怒女

シドニーは、
相変わらず、変なお天気で、
この間、突然、激しい豹が・・・

あっ、違った・・・雹(ヒョウ)が・・・

患者さん、皆、
hailing & hailing
と騒いでて、何のことかと表を見れば、白い塊が…

雪のように、一面、白くなった地域も。。。

ところで・・・
昨日の午後勤務は、インチャージ

いきなり、ボードには、
新しい入院患者さんの名前が、ずらり・・・
ベットが無いのに、私に、どうしろと・・・

あーーーーー

ベットがないので、
元気な患者さん達を、他の病棟に転床させる。
14時半から、転床先のある病棟に、催促の電話を何度もするが、
今、入院とれない。忙しい。こっちから電話する。
の一点張り。

入院患者が、ずらりと待ってるのに、
その病棟から、16時半になっても、まだ、連絡が来ない。
しびれをきらせて、また連絡すると、
あっ、いつでもいいよ。」との返答。

・・・ん?・・・いつでも、いい??
・・・そっちが、連絡すると言ったではないか・・・??

(まあまあ、ここは、おさえよう。。。)

オーダーが抜けてたので、Drに、
ちょっと、これオーダーしてよ
と患者さんのファイルを渡し、
次の日退院の元気な患者さん&荷物をはじめに移動。

すると、移動先の病棟スタッフ。
え?ファイルないの?患者さんを先に送らないでよ。困る!
と冷たく私に言い放つ・・・

(ここは、我慢出来ず。。。)

だから、今、持ってくるって言ってんでしょ
オーダーなかったら、そっちが困るでしょ
うちは、14時半から、転床の電話してるのに、
そっちが、待って&待ってって
今、一体、何時だと思ってるの

すると、
・・・電話あったの、知らなかった。」と。

(いやいや、そんなはずはないよ、お譲さん。。。)

お次は、救急病棟

これでもか
というくらい、どんどん、入院患者を送りこんでくる。

あまりにもひどいので、救急のインチャージと相談し、
とりあえず、時間差で送る、ということで話はついたが・・・
救急患者&他の病院からの患者と合わせ、
40分の間に、5人の入院患者が

キャーーーーーーーーーーーー

他の病院からの患者は、
基本的に何時に来るかわからないので、しょうがない。

しかし、救急の若いスタッフが、
まだ、ベット出来てない、休憩中でスタッフもいない、、
何も連絡しない状況で、勝手に患者さんを送ってきた・・・

その時点で、
私は、3人の入院を一人で対処して、一杯&一杯の状況。
他のスタッフも、入院やら何やらで、てんてこまい。。。

なので、その若いスタッフに向かい叫びまくる・・・

なんで勝手に、患者さんを送るんだ
あなたのインチャージとは、話がついてるのに
この状態で入院を送ってきて、
患者さんに何かあったら、どうするんだ

・・・もちろん、へこむ救急スタッフ

どうしても、怒りがおさまらない私は、
病院全体のベッド管理を統括するベッドマネージャーに、
2倍の怒りをぶつけまくる。

申し訳なさそうに・・・
本当にごめんね。救急病棟に言っておくね。
というベットマネージャー。。。
(まあ、救急に言わないだろうが・・・ふっ)

怒りすぎたとは思うが・・・
本当に、マジな話、
こんな感じで、患者さんをどんどん送られては、
患者さんの安全が確保できないんだよ。

患者様を守るため、
可愛いスタッフを守るため、
わたしゃ、鬼にでも、悪魔にでも、変身出来ようぞ。

本日・・・
あれほど救急にいた患者さん、皆、うちの病棟に来たの?!
本当、良くやった!!

と、ボスから言われるも・・・

数えられないほどの入院、
・・・まじで、大変でしたよ。 ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

追記:
朝がめっぽう弱い私は、基本的に、夜に活動する。

この間の午後勤務の帰りに、
仲良しフィリピン人のお友達のAちゃんと、大学内にあるカフェへ。

夜中まで喋り続け、
カフェイン効果で・・・朝まで眠れず・・・ ( ̄ー ̄)ニヤリッ

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。