについて

もっと英語が話せるようになって、スタッフや入居者の人や家族と色々な話がしたいです。


8.これから出発される方、または現在検討されている方にアドバイスをお願いします。

出発前にしっかりと英語を勉強した方がいいと思います。私は「オーストラリアに行けば、話せるようになる」と思って勉強せずに来てしまい、とても後悔しています。


9.その他コメント

看護インターンシップのプログラムに参加して、AINとして働いていなければ、オーストラリアのおじいさん、おばあさんと接する機会はなかったと思います。日本以外の人々の習慣や文化を実際に見ることができて、結構楽しいです。

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。