池田 恵子さん

keiko

留学期間 語学学校(SELC/シドニー)2008年4月~2009年2月
大学編入(ACU/メルボルン)2009年2月~2009年12月
看護師免許取得(メルボルン)2010年1月
現地病院にて仕事(メルボルン)2010年2月~現在
滞在都市 シドニー→メルボルン/オーストラリア
参加プログラム 看護師資格取得正規留学

▲オーストラリアの現地看護師

6534_113935805307_545685307_2733034_2540412_n

▲大学の実習にて

1. 看護留学に参加されたきっかけや理由

海外の看護システムを自分の目で見たいと思ったから。でも一人で全ての準備をする程の時間とエネルギーがないと思ったので、エージェントを通すことにしました。

2. 出発前の英語力と現在の英語力について

出発前の英語は本当に乏しいと思う。簡単なコミュニケーションしかできず、会話がうまく成り立たなかった。今の英語力は日常会話から仕事で使う会話にも対応出来ているので、以前より成長しているのが実感できる。

3. 看護大学・今勤務している病院では、どのような仕事を担当していますか?(またはしましたか?)

現在、交通外傷後のリハビリテーション病棟でDIV1(正看護師)として働いています。

4. 日本とオーストラリアの看護でどういった点が大きく違うと感じましたか?

時間通りにきっちり終わる
Drとのコミュニケーションが多い(看護師の意見も聞き入れてくれる)
他職種(Physio、Socialworker、OT)との連携も成り立っている
使用する器材、薬が違う。

5. 看護大学実習中・または現在働いた中で印象に残っていることを3つ程度あげてください。

実習中:スタッフからのサポートと分からない事への教育システムが良かった
例)オペ室での実習では、直介間接Nsとして実際に体験する機会をたくさん作ってもらい、Drとも話す機会を作ってくれた。

現在:違う国の人と働く状況下で、相互間の理解が難しい時があるけど、基本、陽気なスタッフなので、すぐに仲良くなり、チーム看護ができる。

6. 病院でどの程度のお給料をもらっていますか?(週何時間働いて、いくらなど)

2週間で約72時間の仕事をしています、1ヶ月あたりの手取りは約$3,000

7. これからの自分の目標などについて

スペシャリストになる為に、専門コースを受け、自分の技術をもっと身につけていこうと考え中(Postgrad等)

8. これから出発される方、または現在検討されている方にアドバイスをお願いします。

質問があれば、喜んでサポートさせて頂きます。連絡先はワールドアベニューまで(笑)。

<アドバイス>
• あきらめない事、大きい壁にぶつかっても周りのサポートを得て、また自信を取り戻す。
• ポジティブに物事を考える。
• 自分のLUCKにかける。
• 後悔のない決断をする。

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。