出産後の生活 in オーストラリア

627
出産後4週間。妊娠もそうだったけど、出産後も今回の方が楽。まあ、2回目でいろんな事が予想つくためか、上の子がいるから疲れたとか言ってられないためか。。。
 

退院してからのサポート事情

病院を退院してからのサポートは、(公立病院で出産した場合は)助産師が退院後翌日に家に訪問してくれて赤ちゃんとお母さんの様子をチェックしてくれる。実は前回訪問してくれた助産師さんがまた訪問してくれて、お互いに顔を覚えていた。前回はいろいろ心配で2回訪問してくれたけど、今回は特に心配もなく、1回で終了。心配事がある時、退院後2週間までは病院に連絡を取るけど、その後はEarly childhood centreが地域にあり、そこから看護師?が訪問してくれたり、Mother’s groupのもとになる週2回のミーティングをサポートして開催してくれたりする。このミーティングは赤ちゃんが12週になるまで参加できる。前回は産後6週くらいからやっと着替えて外に出る気になったから、6週間だけ参加した。今回は退院後直後から、ちゃんと着替えることができたけど、別にこのミーティングでMother’s groupに新たに参加したいわけでもないし、特に質問とかあるわけでもないから、今回は参加しないことにした。前回のMother’s groupのお母さん達と連絡取りあっているし、みんな2人目を出産・妊娠しているから、そういう話もできるし。

 

赤ちゃんの様子

626
赤ちゃん自体はというと、至って健康、食欲旺盛。。。母乳の出が悪いのは前回同様だけど、今回は早々Fenugreekという母乳の出を良くするのを飲んでいる為、そこまで苦労はしていないけど、粉ミルクを足りない時にあげている。しかし、この子、夜寝る前とか、長いお昼寝の前には相当の量を飲む。。。あげ過ぎなんじゃないかって心配になるくらい。でも、そのおかげで、夜は4時間から6時間くらい寝てくれるから、夜の授乳は1回から2回で済む。前回とは大違い!!最初の頃は目覚ましをかけていたけど、アラームが鳴る前に起きてたから油断して目覚ましかけなかったら8時間後に起きたということも1回あった。。。さすがにこれはマズいと思ったけど><。
 

ルーティンワーク

オーストラリアでは日本と違ってCo-sleep(一緒に寝る)ことはあんまりない。そもそも最初から自分の部屋で寝かせる人もいるけど、6ヶ月から12ヶ月くらいまではSIDS予防の為に一緒の部屋で寝ることが推奨されているため、前回同様数か月は一緒の部屋にいさせようかと考え中。ただ、朝5時30分に起きられたときは、あと1時間半で起こす時間なのに30分くらい授乳に費やすのが嫌で、寝ながら授乳をあげてしまってる。。。まあRoutineをしっかり始める前の癒しだと思って、大目にみている!!

Routineと言えば、数か月前のブログで書いたように私はTizzie Hallという人のRoutineをFollowしている。今は母乳も確立していないし、まだ母乳あげたら寝ちゃうことも多いから、8週くらいから始めようかと思い中。ただ、日本に一時帰国と重なってくるから、ちょっと迷い中でもある。。。今は7時に起きて19時に寝る事だけ。
他の細々した事といえば、出生届、パスポート申請、赤ちゃんのフライトの予約追加、銀行のアカウント作成、プライベート保険に赤ちゃんを追加加入。。。面倒くさい

628

Tags: ,

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。