有泉 優子さん

Yuko-Ariizumi

留学期間 2009年4月~2010年4月(予定)
滞在都市 シドニー/オーストラリア
参加プログラム 看護インターンシップ
インターン先 ナーシングホーム

ナーシングホームで実習を始めてから、幾つか驚いたことがあります。

1. 多文化
このナーシングホームにいる患者さんは、移民して来た患者が多いのか、英語が第二言語の人が多いです。怒り出すと、なんだかスペイン語なのだか、ギリシャ語なのだか、色んな言葉が飛び交います。
 
2. マニキュア・美容室
施設の中に美容室があって、毎週1回美容院が開催されています。ADLやや介助くらいの患者は毎週(本人が行くのを嫌がらなければ)パーマしてセットして、あるいは染めたりしています。 ついでにマニキュアも塗って帰っていきます。
 
3. 車椅子
もちろん普通の車椅子もありますが、すごく大きいマットでできた車椅子があります。エアマットがファーラー位をとれるように窪んでいると想像してもらえるとわかるかもしれません(笑)。
 
4. ケア
現在実習に行っている施設しかわかりませんが、何人かの日本人のアシスタントナースから聞いた話を総合すると、「やっぱり言えるのでは?」と思うことは、「手荒い」と「ケア側中心」だと思います。
「2時間毎に体交してる?」、「パッド1枚あてたままで寝かせておいちゃう?」などの疑問連発です。さらにはシャワーも隅々まで洗っていないし、シャンプーとボディソープは一緒ですし・・・。
アシスタントナースを担っている層の価値観とか文化の背景が違うからかなと思いました。 ちなみにこのナーシングホームでは移民してきたインド系のアシスタントナースの方が多いです。
 
5. 食事
「1日何食食べるんですか!?」って思ってしまう(笑)。これはイギリス文化の名残なのでしょうか??
ちなみに、食事スケジュールを書いてみました。

◆朝食(8:00)
◆モーニングティー(10:30)
 ※もちろんマフィンやヨーグルト、サンドイッチがでます。
◆昼食(12:00)
◆アフタヌーンティー(14:00)
 ※多少軽いけど、やっぱりマフィンとか食べます。
◆Dinner(??)
◆Supper(??)

夜の時間はわからないけど、予定表によるとディナーとサパーが別々に書かれています(笑)。ちなみに、どっちも「夕食」のはずなのですが・・・どれぐらい食べるのか・・・。

さらに、紅茶には大抵2さじの砂糖を入れるし、さらに朝のコーンフレークにもお砂糖かけるし、びっくりです・・・。

看護・介護に関する価値観が全く変わってきますが、新しい場所に行っても、新しい文化を吸収しようと思います。お給料ももらわないとですからね♪
この実習の経験を活かし、新しいナーシングホームでも頑張ります!

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。