看護留学にかけるワールドアベニューの思い

向上心が高く、海外や英語に抵抗がない日本人看護師の方が人生をもっと楽しく、海外へもっと挑戦してほしいという思いで、スタートさせた看護師専門の留学、看護留学。看護留学という言葉もワールドアベニューが長年、看護師限定の留学プログラムを提供する中で一般に広がりました。ワールドアベニューが看護留学にかける思いと、ワールドアベニューの看護留学の取組についてご紹介致します。

看護留学にかける思い

ワールドアベニューが看護留学に着手し始めたのは、ワーキングホリデーブームが始まった2000年からワーキングホリデービザを使って多くの看護師の皆様が海外に飛び出した頃です。ワーキングホリデーによって、海外がより身近になりワーキングホリデー後に海外で正看護師として働きたいという思いを持つ方がたくさんいらっしゃいました。当時、海外で正看護師になられた方は少なく、情報も限定されていたため海外正看護師の道程は険しい状況でありました。私達、ワールドアベニューは、海外で正看護師になりたい方の要望に応えるために、海外教育機関や正看護師認定機関に確認を繰り返し、看護留学プログラムを作り上げて参りました。最初は、皆様が憧れる国、アメリカの正看護師資格取得を目指す看護留学をスタート。しかし、9.11のテロ以降、アメリカの移民政策は厳しくなり、就労ビザやグリーンカード(永住資格)を正看護師免許だけで取得するのは不可能に近くなりました。そこで、当時まだまだ看護師不足であり、正看護師認定制度が日本人に開かれていたニュージーランドの正看護師資格取得留学と、オーストラリアの正看護師資格認定留学をスタートさせました。2016年以降、ニュージーランドでは看護師として永住権を取る道が険しくなり、また就労先の選択肢がオーストラリアよりも限られていることから、現在はオーストラリアの正看護師資格を狙う看護留学を主におすすめしています。

私達、ワールドアベニューの正看護師資格を狙う看護留学プログラムで大切にしていることは、
1. 正看護師資格が取得できるか? 
2. 資格を取った後に働けるビザが取れる可能性があるか? 
3. 就職できる可能性があるか?
 の3点です。


アメリカの正看護師資格は、NCLEX-RN試験に合格することによって、資格取得は可能とは言えます。しかし、先述の通り自分の力だけでアメリカ国内で正看護師として就労できるビザを取得することが困難です。試験に合格する労力がかかる以上、就労の可能性が難しいアメリカの正看護師資格については現状オススメできません。もちろん、アメリカ国籍を持ちの方とご結婚され、ビザの問題が解決済みであったり、僅かな可能性として就労ビザやグリーンカードの抽選にかけることは可能です。しかし、多くの方にとって現実的な看護留学を提供したいという思いから、アメリカを選択肢から外している状況です。


ニュージーランドの正看護師資格については、正看護師認定の制度が厳しくなり、オーストラリアの正看護師認定制度との差が少なくなりました。当時は、専門卒・短大卒で正看護師免許を取得された方も規定の英語力を満たしていれば、ニュージーランドの正看護師免許取得が可能な状況でした。しかし、現在は大学卒業学位が必要となる上に、オーストラリアと比べて就労先が少ないニュージーランドで看護師免許を目指すメリットが少ない状況です。


オーストラリアの正看護師資格は、オーストラリアの看護協会が国で統一され基準が明確になり、ニュージーランドからオーストラリアでの正看護師資格留学が主流となっています。2015年7月から英語の基準が緩和され、正看護師資格取得までの道のりがわずかに広がりました。永住権やビジネスビザについては2018年に入ってから難易度が上がっており、ビザ取得までをしっかり考えて看護留学計画を練る重要性が上がっています。


僅かな可能性にかけた看護留学プログラムは、実際に免許が取れない、またはビザが取れない、働けないなどの可能性があり、人生をかけた挑戦先として相応しいとはいえません。私達ワールドアベニューでは、実現可能性がより高く、挑戦する価値のある看護留学プログラムを提供するために、国選びを柔軟に対応しながら時々の最適な留学先をご紹介することがプロの留学エージェントとして当たり前だと思っています。アメリカ・オーストラリア・ニュージランドだけではなく、イギリス・カナダなどの主要英語圏の看護師制度も定期的に調べ情報を提供できるよう努めています。

ワールドアベニューが看護留学で大切にしている条件

  • 1 正看護師資格が取得可能か?
  • 2 資格を取った後に、働けるビザが取得可能か?
  • 3 就職できる可能性があるか?

海外看護インターンシップで
より多くの人に海外医療現場を知ってほしい

海外で正看護師資格を取得するには、留学期間は長く、英語力も必要、そして何より留学費用がかかります。日本でのキャリアを中断して海外で正看護師資格を取得するのは大きな決断が必要です。しかし、普通の語学留学やワーキングホリデーで海外へ渡るのではなく、せっかくなら看護師資格を活かした留学にしたいという方はたくさんいらっしゃいます。他にも海外正看護師資格は考えているけど、まだ海外に長期間住んだことがなくいきなり看護留学で正看護師を目指すのは決断できない方もいらっしゃいます。ワールドアベニューでは最短1年間から海外で看護師限定の留学プログラムが作れないのか長年検討し、オーストラリアでアシスタントナースとして有給で働けるワールドアベニュー限定のプログラムを企画しています。最初は年間10名ほどからスタートしたアシスタントナース有給看護インターンシップ・プログラムも2018年度には300名を超える方が1年間で渡航されています。

人気の秘密は、日本でのサポート・オーストラリアのサポートが連携して皆さんが働く先まで紹介していくというサポート力です。頻繁にある制度変更にもシドニーの教育機関や就労候補先と連携してすぐに対応し、最短1年間の中で充実の留学経験を積んでいただけるように動いております。

海外看護インターンシップでは、海外で英語を使って医療現場で働いてみたい、海外の医療システムを学んでみたい、海外の病院を見てみたい、という思いを1年間のワーキングホリデーで体験してもらうプログラムです。また、アシスタントナースとして働く期間はオーストラリアの法律を遵守した労働契約で、お給料をもらいながら働くことができます。ワールドアベニューでは、就労先候補となる施設や看護派遣会社とも協力していますので、プログラムを終了した方に就労先のマッチングもさせていただいています。

海外で日本の医療システムの良さ・そして改善すべきポイントを見つけてほしい。今後の看護制度や自身の看護キャリアを見つめ直すきっかけになって欲しいと考えています。留学に行くだけではなく、留学で学び、帰国後の人生にプラスになる経験を積めるように今後もプログラムを充実させていきます。

安心して相談できる
看護留学エージェントであるために。

看護留学は1年以上の留学が前提になり、特に正看護師資格取得になると長期間の留学となります。留学期間が長くなればなるほど、留学費用も高くなりますので留学のプランをしっかりと立てることはもちろんのこと、安心して任せられる留学エージェントでなければなりません。
ワールドアベニューは看護師の皆様に安心して看護留学に挑戦いただける体制づくりを行っています。

看護留学説明会の開催

P1030187
P1030240
P1030240
P1030240
P1030240
P1030240
P1030240
P1030240
P1030240
P1030240
P1030240
P1030240
P1030240
P1030240
P1030240
P1030240
P1030190
ワールドアベニューでは2017年より年2回、東京や主要各都市にて看護留学の説明会を企画させていただき、1日あたり100名を超す看護師の方にご参加頂いています。説明会では人気のアシスタント有給インターンシップの詳細をお伝えさせていただいている他、海外で正看護師資格を検討している方のご質問や、留学を検討されている看護師の皆様のカウンセリングを無料で行っています。説明会ではアシスタントナース有給インターンシップで過去に渡航しご帰国された先輩ナースの方をゲストとしてお呼びし、実際に看護留学を経験された方からのアドバイスや体験談を直接うかがえる機会を提供しております。病院でお勤めの看護師の皆様はお忙しく、個別にお問い合わせをいただいても、看護留学の相談をする時間がないという方にご好評です。まだこれから留学を考え始めた方や、少し情報を入手してみたいという方までお気軽に参加いただけるよう、一日で看護留学のすべての情報をお伝えできる機会を提供させて頂いています。


看護関連イベントでの講演

33616557_993557494132924_1766900260824678400_o
33617109_993557634132910_8008855959579394048_o
33672544_994070264081647_354846070531948544_o
33664140_993557457466261_3257839930759446528_o1
33764382_994070144081659_4990335059706773504_o1
33685104_994070120748328_3100735176737554432_o
34016693_994070367414970_40264777234120704_o
33814860_994070344081639_4828166212825382912_o
ワールドアベニューでは各種看護師の方がご参加頂いているフェアなどで、看護留学の講演をさせて頂いております。2018年5月には、ナースフェス2018に参加させていただき、オーストラリアの看護留学情報や看護インターンシップについてお話させていただきました。また、ワールドアベニューの相談ブースには両日ともに多くの方にお立ち寄りいただき、看護留学や海外の看護制度についてたくさんのご質問を頂戴いたしました。看護留学を考えている方だけではなく、看護に携わるたくさんの方に、海外の看護情報をお伝えする機会を持ち、正確で有益な情報発信に努めています。


ご出発前の交流会

13680165_630787220430994_1480456454627545154_o1
13661825_630788610430855_9063984537938300715_o1
21427148_856034794572901_3246613308810223973_o
28619681_947093888779285_5775964946287794353_o
28698556_947095162112491_598699328761960474_o
15252526_694054817437567_2433290802029832658_o
28828763_947093782112629_1604296587880138973_o-1
14990921_687696984740017_3536318587264512191_o
15167510_694057747437274_4349653697995114043_o1
e6b75ac1dd3d367491e0e1d8beb9889b
28617265_947093738779300_1332483948637591026_o
ワールドアベニューで看護留学にご渡航される予定の方、または過去に看護留学にご渡航された方を対象に年に2回の交流会・同窓会を開催させて頂いています。ご参加される方は皆、海外の看護師制度や看護留学に興味のある看護師であり、病院を離れ新しいお友達を作れる場としても評価をいただいています。看護留学を通して新しい出会いとまた横のつながりを作っていただくことにより、看護留学に関する情報交換がしやすい環境づくりに努めています。


看護留学プログラムで渡航され永住された方が看護留学サポーターに


オーストラリアの看護留学プログラムでは、ワールドアベニューを通してオーストラリアで正看護師資格を取得した先輩ナースや、看護インターンシップ経験者でオーストラリアに永住している方が看護留学サポーターとして皆さんの相談を受け付けています。看護インターンシップで働くための心構えや、働く上での予備知識などは実際に経験された先輩ナースに質問できるに越したことはありません。オーストラリアで正看護師資格を目指す道のりも長く大変なため、過去に頑張って成功された方のアドバイスは大変貴重で役に立ちます。留学の諸手続きや生活サポートは専門の留学サポーターが行い、看護留学に関連するアドバイスは正看護師免許を持つ看護留学サポーターが行うという体制で、皆様の看護留学を支えています。


オーストラリアの永住権のアドバイスも提供


ワールドアベニューでは、頻繁に変更されるオーストラリアのビザ制度にも対応し、正確で最新の情報をお伝えするために、オーストラリアの認定移民エージェント資格を持つスタッフがオーストラリアオフィスに常駐しています。(登録番号:1800739) オーストラリア国内でも数少ない日本人の有資格者が、最新の看護情報と合わせて情報提供とアドバイスを行っています。オーストラリアのビザをアドバイスすることは、オーストラリアの法律で有資格者や弁護士、親族などに限られています。個人のブログや過去にビザ申請をされた方のアドバイスを元に看護留学計画を立てるのは危険です。ビザ制度は毎年変更され、過去に成功した事例が、今現在も通用するわけではありません。正しく情報収集をしている認定移民エージェント資格を持つスタッフがいる留学エージェントに相談すべきでしょう。


豊富な体験談が実績の証


ワールドアベニューの看護留学・海外看護インターンシップで渡航された方にご協力いただき体験談を掲載させて頂いています。同じプログラムでも渡航を決めた経緯や看護留学から学んだことは人それぞれです。これから渡航を考えていらっしゃる方も、状況や学びたいこと、留学にかける気持ちはそれぞれ異なります。体験談の中から自分と近い思いや経緯を経て留学された方を探していただき、将来の看護留学のイメージを固めていただきたいと考えています。また、体験談の数は実際にご渡航頂いたお客様がいなければ増えることはありません。ワールドアベニューが積み重ねてきた看護留学のサポート実績がまさに体験談の数だと思っています。10件程度の体験談ではなく、200件を超える体験談があり、また最も古い体験談で2003年から掲載させていただいています。体験談の多さと古さを踏まえて看護留学をサポートを依頼する留学エージェントを検討していただければ幸いです。


留学サービス審査機構 (J-CROSS)認定の看護留学エージェント


留学、特に看護留学は専門的な知識と経験が必要になります。また、看護留学に必要な費用も高額になるため、看護留学エージェントの運営が健全か、また契約内容が適正かという点は大変重要になります。ワールドアベニューは日本にオフィスがあり、皆様が渡航前にいつでも相談のれる体制を整えています。また、消費者庁の助言を基に設立された一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)の認証を毎年受けております。J-CROSSの認証はお客様との契約内容が適正か、またJ-CROSSの定めるガイドラインに従っているか審査されます。さらに、会社の経営状態が健全であるか会社の会計書類についてもJ-CROSS側に提出し審査を受けています。大切な留学資金を預かる上で、どこの機関にも認証されていない、外部の監査や審査がない会社というのはリスクが高いと言わざるをいえませんし、留学先にしかオフィスがないというのも、安くない留学費用を預けるには不安が残るのは仕方ありません。関連法令を守り、皆さんの留学を適正にサポートする会社として認定を受けることはとても重要で最低限のことです。看護留学のサポートを選ぶ際には、安心して任せられる留学エージェントを選びましょう。


大学や教育機関との提携・協業


看護留学では、英語教育機関や専門学校との協業・提携が重要になってきます。ワールドアベニューでは独自に各種教育機関と連携することによりオリジナルのプログラムを企画しています。各分野の専門家や教育機関と連携して他ではできない看護留学をサポートしています。また、必要に応じて進学な必要な大学を公式にサポートできるエージェントは多くありません。ワールドアベニューでは、各大学に直接視察に行き、各看護学部の担当者とも連携をしながら海外正看護師資格を取る上で必要となる大学進学や編入をサポートしています。

看護留学をサポートするのに
必要なすべてを取り揃えたい

ワールドアベニューでは、日本での看護留学準備サポートからオーストラリア渡航後の現地サポート、看護留学経験者の看護留学サポーター制度、永住ビザなどのビザアドバイスまで一貫してサポートを提供できる看護留学エージェントです。アシスタントナース有給インターンシップでは、語学学校のアレンジ・Certificate3コース、お仕事先の紹介・登録サポートまで必要なすべてを提供しています。看護留学に挑戦する皆様が、留学先での勉強や挑戦に集中できるようにワールドアベニューができる看護留学のすべてをサポートしています。