川上 綾子 さん

Ayako Kawakami

留学期間 2010年10月~2011年10月
滞在都市 シドニー/オーストラリア
参加プログラム 看護インターン
インターン先 NSW州公立病院&ナーシングホーム

1.看護インターンシップに参加されたきっかけや理由

看護師として働き始める前から、留学をしたいと思っていたものの、看護学校への進学を決め、就職し、留学するタイミングを考えていた時に、看護の経験を活かせる留学ということをポイントに探したところ、このプログラムが見つかり参加を決めました。


2.出発前の英語力と現在の英語力について

自分ではよく分かりません。
ネイティブの会話には全然ついていけません。
予測していること多々ありです。
でも何とか働いています。


3.看護インターンシップでは、どのような仕事を担当していますか?(またはしましたか?)

<HP(病院)>
・バイタルサイン測定(神経学的視察もあり)
・ベッドメイキング
・排泄介助
・食事介助
・移動介助
・転倒ハイリスク患者の見守り

<Ns. ホーム(ナーシングホーム)>
上記の内、VSと見守り以外


4.日本とオーストラリアの看護でどういった点が大きく違うと感じましたか?

オーストラリアのRNは、基本的には薬管理がメインです。
ケアとかはAINがします。(指示のもと)
日本のNsの様に、Ptのベッドサイドで話を聞く…というような時間は、あまり作ってないように見えます。正直なところ。今の段階で言えることは、日本の看護の質の方が良い。


5.看護インターンシップで働いた中で印象に残っていることを3つ程度あげてください。

・Ptへのケアをした時に、「こんなに良いシャワー浴は、ここにきて初めて。ありがとう。」と言われた事。
・ナーシングホーム、病院に関わらず、スタッフが利用者さん、患者さんにとても冷たい対応をしていたこと。言葉遣いも…


6.看護インターンシップでどの程度のお給料をもらっていますか?(週何時間働いて、いくらなど)

ナーシングホーム:6~7時間 → $80前後
HP:7時間 → $120前後


7.これからの自分の目標などについて

Ptの話や訴えをきっちり理解したいのと、自分の考えや必要な説明がもっとできるようになりたい。勉強するほかないです。
スタッフの説明も間違いなく理解できるようになりたい(100%は求めません)。


8.これから出発される方、または現在検討されている方にアドバイスをお願いします。

私は凄く期待してきました。期待が大きすぎて、ナーシングホームで実習で打ちのめされました。働き始めてからも、「日本と違う」という当たり前の事にショックも受けました(良い意味ではなく)。でも、日本で自分がしていた普通のことをして「ありがとう」と言われるのは、ヤッパリ嬉しいです。英語環境で働くことは恐怖感も大きいですが、色々な意味で良い経験にはなっています。
期待は適度にして来られた方が良いと思います。
一番の収穫は「日本で看護師をしたい」と思えたことです。

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。