最初の一歩さえ踏み出せば、なんとかなるもんです!|山崎 陽子さん

Yoko Yamazaki

留学期間 2015年1月~2017年1月
滞在都市 シドニー/オーストラリア
参加プログラム 看護インターン
インターン先 ナーシングホーム

1.看護インターンシップに参加されたきっかけや理由

アシスタントナース有給インターンシップに参加した理由は、ワーホリでどこにいくかネットをみていて、たまたま見つけて日本とオーストラリアの看護の違いを見てみたいと思ったことと、海外で看護師の経験を活かして海外で働くことに憧れたからです。


2. 出発前の英語力はどのくらいでしたか?また現在の英語力はどのくらいですか?

渡航前の英語力はほぼ0で、中学校1年生以下のレベルだったと思います。というか、中学の時から大嫌いでした。私は日本人だし、英語はいらない!と思って生きてきたくらいです。

今は、簡単な会話はできます!


3. 具体的にどのような仕事をされていますか?

シャワー介助、トイレ介助、食事介助、おむつ交換、トランスファー介護、体交、更衣などの仕事。


4. 日本とオーストラリアとで感じられた看護の違いを教えて下さい。

・大きなレジデント(利用者)が多いので、リフターを使います。小さな人でも介助側のことを考えられていて、日本のように一人で介助したりはしません。
・派遣制度が充実しており、スタッフの人数がしっかりキープされているので日本のように1人のスタッフが休んだからといって受け持ち人数が増えて帰れない、などのことはありません。なので、定時で帰宅できます。


5. 看護インターンシップで働いた中で印象に残っていることを3つ程度あげてください。

・日本人好きなレジデント(利用者)もたくさんいて、レジデントに「ありがとう」と日本語でいわれることがあります。日本人というだけで喜んでもらえるのは嬉しいです。
・Thank youと時々ほっぺにちゅーしてくれます。
・フレンドリーなスタッフも多く、スタッフにも名前を覚えてもらって仲良くなれます。

6. 実際にどのくらいの頻度・収入で働いていますか?

週に3~4回(24時間~32時間)働いて500~800ドル程度です。


7. 今後の目標を教えてください。

・日本に帰ってからもオーストラリアでできた海外の友達と連絡をとったり、英語にも興味が持てたので、勉強もしていきたい。
・日本で海外の人と出会ったら話しかけたい。

8. これから飛び出される方へメッセージをお願いします。

人生一回きりだし、ワーキングホリデーにも年齢制限があるので、迷っているなら1度来てみたらいいと思います。嫌ならいつでも帰れます。海外で少しでも生活するだけで、よい人生経験になると思うし、最初の一歩さえ踏み出せば、なんとかなるもんです!

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。