看護師を日本で続けていたら会えない仲間や体験できないことがたくさん!|天野 由梨さん

天野由梨様

留学期間 2015年5月~2016年5月
滞在都市 シドニー/オーストラリア
参加プログラム 看護インターン
インターン先 ナーシングホーム

1.看護インターンシップに参加されたきっかけや理由

アシスタントナース有給インターンシップだったら、元々看護師の仕事をしていて続けたいと思っていたこと、海外留学もしたいと思っていたのでその両方が叶うなぁと思ったから。


2. 出発前の英語力はどのくらいでしたか?また現在の英語力はどのくらいですか?

全く話せなかったですが今は自分の思っていることをゆっくりですが、伝えられるし、聞き取りも少しずつ出来る様になってきています。


3. 具体的にどのような仕事をされていますか?

日常生活援助は全般で、食事介助、トランスファー、シャワー介助などです。


4. 日本とオーストラリアとで感じられた看護の違いを教えて下さい。

残業がない。ブレイクタイム(朝10時くらいに10-20分)がある。労働者のことを守るシステムが整っている。(ノーリフトポリシー)


5. 看護インターンシップで働いた中で印象に残っていることを3つ程度あげてください。

・利用者さんからYou are Lovelyっと言ってもらえた。
・昼食時にワインを飲んだり、必ずデザートがある。
・とてもお洒落に気を使う利用者さん、アシスタントナース(看護助手)が多い!

6. 実際にどのくらいの頻度・収入で働いていますか?

週5~6日間(35-40時間/週)で$800程度


7. 今後の目標を教えてください。

IELTSの得点向上!

8. これから飛び出される方へメッセージをお願いします。

オーストラリアにワーホリだけではなくオーストラリアでAINとして働くことでとても価値のある生活を送れていると思います。仕事面、生活面でたくさん不安があると思うけど、来てしまえば楽しいです。看護師を日本で続けていたら会えない仲間や体験できないことがたくさんできて視野も広がります。ぜひぜひいらっしゃいませー

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。