実技アセスメント

産休から仕事に復帰して気づいたのは、やけに実技アセスメントが増えてる。。。emoji
このところCNEミーティングに出てないから、この背景は分からないけど、おそらく病院経営に関わる病院の課題なんだろう。

ということで、今週からうちの病棟では中心静脈点滴(Central venous access device、CVAD)の看護手技のアセスメントが始まった。私ってばすっかり忘れていて、スタッフに ’’今日アセスメントの日だよね?’’って言われて気が付いた。。。emoji うちの病棟は内科病棟で、そうたくさんCVC(Central venous catheter)を必要とする患者さんはいないから、マネキンを使ってアセスメントをすることにした。日本にいた時には日常のようだったけど、特にPolicyとかなかったから、平気でライン交換、ドレッシング交換とか患者さんが座位のままでやってたんだよねemoji 怖い怖いemoji しかも鎖骨下静脈からのアプローチが多くて、その方が管理が楽だと感じていたけど、今のところ鎖骨下静脈からCVCが入っている人なんて見たことないemoji(もちろんここからは気胸になる可能性が他の静脈からのアプローチより高くなるからね)オーストラリアではPICC Line(Peripherally inserted central catheter)がpopular。重篤合併症の確立が断然低いという理由でねemoji

さてさて、今日は香港出身のおじちゃん看護師さんのアセスメント。この人は私が産休中にリハビリ病棟から移動してきた方。中国人の割には扱いやすいemoji(あ、ちなみに香港出身の人を中国人っていうと大半は嫌がられるから気を付けてくださいねemoji)でも、やっぱりこのアセスメントを簡単に考えてて、技術、知識ともに甘く、パスさせるわけにはいかなかった。ま、うちの病棟の大半は再アセスメントになると私は踏んでいるがね。はあ、疲れたemoji 

家に帰ってきても、まだ一仕事が残ってる。。。もちろんうちの娘emoji 迎えに行く時にはあんなに会うのを楽しみにするのに、実際に家に帰ると7時が待ち遠しい。。。(うちの娘の寝る時間)emoji 今日はPeppa pigをお夕飯後に一緒に見てたら、ちょっと笑えた。Peppaと羊のSusieがお医者さんと看護師さんになりきって、Peppaの弟のGeorgeが患者さん。お医者さんのPeppaがGeorgeの心音を聞いて一言。’’Ummm your heart is a bit loose. Here is a plaster’’ emojiemoji 可愛すぎる。そんなお医者さんがいたら会いたいemoji

Tags: ,

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。