今月のHot topicはTRN(一年目の看護師)

aaa「オーストラリアのRN(正看護師)は委員会等に参加する義務があるのか?」とよく質問を受けますが、普通のRNは委員会に参加したり研究などする必要はないです。もしCNS(Clinical Nurse Specialist) になりたければ、病棟に貢献するためにプロジェクトを展開させたり、病棟監査の手伝いをする必要はありますが、それはその人次第です。私は現在CNE(Clinical Nurse Educator) 兼CNSの為、自分のプロジェクトを持っていて、特にあと2か月で産休に入るからその事で追われていることが多く、最近はオフィスにいることの方が多いです。ちなみに、先日は月一回のCNEミーティングが行われたため、午後病棟にはいませんでした。※CNSはRNと同じように患者を持つけど、CNEはNUM(Nurse Unit Manager)と一緒で患者を持たないポジション。画像はCNEのオフィス。ここでアセスメントしたり、Inserviceをしたりもしています。)

ミーティングに参加すると病院の事情が分かって面白い。CNEミーティングでは大抵問題のあるTRN(一年目の看護師)のことを共有したり、ポリシー、記録用紙等の変更について議論したりするが、今月のミーティングのHot topicはTRNだったので、そのことについて少しお話しようと思います。

一年目の看護師さんは大変

何人か技術面や態度等で問題に挙がっているTRN達は知っていましたが、ビックリしたのは一番の問題児とされていた子がどうやら辞表を出したとのこと。この子は前回のローテーションで隣の病棟にいたから事情は程好く知っていて、私もこの子の態度にイラっとしたことは何回かある。隣の病棟のCNEとミーティング後話をして、おそらくTough love(厳しい指導)を受けたのだろうと推測した。ただ、この子の態度は本当に問題で、どうやらAnnual leave(有給休暇)が希望のところでもらえなくてトイレに閉じこもったりしたらしい…あー、恐ろしい。この子は看護師としてのキャリアは積めないだろうな…

入職できても、安心してはいけない

前述のTRNが「看護師としてのキャリアは積めない」というのも、TRNのポジションは12ヶ月の契約で、1年終わった時点で正式に仕事をApply(申請)する必要があるからです。もちろん履歴書にReferee(照会人)は必要で、New grad(新卒雇用プログラム)を経験した病棟のNUMやCNEにお願いするのは当然。この子はどっちの病棟からもRefereeになってくれる人はいないだろうから、次の仕事を見つけるのに相当不利になります。しかもNew graduation programを出ていないと、仕事を見つけるのが結構大変。

NUMへの感謝を忘れてはいけない

実は私もこっちの大学を出ずに、日本の看護師免許を書き換えてオーストラリアの看護師になったうちの1人で、ただ闇雲に履歴書を送っても雇ってくれる病棟なんてなかったです。運よく実習した先に空きがあれば雇ってくれるけど、私の実習先にはその時に空きがなかったからエージェントで少し働いていて、派遣された病棟でスタッフを募集していたところにApplyして仕事をGetしました(ちなみにエージェントで派遣されたところから正式にポジションを獲得するときには3か月以上はその病棟で働いていないとか、いろいろ条件があるから気を付けてくださいね)。その時に採用してくれた今のNUMには感謝してもしきれない。さらに、このCNEのポジションだって、12か月契約で本当なら12か月できる人が適切なのに、途中で産休に入らなければいけないことを知った上で私をCNEにしてくれたし。(まあ、妊娠が理由でポジションを与えないのは、オーストラリアでは差別に当たるからできないというのも事実だけど)。

病院就職するためのアドバイス

このミーティング中に、「次のTRN達」の面接の様子も教えてもらったが、そのまとめとしては「最近の子たちは本当に態度がデカい」という内容…。ジェネレーションなのかもしれませんが…服装もちゃんとしていなかったり、面接マナーもなっていなかったりと。でも、そういう子たちは受け入れないと言っていました。一緒に働く身としては、お願いだから良い看護師を選んでください…と切実に願う…。そしてオーストラリアでRNを目指している看護師の皆さん、オーストラリアでもマナーには気を付けてくださいね。

Tags: ,

LINEで簡単!無料相談 LINEアカウントを友だち登録してメッセージを送るだけで、簡単に海外留学の個別相談ができます!

気軽に相談したいなら
LINEで友達追加がおすすめ。


海外生活事情や体験談チェック
ならTwitterがおすすめ。


最新情報・セミナー日程チェックならFacebookがおすすめ。