海外で取得した看護師資格って日本ではどうなるの?

看護師 国家試験

近年、高校卒業後、「海外で正看護師資格を取得しそのまま現地で看護師として働きたい」と希望している高校生の方からお問い合わせをいただきます。時代はグローバル!高校卒業後の進路も日本国内の大学や専門学校だけではなくなってきているということですね。

ここでよくご質問いただくのは、「海外で取得した看護師資格って日本ではどうなるのか?」というご質問です。

その答えは厚生労働省のホームページにあります。

「外国の看護師学校養成所を卒業し、外国において看護師免許を取得した者が、日本で看護師国家試験を受験するためには、保健師助産師看護師法(昭和23年法律第203号)第21条第5号に基づき、厚生労働大臣の認定が必要です。」
詳しくは厚生労働省のページをご参照ください

日本の場合、国家試験があるため、国家試験受験資格までは認められても、国家試験は受験し合格しなければいけません。(国で認めている資格のため、当然ではありますが・・)
ただ、一から専門学校や大学に入りなおす必要はなさそうなので、その点は一安心ですね。

もっとも、海外、特にオーストラリアでは、看護師として働くうえでの就労体制(就労時間や給与、キャリア支援体制など)が整っているため、あえて「日本に戻ってきて働きたい」という方はほとんどいらっしゃらないのが実情です。

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。