村上 美晴 さん

看護 留学

留学期間 2012年1月~2013年1月
滞在都市 シドニー/オーストラリア
参加プログラム 看護インターン
インターン先 NSW州公立病院&ナーシングホーム



1.看護インターンシップに参加されたきっかけや理由

学生の時から国際看護に携わりたく思っていたので、英会話の勉強だけではなく直接医療現場で医療英語が学べる機会があり、自分の看護経験にもつながると思い参加することにしました。


2.出発前の英語力と現在の英語力について

出発前の英語力は、本当に簡単な会話ができる程度でした。今は、以前よりは分かる内容が増えてきたとは思いますが、まだまだ自分がしゃべるのは難しいです。


3.看護インターンシップでは、どのような仕事を担当していますか?(またはしましたか?)

ナーシングホームでは、シャワー介助・食事介助・排泄介助・ベッドメイキング等をしました。
病院では、シャワー介助・食事介助・排泄介助・ベッドメイキング・バイタル測定・水分出納チェック・血糖測定・IPS(患者見守り)等をしています。


4.日本とオーストラリアの看護でどういった点が大きく違うと感じましたか?

一番感じたことは、他職種による役割分担がはっきりしている点です。看護師は、基本的にペーパーワークと薬品管理をしているので、日本ではアシスタントナース(看護助手)がしていなかったバイタル測定や血糖測定をアシスタントナースが行うことが多いです。また、ワーズマンという人たちが患者さんを検査等に連れて行ってくれるので、看護師や助手がベッドを押して連れていく必要はないし、リフトを使う患者さんの移乗さえも、この人たちがやってくれます。また、検査技師が採血に来るので、看護師が採血をすることもないです。この点では、日本の看護師の雑用の多さを感じさせられました。あとの細々とした点は多々あるのですが、働いたら直に感じれると思います。


5.看護インターンシップで働いた中で印象に残っていることを3つ程度あげてください。

★患者さんが「“ミハル”という名前が覚えられないから、僕は君のことを“メアリー”と呼ぶね」と言って、病棟に行くたびに“メアリー”と声を掛けてくれたこと。
★数人の患者さんが、日本での惨劇に対して心配の声を掛けてくれたこと。
★患者さんが、英語がままならなくてコミュニケーションも難しい私に対して「君の英語は上手だよ」と優しく声を掛けてくれたこと。


日本にいる時よりも仕事内容や時間に若干の余裕があるので、患者さんとコミュニケーションをとれる機会が多く感じます。時には罵倒もされますが、患者さんはみなさん優しくて異国から来た私に本当によくしてくれます。そのひとつひとつが私にとって何より楽しい時間です。


6.看護インターンシップでどの程度お給料をもらっていますか?(週何時間働いて、いくらなど)

病院だけだと時給約$19で、一日6~7時間、週5~6日働いて、一週間で$500~$700くらいだと思います。


7.これからの自分の目標などについて
国際看護に携わることです。


8.これから出発される方、または現在検討されている方にアドバイスをお願いします。

「やりたい」と感じているご自身の気持ちを何より大切にしてください。意外と、なるようになると私は信じていますし、嫌ならやめればいいだけのことです。やりたいときにやりたいと思ったことをやってください。人生、自分次第でなんとでもなると思います。

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。