佐々木 あかね さん

Akane-Sasaki

留学期間 2010年4月~2011年3月
滞在都市 シドニー/オーストラリア
参加プログラム 看護インターン
インターン先 NSW州公立病院&ナーシングホーム

1.看護インターンシップに参加されたきっかけや理由

以前から語学留学をしたいと思っており、留学先を探してた時に、看護の仕事を続けながら英語も学べるこのインターンシップを見つけ、即決しました!!


2.出発前の英語力と現在の英語力について

出発前は、ヒマな時に単語帳やDVDを見ていましたがスピーキングは全くできませんでした。

現在は自分の言いたいこと、伝えたいことが大分言えるようになったと感じています。


3.看護インターンシップでは、どのような仕事を担当していますか?(またはしましたか?)

病院では主にナースコールの対応、自殺企図患者や認知症患者の行動観察。

老人施設では、シャワー・食事・移動などお年寄りの生活全般介助をしています。


4.日本とオーストラリアの看護でどういった点が大きく違うと感じましたか?

・ 看護スタッフが多国籍なので、ケアの仕方や仕事のやり方で価値観の違いを感じることが多かった。(残業は絶対にしない、業務を時間内に終わらせる意識が強いので清潔ケアの方法が雑と感じることがあった。)

・ 患者さんも移民でオーストラリアに来た方や、様々な宗教を持っている方がいるので、その背景を尊重して看護を考えていく事の大切さを感じました。


5.看護インターンシップで働いた中で印象に残っていることを3つ程度あげてください。

・   英語が聞き取れず、スタッフに指示を聞き返したら舌打ちされ、すごく嫌な顔をされたこと。(英語ができないとスタッフとも患者さんとも信頼関係は築けないし、自分の英語力を上げなければという責任を感じた。今ではいい思い出です。)

・   患者さんに顔と名前を覚えてもらえたこと。

・   色々な国のスタッフと、素敵な患者さん、家族に沢山出会えたこと。


6.看護インターンシップでどの程度のお給料をもらっていますか?(週何時間働いて、いくらなど)

できるだけ働いてお金をたくさん稼ぎたかったので、頑張った時は週$800以上もらえました。


7.これからの自分の目標などについて

医学用語を含め英語を更に勉強し、専門学校の通訳コースに通う。そして日本の病院で医療通訳として、働くことが夢です!!


8.これから出発される方、または現在検討されている方にアドバイスをお願いします。

自分のやりたいこと・目標次第で、色々な生活の楽しみ方やオーストラリアの姿を学べる最高のコースだと思います!

少しでも迷っていたら、絶対に参加する事をおすすめします!!

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。